エアコンは1年中フル稼働するわけではなく、主に使うのは夏場と冬場。

久しぶりに付けてみると、イヤ~な臭いがした事はありませんか?

 

その臭い、実はカビが原因の事がほとんどなのです。

エアコンのフィルターは適度に掃除をしないとすぐにカビが発生してしまったり、内部にホコリがたまったり。

 

改善策はもちろん、月に1回程度フィルターの掃除をすることが一番なのですが、

そのほかにも対策を知っておくと便利です。

 

フィルターの掃除方法について知りたい方はこちらから

エアコンフィルターの洗い方は?取り付け方を忘れた場合は?

エアコンのフィルターを掃除しよう!ベタベタ汚れには重曹がいい?

 

今回はエアコンの臭い対策についてまとめてみました。


Sponsored Link


なぜエアコンから臭いがするの?

まず、エアコンの臭いの原因ですが、1番の原因は、カビです。

そのほかにも原因を挙げるとすれば、

 

・タバコ

・人の汗、ペットの臭い などです。

 

エアコンは、室内の空気を吸い込んで、吐き出す仕組みなので

室内の空気中のホコリや汚れなども一緒に吸い込んでしまうのです。

 

そういった物が、本体の中にたまってしまうと一緒に吐き出してしまうため

イヤなニオイの原因となるのです。

 

また、冷房や除湿はエアコンの中で水分が使われます。

そのため、内部にたまったホコリと水分がくっついて、カビが発生してしまうというわけです。

 

このトラブルはイヤなニオイだけではなく、他にも

 

・エアコンの機能低下

・機能低下により電気の消費が多くなる

 

などにもつながってしまいます。

 

他にも、カビが発生したままのエアコンを使いつづけると、アレルギーを発症する原因にもなりかねません。

健康にも影響がでてきてしまいますので、しっかりと対策が必要です。

 

エアコンのカビでどのような病気になるのか、詳しく知りたい方はこちらから

エアコンの臭いで病気になることも?予防方法はある?

エアコンの臭いは体に影響があるの?応急処置方法はある?

 

 

エアコンの臭いは除湿で消す事ができるの?

 

やはり、1番の臭い対策はフィルターの掃除です。

 

エアコンの冷房を使用したあとに除湿を使うと臭い対策になると思っている方も

多いかもしれませんが、実は除湿では効果があまりありません。

 

冷房も除湿も、エアコン内部がかなり冷たくなって、結露してしまい水分が出ているので

そこにホコリがくっついてカビの原因になってしまいます。

 

カビ対策にオススメなのは、冷房や除湿をしようしたあとに、

10分程度、送風モードを使用することです。

 

送風モードは、部屋の中の空気を循環させてくれます。

という事は、エアコンの中の湿気も逃がしてくれますのでカビが生えにくくなるということです。

 

フィルターを掃除して、送風モードを使う事を習慣づけていく事をオススメします。


Sponsored Link


 

エアコンの臭いを防ぐ対処法はあるの?

先ほども説明しましたが、1番の対処方はやはりフィルターの掃除と送風モードを使うという事ではないでしょうか。

また、フィルターだけではなく、内部のホコリなどもしっかりと掃除機で吸い取りましょう。

 

フィルターを掃除しただけで、内部にホコリが残ってしまっていると、そのホコリがまたフィルターに付着して、カビの原因に繋がってしまいます。

 

また、吹き出し口にたまったホコリなども、ぬれた雑巾などでしっかりと拭き取っておきましょう。

エアコン専用の消臭スプレーなどもありますし、そのような商品を活用するのも手だと思います。

 

エアコンの臭いを防止する方法について、詳しく知りたい方はこちらから

エアコンの臭いを防止する方法は?臭いの取り方はあるの?

 

 

まとめ

エアコンのイヤなニオイの原因は、カビや空気中の汚れや、人の汗などがほとんど。

改善策はしっかりとエアコン内の掃除をすること。

 

カビなどが繁殖していると、健康被害にも繋がりますし、エアコンの性能もおちてしまい、電気代もかさんでしまいます。

 

冷房や除湿を使用する夏には、特にカビが発生しやすくなります。

 

エアコン内の掃除を月に1回程度行い、冷房などを使用後、10分ほど送風モードを使用することで、エアコン内の湿気を外に逃がすことができ、カビ予防をすることができます。

 

しっかりと対策を行って、快適な室内で過ごしたいものですね。