夏になって汗が出る季節になると、かゆくなるあせもを思って憂鬱になります。

特にあせもが出来やすい敏感肌の人はあせも対策は切実ではないでしょうか。

 

もしあせもにならないように服で対策が出来たら、夏もより楽しく過ごせますね。

あせも対策に使えるシャツや服、あせもを予防できる肌着を知っているとあせもも怖くないです。

 

今年の夏はスキンケアだけでなく服でもあせも対策をしましょう。


Sponsored Link


あせもは放っておくとどうなるの?

夏の汗をかく時期になると、怖い肌トラブルのひとつのあせもが気になりますね。

 

あせもは放っておくと、かゆくなるのはみなさんご存知でしょうが、さらに放っておくとどうなるのでしょうか。

 

あせもは汗をたくさんかいたときに、皮膚の中に汗が溜まることが原因で起こります。

 

皮膚の下に溜まった汗は行き場をなくして皮膚の中に入り込んで水ぶくれになったり、炎症になって赤いぶつぶつが出来たりします。

 

皮膚がぶつぶつ・ぼこぼこになるために、病院などではあせもではなく「汗疹(かんしん)」という名前で呼ばれています。

 

あせもの中でも、炎症を起こして赤くかゆくなるあせもは放っておいてもよくはならないタイプのあせもです。

 

赤いあせもを放っておくと、大人でもかゆみから皮膚をかき壊してしまうほどになり、傷になったところから菌が入り込んで「とびひ」となります。

 

「とびひ」は傷に菌が入り込んで化膿し、その膿がほかの皮膚に付くとまさに飛び火したように広がっていきます。

 

とびひは本人だけでなくほかの人にも感染するので、幼稚園や小学校でときどき流行することがある怖い病気のひとつです。

 

また、あせもになった皮膚は完治すればあとは残りませんが、とびひは傷跡になって残る場合もあります。

 

皮膚のためにもあせもは放っておかずに、あせもになったところを清潔にしてスキンケアを十分にしておきましょう。

 


Sponsored Link


 

あせも対策におすすめのシャツや服は?

 

あせもになると服の生地がすれるだけでも、かゆくて何も手に付かなくなるときがありますね。

 

あせもを作らない、あせもが出来てもかゆみが抑えられて、あせも対策の服やシャツがあればぐっと過ごしやすくなりますね。

 

あせも対策に一番有効なのは、綿素材で通気性のいい服です。

 

汗をかいても綿素材なら湿気を多少は吸ってくれますし、肌に優しい素材でもありますので触れても傷みづらいのがありがたいですね。

 

あせも対策はとにかく汗を皮膚に残さないことですから、通気性が良いことも重要です。

 

綿素材でも体にぴったりしてるデザインのものでは、吸った汗が乾かずに皮膚に密着して反対にあせもの原因になってしまうのです。

 

お仕事の関係でシャツを着なければいけない場合も、化学繊維100%の生地のものより綿素材か麻素材のものを選ぶといいでしょう。

 

麻素材は綿素材より肌触りがざらっとしていますが、生地自体が熱をこもらせずに着ていても暑さを感じづらい、湿度の多い日本の夏に合った素材です。

 

反対に化学繊維100%のツルツルしているカットソーなどは汗を吸いませんし湿気も出て行かないので、あせも対策としては避けるべきでしょう。

 

どうしても化学繊維のものを着る場合は、インナーに綿のものを着れば汗を皮膚に残さない工夫が出来ますね。

 

 

あせもを予防できる肌着はある?

夏の時期でも学生の制服やサラリーマンのスーツなど服装が選べない場合、あせも予防が出来る肌着があると嬉しいですね。

 

汗を吸ってあせも予防が出来る肌着の中でも、汗による肌トラブルに特化した2つをご紹介します。

 

ひとつは「汗とりインナー サットル」という肩からかけて背中やお腹の汗を吸収してくれるインナーです。

 

出典:amazon.com/
椅子に座りっぱなしになりがちなお仕事の人や座学が多い学生さんは、椅子の背もたれについた背中や丸めたお腹に汗が溜まってあせもになりやすいですね。

 

胸の留め具を外せば襟元や裾から引っ張り出せますので、汗をたくさんかいたあとはすぐに取り外していつでもさらさらの背中でいられます。

 

生地に涼しく感じるクール素材を使っているので、ひんやり感じる夏にぴったりです。

 

もうひとつはあせもになりやすい場所トップ3に挙がる脇のあせもを予防できるパッド付きの肌着、「キュライン 脇汗Tシャツ」です。

 

出典:amazon.com/

 

脇に汗を吸収するパッドが入っているので、脇に溜まる汗を肌に残さないシャツです。

 

立ち仕事の人やスポーツのときに一番気になる脇のケアが出来るだけでなく汗染みも防げるのもありがたいですね。

 

パッドが入ったタイプのものは男性用だけでなく女性用のものもたくさん販売されていますので、汗っかきであせもになりやすい体質の人におすすめです。

 

 

まとめ

あせもは放っておくと、荒れた皮膚の傷からとびひなどの病気になってしまいますので、症状が出たら清潔にしてスキンケアをしっかりとしましょう。

 

あせも対策におすすめの服は綿や麻と行った天然素材で作られた通気性のいいデザインのものです。

 

あせもを予防できる肌着やグッズもさまざまあり、汗を吸い取るインナーやパッドが入ったものを上手に使えばあせもだけでなく、汗染みも予防できます。