皮膚トラブルのひとつ。汗疹(あせも)

子供から大人まで誰もが発症する可能性があります。

 

あせもの主な原因としてあげられるのは、汗をかいたままにしておく事。

シャワーを浴びたり、着替えたりしなかったりすることで発症したというケースが

多いのではないでしょうか。

 

あせもを発症すると、皮膚に炎症が起き、赤みや痛み、かゆみを伴います。

またすぐ治るだろうと軽視しがちですが、重症化すると他の病気を

ひきおこしてしまう原因にもなりますので、適切な対処をとることが大切です。

 

今回はその汗疹についてまとめてみます。


Sponsored Link


実はあせもには種類がある?

一言に汗疹と言っても、実は3種類あるのをご存知でしょうか。

 

紅色汗疹(こうしょくかんしん)

あせもの症状で多く見られる赤いブツブツ。そしてかゆみを伴う場合を

主に紅色汗疹と言います。

 

水晶様汗疹(すいしょうようかんしん)

先ほどの紅色汗疹とは違い、赤みやかゆみはありません。

皮膚に水ぶくれのような透明、または白っぽい小さなポツポツができます。

紅色汗疹よりも症状は軽く自覚症状がほとんどないため、気づかないという事も多いようです。

 

深在性汗疹(しんざいせいかんしん)

皮膚の深い部分で起こる汗疹です。

しかし、この深在性汗疹は日本ではあまり見られない症状と言われています。

 

 

あせもの症状にかゆみや痛みはあるの?

 

先ほどの説明の通り赤いブツブツが皮膚にできる、紅色汗疹には

かゆみや痛みを伴います。

 

かゆみと伴うと、小さな子供は我慢できずに

炎症のある部分を掻き壊してしまう事も多いようです。

 

炎症の部分を掻き壊してしまうと治りが遅くなるのはもちろん、

とびひなどの病気につながってしまう事もあるので注意が必要です。

 

まだ炎症がひどくない場合にはこまめに着替えたり、

シャワーを浴びてスキンケアをしっかりとすることで改善していきます。

 

しかし炎症がひどくなると、それだけではなかなか治らず厄介なのです。

主に紅色汗疹では、塗り薬による治療が行われます。

 

炎症がひどい場合には、ステロイド外用剤を用いた治療が多いようです。

その場合は皮膚科医などの指示にしたがってしっかり治療を行いましょう。

 


Sponsored Link


 

あせもは予防することができるの?

あせもは汗をかいて着替えずにそのままにしておくと、菌が汗をエサにして

皮膚で繁殖してしまい炎症を起こしています。

また、汗を体外に出すための汗管がつまりやすくなってしまう事も原因の一つです。

 

やはり1番の予防は常にシャワーを浴びたり、

こまめに濡れたタオルなどで汗をふきとり、清潔に保つことです。

 

シャワーを浴びられない場合には、服を着替えるだけでも十分効果があります。

汗をかいたら着替えるという事を習慣づけておくことも大切ですね。

 

また、乳幼児は体温が高く、暖房の効いた場所にいると知らず知らずのうちに

体内に熱がこもり、汗をかいているということもあります。

以外と冬のあせもも多いので、保護者の方は冬場も注意が必要です。

 

 

まとめ

あせもは子供がなりやすいと思われがちですが、

これからたくさん汗をかく季節になりますので大人も油断はできません。

 

汗をかいたままにしないという事を注意して、

あせもの予防をしておきましょう。

 

特にこどもはすぐに汗をかいてしまいがちなので、

気がついたら着替えさせるなどの配慮が必要です。

 

これからはおでかけシーズンになるので出先では、ウェットティッシュや、

濡らしたタオルなどを携帯しておくと、すぐに汗を拭けるので便利です。

 

あせもにならないようにするには、日々清潔に保つことを

意識しておくという事が1番の予防に繋がるのではないでしょうか。