暑い夏を乗り切るためにエアコンの存在が欠かせません。

ですが、年中エアコンを使うわけではないので、久しぶりに電源を入れてみるとエアコンから嫌な臭いが。

 

そんな経験はありませんか?きちんと掃除していたはずなのに、どうして?と思う方も多いでしょう。

その臭いの原因は、エアコン内部に付着したカビやほこりです。

 

今回は、その臭いの原因と対策方法を勉強しましょう。


Sponsored Link


エアコンを運転させた時の臭いがするのはなぜ?

暑い夏を控えて、そろそろ一度試運転しておこう!なんて人もいるでしょうか?

除湿も兼ねて試運転してみると、エアコンから嫌な臭いが。という経験をされた方は多いと思います。

 

その臭いの一番の原因となるのが、カビです。

エアコンは空気を吸い込んで吐き出すという運転方法で動いています。

 

その時に一緒に吸い込んだホコリがエアコン内部に付着し、そのホコリにカビが発生するのです。

また、空気を吸い込んで吐き出しているのですから、臭いも一緒に吸い込んでいます。

 

人の汗の臭いや、タバコの臭い、ペットなどの臭いをエアコンが吸い込み、

吐き出す時にカビの臭いも混じってしまっているのです。

 

フィルター掃除をしていても、きちんと乾かさずにフィルターを再装着することが

カビ発生の原因となり、臭いのもとになってしまいます。

 

エアコンの臭いを防止する方法について詳しく知りたい方はこちらから

エアコンの臭いを防止する方法は?臭いの取り方はあるの?

 

 

簡単に臭いを消す方法はあるの?

では、この臭いを取り除くにはどうしたらいいでしょうか?

専門の業者にエアコンクリーニングを依頼するのが、一番確実な方法です。

 

だけど、価格も気になるのでまずは自分で何とかしたいですよね。

その場合、まずはフィルターの掃除と吹き出し口の掃除をしてほこりを除去しましょう。

 

そして、その後、送風運転をしてエアコンの内部を乾かすのです。

内部クリーンや内部乾燥などの機能が付いている場合はそちらを利用しましょう。

 

もし、エアコンに送風機能が付いていない場合は、冷房で一番高い温度設定にして運転しましょう。

最初の30分から1時間ほどは、嫌な臭いがするので、窓を開けて喚起をしておくといいと思います。

 

これで嫌な臭いを消すことができます。

 

ですが、それで臭いが取れない場合は残念なことですが、分解が必要な内部にカビが発生している可能性が高いです。

 

中には自分で分解して掃除するという人もいるとは思いますが、故障してしまう恐れが高くなりますので、エアコンクリーニングの利用をおススメします。

 

気になる相場は、8000円~15000円ほど。

割引キャンペーンをしている時期もあるので、うまく利用しましょう。

 

エアコンの嫌な臭いを取りたい方はこちらから

エアコンの臭いは除湿でなくなる?対処法はあるの?

エアコンの臭いが取れない理由は?おすすめの臭い除去法はある?


Sponsored Link


 

フィルターの掃除はどうすればいいの?

(出典:komeri.com/)

 

うちのエアコンは、フィルター清掃機能がついているから掃除する必要ないわ。と、思っている方はいませんか?

それは大きな間違いです。清掃機能が付いていてもフィルターの掃除は必要です。

 

特にエアコンの利用が多い時期は、清掃機能がついたエアコンで月に一回、

清掃機能が付いていない場合は、2週間に一度のフィルター掃除が理想的です。

 

フィルターは、簡単に水洗いするか、掃除機でほこりを吸い取るだけで十分です。

掃除機で吸い込む時は表面から、水をかける時は裏側からかけてあげると、ほこりが目詰まりすることを防げます。

 

もしカビなどがフィルターに付着している場合は、ぬるま湯に中性洗剤を入れ、そこに1時間ほどつけ置きしましょう。

 

その後、ブラシなどでやさしくこすり洗いしてください。

水洗いした後は、タオルなどでくるんで水分を拭き取り、陰干ししてください。

その後、フィルターを元に戻します。

 

この時、水洗いした場合、水分が残っているとカビの原因となりますから、

完全に乾いたことを確認した上で装着してください。

 

フィルターの掃除方法について詳しく知りたい方はこちらから

エアコンのフィルターを綺麗に!ファブリーズやリセッシュで臭い取りも!

エアコンのフィルターを掃除しよう!ベタベタ汚れには重曹がいい?

 

まとめ

夏は熱中症を防ぐためにも、私たちの生活には欠かせなくなったエアコン。

こまめに掃除をするのが、嫌な臭いさせたいための近道です。

 

今年の夏はきれいに掃除されたエアコンで過ごしてみてはいかかでしょうか?