夏が来ると大人も頭を悩ませるあせも。

皮膚に湿疹ができ、かゆみなどの症状を伴います。

 

子供は大人に比べ汗をよくかきますし、気がつけばあせもができていた!

なんてことも多いのではないでしょうか。

 

正しい対処、対策は何なのか。知っておくだけで突然のあせもにも対応することができます。

また、あせもとよく間違いやすい病気には、とびひや背中ニキビなど。

 

そしてダニが原因の湿疹などもあります。

しっかりとあせもについて理解をして、すぐに対処できるようにしておきましょう。


Sponsored Link


あせもの原因は菌が悪さをしてるの?

まず、あせもの原因菌ですが、黄色ブドウ球菌という菌が原因と言われています。

汗をかいたままにしておくと、黄色ブドウ球菌はその汗をエサに繁殖します。

 

それが原因であせもを引き起こしてしまう。というメカニズムになっています。

 

そのほかにも汗をかいたままにすることが習慣になってしまうと、汗を排出する器官が詰まってしまいます。

 

そうすると、汗を皮膚表面に出すことができずにあせもを引き起こす原因になってしまいます。

簡単に言うとあせもの原因は、汗が皮膚の中にたまってしまい菌を繁殖させてしまう。という事なんです。

 

あせもは夏のイメージがありますが、夏以外でも、高温多湿の場所で体を動かして汗をかいたり、風邪を引いて汗をかいたり。とあせもができる場面は多くあります。

 

また、絆創膏や湿布、包帯、ギプスなどをしている部位は汗がつまりやすくなります。

という事はあせもができやすくなりますので、このような場合も要注意です。

 

 

子どもや幼児はなぜあせもが出来やすいの?

 

一般的に、あせもは大人よりも子供ができているイメージがありますよね。

際、大人よりも子供のほうがあせもはできやすいのです。

 

その原因は、大人も子供も汗腺の数はほぼ同じ。

 

ですが、体は大人の方が大きいので、表面積は子供の方が小さいということになります。そのために、子供は汗腺が密集しており、たくさんをかきやすく、あせもができることが多いという訳なのです。

 

大人であれば、汗をかいて着替えたり、シャワーを浴びたりしますが、子供は汗をかいてもそのまま遊び続けたり。なかなかこまめに着替えるという習慣はありませんよね。

 

そのため、汗をかいたまま過ごす時間が多くなり、あせもができる条件がそろってしまう訳です。

 


Sponsored Link


 

あせもを早く治す方法はある?

かゆがる子供を見ていると、なるべく早く治してあげたいですよね。

あせもを早く治すためには、何より清潔を保つことです。

 

こまめにシャワーを浴びたり、着替えさせ、体に汗を溜めないことが大切です。

シャワーを浴びる事が難しければ、体を濡れたタオルで拭いたりするだけでも効果的です。

 

また、服も通気性の良い服を着用するのがオススメです。

そして、肌触りの良い物を選ぶという点も重要です。

 

肌が炎症を起こしている部分になりますので、肌に優しい素材のものを選びましょう。

もう一つのポイントは、しっかりと保湿をすること。

 

肌が乾燥するとデリケートになりがち。少しの刺激でも肌トラブルが起きてしまいます。

清潔にしたあとは、しっかりと保湿をしましょう。

 

冬だけでなく、夏もしっかりと保湿をすることが大切です。

 

 

まとめ

子供は大人よりもあせもができやすい。しっかりと大人が予防と対策を行いましょう。

汗をかいたら着替えるという習慣を付けさせておくと良いでしょう。

 

もしもあせもができてしまった場合は、いつもよりも清潔に保つという事を意識しましょう。

もしもひどくなってしまった場合には、早めに皮膚科を受診し、適切な処置をうけることをおすすめします。