お引越しや、以前のエアコンが古くなったときに必要になるのがエアコン工事ですね。

「どうせつけるなら、効率の良い取り付け場所がいいな」と思われるのでは。

 

では、効率の良い場所とはどこなのでしょうか。そして、取り付け場所がないときは?

今回はエアコンの取り付け場所について一緒に学んでいきましょうね。


Sponsored Link


どんな場所に設置すれば効率がいい?

まず、壁掛けのエアコンをつけようと思ったときに、確認するのが「室外機をどこに置くか」です。

エアコン工事で基本の配管の長さと言われるのは、室外機から室内機まで4mの距離までです。

 

それ以上となると、配管延長の追加料金が必要になります。

 

配管延長は1mあたりで2000~3000円と言われていますので、できるだけ室内機の真裏か、近くに置きたいですね。

 

例えば、もし室内機の取り付ける箇所が2階で室外機が1階となりますと、配管が

6~8m必要になります。すると基本の4mを引いた2mの分が追加料金となるわけです。

 

室外機は床置きなら追加料金はかかりませんが、天吊り、壁掛け、屋根置き、

二段置きとなってまいりますと工賃に追加料金が必要になりますよ。

 

また室外機の置き場として雨ざらしにならない、直射日光が当たらない、風通しが良い場所をお勧めします。

 

室外機の位置が決まりましたら室内機です。

 

室内機の「効率の良い場所」ですが、部屋の短辺に設置しましょう。風が端から端まで届きやすいようにするためです。

 

また窓のそばに設置し、窓からくる熱気や冷気を最初に空調してしまうと効率がいいですよね。

 

室内機の下に障害物を置かないようにしましょう。タンスやカーテンレール等がありますと、

せっかくエアコンが出した冷風や暖風が、障害物に当たってまた吸い込まれてしまいます。

 

エアコンを取り付ける時の注意点を詳しく知りたい方はこちらから

エアコンを取り付ける時の注意点は?おすすめのやり方はある?

 

 

エアコンの取り付け場所がないときはどうする?

 

エアコンの取り付け場所がないときは窓を確認して見ましょう。

ウィンドエアコン、窓用エアコンというものがあります。

 

これは室外機がいらないタイプで室内機と室外機が一体になっています。

騒音はそれなりにありますが、扇風機程度と言われています。

 

窓の高さが78-190㎝、窓の開き幅が47㎝以上あれば主要メーカーのものならほぼ使えると思います。

 

窓用エアコンですが頑張れば自分でも取り付け工事ができるようですが、

重量もありますから家電量販店などで工事してもらう方法もあります。

 

なお室内機と室外機が一体なので、騒音がある以外のデメリットとして取り付けている間は窓が閉まりません。

 

季節で取り外さないといけない場合もあるかもしれませんね。

メリットとしては取り外しも簡単なので賃貸の場合、後で取り外す際に工賃がかからずに済むことでしょうか。

 

もちろん窓用ですからパワーも「壁掛けより優れる」ということはありませんが、

それでも最低限きちんとお仕事をしてくれているという感想を聞いています。

 


Sponsored Link


 

エアコン工事の相場

 

エアコン工事の相場についても少しお話ししておきましょう。

引越し時の取り付け工事ですが、引越し業者さんにもよりますが基本の料金で8000~12000円程度のようです。

 

新設の場合は家電量販店でお願いした場合、基本の工事代金は本体価格に入っていることが多いようです。

(基本の工事というのは取り付けと4mまでの配管です。)

 

ネットなどでエアコンを購入し、取り付け工事のみを業者さんにお願いした場合、12000~15000円程度のようです。

 

なお基本の料金ですので、オプションで化粧カバーの取りつけや配管延長等あればもっとかかる可能性があります。

 

またコンセントの確認を忘れずにしてください。6~14畳向けの100Vのコンセントと、16畳以上用の200Vのコンセントがあり、それぞれ対応するプラグの形が違います。

 

場合によりコンセントの交換が必要になります。これも1200~2000円程度かかります。

 

エアコンのみの取り付けを業者に依頼した時の料金についてはこちらから

エアコンの取り付けのみの費用は?取り付け料の相場はいくら?

 

 

取り付けたあとでも移動できるの?

取り付けた後簡単に取り外せるのは、窓用エアコンですが、壁掛けですとそうはいきません。

それでも取り付け場所を変えたければ、移設工事というものがあります。

 

移設工事には取り外し・取り付けに追加料金が合わさったものが料金となります。

相場としては、8000~22000円となるようですよ。

 

エアコンの取り付けについて詳しく知りたい方はこちらから

エアコンの取り付け位置が低い時!高さはどう調整すればいいの?

エアコンの取り付け手順は?取り付け高さなど失敗しない方法は?

 

 

まとめ

いかがでしたか?

室内機と室外機の位置が近い方が良いということ、取り付け場所のポイントなどをまとめてみました。

 

エアコンの取り付け場所がないときは窓用エアコンがあるということなので、ぜひ検討してみてくださいね。

エアコンの風に直接あたりすぎないことも大事ですから、位置をよく考えて取り付けてください。

 

みなさんの健康と快適な生活をお祈りしています。