もうすぐ、梅雨、夏とエアコンが活躍する季節がやってきます。

エアコンを久しぶりに稼働させてみるとイヤなニオイが・・・

という場合も多いのではないでしょうか。

 

そのイヤなニオイの原因は掃除やメンテナンスをせずに時間が経ってしまったフィルターです。

フィルターの掃除の標準期間は一ヶ月です。

 

面倒に思われがちですが、実は簡単なエアコンフィルター掃除。

今回はそのエアコンフィルター掃除のコツをまとめてみました。

合わせてこちらの記事も読まれています

エアコンのフィルターを掃除しよう!ベタベタ汚れには重曹がいい?


Sponsored Link


エアコンフィルターの掃除の仕方は?

掃除やメンテナンスを専門の業者に頼んでいるという方も多いかもしれませんが、専門の業者に頼むとなると、

それなりの金額もかかりますし、やはり1ヶ月に1度は掃除が必要となると毎月頼むというのも難しいですよね。

 

実は家庭で簡単にできるエアコンフィルター掃除の方法をご紹介します。

まずはエアコン本体にフィルターが設置されている状態で、掃除機でホコリを吸い取ります。

 

この時にホコリをしっかりと吸い取っていないと、フィルターを外した時に、

ホコリが落ちてきてしまいますので、しっかりと吸い取っておきましょう。

 

フィルターを外すときには、プラスチック素材でできていますので、

力づくで外してしまうと破損することもあります。

 

無利に外さず、丁寧にはずしましょう。

フィルターを外したら、フィルターの外側から掃除機をかけます。

合わせてこちらの記事も読まれています

エアコンフィルターの洗い方は?取り付け方を忘れた場合は?

 

ここで大切なのは、必ず外側から掃除機をかけるという点です。

内側から掃除機をかけてしまうと、ホコリが目詰まりしてしまいますので注意しましょう。

 

次に、浴室などでシャワーを使ってホコリを洗い流します。

ここで大切なのは、掃除機の時とは逆で、内側からシャワーをあてるという点です。

水洗いで落ちない頑固な汚れを落とす方法はこちらから

エアコンフィルターの油汚れ!水洗いで落ちない時は洗剤も使っていい?

 

掃除機の時とは違い、内側から水圧を当てないとホコリが目詰まりしてしまいます。

また、洗剤を使って洗うときには、フィルターを傷つけないように中性洗剤を薄めて使うようにしましょう。

 

しっかり洗ったあとは、日陰で干して、完全に乾いてからエアコン本体に設置しましょう。

これでフィルターの掃除は終了です。

 


Sponsored Link


 

フィルターは柔軟剤で洗ってもいいの?

 

フィルターを柔軟剤で洗うというよりかは、ルーバーや本体などに使いましょう。

 

洗面器などに水をため、柔軟剤を数滴垂らし、その水で雑巾をしぼり、ルーバーや本体などをしっかりと拭きましょう。

 

柔軟剤は静電気の発生を防ぐ役割があるので、

掃除に柔軟剤を使う事でホコリがつきにくくなるのでオススメです。

合わせてこちらの記事も読まれています

エアコンのフィルターを綺麗に!ファブリーズやリセッシュで臭い取りも!

 

 

おすすめの柔軟剤シートはあるの?

柔軟剤シートをお使いの方は、少量を切って使いましょう。

ちなみに、人気の柔軟剤シートはこちら。

 

・ダウニー インフュージョンラベンダーセレニティ

 

上品なラベンダーの香りが人気です。

 

・スアビテル フィールドフラワー

 

石けんの香りにかすかにお花畑の香りが人気。

こちらの2種類はランキングでも上位に入るほど人気です。

 

 

まとめ

エアコンのイヤなニオイの原因は、フィルターやエアコン本体内部にたまった、カビやホコリです。月に1度の掃除をしっかりと行い、イヤなニオイの原因を取り除きましょう。

 

面倒と思いがちのエアコンフィルター掃除ですが、ご家庭で簡単に行うことができます。掃除機、シャワーがあれば簡単に行えますので、定期的に行うようにしましょう。

 

また、フィルター掃除だけでなく、内部のホコリも掃除機を使って吸い取り、送風口などはタオルを濡らして固く絞りしっかりとふきあげましょう。

 

柔軟剤を一緒に使うことで、ホコリがつきにくくなります。

 

もうすぐ、エアコンをたくさん使う時期がやってきます。その前にしっかりと家庭のエアコンを掃除して、快適な夏をすごせるように準備をしておきましょう!