夏の季節や冬の季節は特にエアコンを使いますが、久しぶりにつけた際に

すっぱい臭いなどの異臭がしたという事はありませんか。

 

その様な時はエアコンの臭いは身体に悪影響があるのか不安になりますよね。

応急処置方法としてどのような事があるのかここではご紹介したいと思います。


Sponsored Link


エアコンの臭い

エアコンの臭いの原因

エアコンに臭いとして主に考えられることはカビ、たばこ、台所の油や

食べ物の臭い、人の汗やペットの臭いなどが考えられます。

 

エアコンは部屋の中の空気を吸い吐き出すという操作が行われているので

空気を吸い込む際にホコリや汚れなどを吸い込んでしまうのです。

 

また、たばこを吸わないのに臭いがする際は、エアコン内にカビが生えている事も考えられます。

合わせてこちらの記事も読まれています

エアコンの臭いが取れない理由は?おすすめの臭い除去法はある?

 

エアコンの臭いがある際のトラブル

エアコンの汚れやカビを掃除することなく放置したままでいると、エアコンの機能が

落ちたり効率が悪くなったり、水漏れなどのトラブルが起こります。

 

経済的にもエアコンのためにも直す必要がある事が分かります。

 

 

エアコンの臭いは体に影響するのか?

 

さらに恐ろしい事にカビがエアコン内にあるままエアコンを使用すると肺炎やアレルギーなどを引き起こすと言われています。

 

具体的にのどの痛みや咳、痰、くしゃみ、鼻水、席喘息、夏型過敏性肺炎、皮膚炎など恐ろしい症状が現れる事もあります。

 

ただの風邪だと思っていたと思ったらその様なカビによる症状かもしれないという事もあります。

この様な症状が出てしまう前にしっかりと掃除をしておく必要があります

合わせてこちらの記事も読まれています

エアコンの臭いで病気になることも?予防方法はある?


Sponsored Link


 

臭いがひどい時の応急処置方法

エアコンを掃除する場合は、掃除機や中性洗剤、タオルを用意しましょう。

 

エアコンフィルターの掃除

エアコンの悪臭の多くはエアコンフィルターの汚れがもとになっている事が多々あります。

短時間でお掃除することができるので是非お試しください。

 

まず、ホコリが飛び散らないようにエアコンにフィルターが付いている状態で表面のホコリを掃除機で吸っていきます。

 

フィルターを外し外側から内側にかけて掃除機を吸います。

 

さらにその状態でシャワーをあて水で洗い流し日光に当て乾かします。

フィルターの掃除方法について詳しく知りたい方はこちからら

エアコンのフィルターを掃除しよう!ベタベタ汚れには重曹がいい?

エアコンのフィルターを綺麗に!ファブリーズやリセッシュで臭い取りも!

 

吹き出し口のルーバーの掃除

フィルターが綺麗な状態であっても吹き出し口が不潔であると汚れた空気が吹き出します。

まず、コンセントを抜きルーバーを手で回します。

 

中性洗剤をタオルにしみ込ませタオルを指に巻き付けルーパー内を綺麗に掃除します。

洗剤が残らないように水拭きすれば完成です。

 

臭いがつきにくくなるポイント

冷房を切った後、約2時間、送風運転をすることでカビの予防をすることができます。

 

エアコンを使わない季節も月に一回送風運転により湿気を飛ばすことによりカビ予防をすることができます。

 

次のポイントは運転を開始してから10分間は窓を開け部屋の換気をする事をおすすめします。

開始直後にカビが発生しやすいのでカビを外に換気しましょう。

 

最後にこまめに換気する事です。

部屋自体の臭いやホコリは頻繁に換気することで部屋から追い出すようにしましょう。

 

 

まとめ

ここまで御覧になりいかがでしたでしょうか。

突然エアコンから酸っぱい悪臭が漂えば不快ですし、健康への害が心配になりますよね。

 

そこで、エアコンの臭いの原因となっている事を振り返りその様な要因を換気するなどしこまめに予防することも大切です。

 

そして、応急処置で臭いのもととなっているカビやホコリなどは素人でも簡単にフィルターや

ルーパーなどを外し簡単に掃除をすることができるのですぐに実践していただきたいです。

 

購入してから長い期間使用するエアコンですが少しでも長持ちするように、そして健康に

害を与えないようにするためには日ごろからエアコンへのケアが必要です。

 

心地よい空気の中、暑い夏や寒い冬をお過ごしになる事を願っています。