寒い夏や暑い夏の季節が来れば、エアコンが必要になってきますよね。

しかし、エアコン自体も取り付けもなるべく低価格で済ませたいですよね。

 

そこで、エアコンの取り付けのみの費用や全部取り付けた場合の費用、またエアコンを取り付けてくれる業者さんなどの紹介も致します。

 

少しでも家計に優しいエアコン取り付けのご検討につなげればと思います。


Sponsored Link



エアコンの取り付けのみの費用

エアコンのみを価格.comなどの激安ネット販売で購入し後は電気設備業者などに依頼するという事も考えられます。

 

その場合の工事料金はエアコン1台、室外機1台で取り付け料金は相場で12000円から15000円くらいと考えられています。

 

ちなみに追加の工事料金がかかってきます。

 

エアコンのみの取り付けが良いのか、家電量販店で低価格の取り付け料金とエアコンがセットとなっているプランを選択するのかは考え方次第です。

 

どちらが良いのかは実際にネットや家電量販店をチェックしご検討ください。

 

エアコンを自分で取り付けたい方はこちらから

エアコンを取り付ける時の注意点は?おすすめのやり方はある?

エアコンの取り付けは自分でできる?ガス漏れの時はどうすればいい?

 

エアコン全部の取り付けの費用

 

追加の工事料金としてエアコンの室内機と室外機を繋げる配管代料金がかかってきます。

配管代金は1m延長につき2000円から3000円かかります。

 

取り付けには4mの配管がついてきますが、2階やマンションとなると追加の配管代金がかかってきます。

4mを超えた場合は1m2000円から3000円、6mならば4000円追加料金がオプションでかかってきます。

 

また、エアコン取り付けの際に室内側と室外機側の配管を隠すカバーを購入するかどうかが問われます。

アイボリー色の化粧カバーは標準工事には付いていない為、別途かかります。

 

配管が4m以内なら6000円から9000円程度かかります。

さらに、室内機にカバーをする場合も10000円から15000円程度曲がりの数や距離があるのでかかってきます。

 

そして、コンセント交換も必要な場合がありコンセント交換や電圧の切り替えは1200円から2000円くらいになっています。

 

最後に、室外機を壁にかけたり屋根に置いたり2段置きにする場合は金具が必要であり8000円から20000円ほどの料金がかかってくるといわれます。

 

オプションで様々な費用がかかってくるのでご自宅の具合を検討し料金をシミュレーションしてみてください。

 


Sponsored Link


 

エアコンを取り付けの業者と期間

エアコン取り付けの際の業者

エアコンを取り付けする際にはそのような仕事を受注している電気設備業者などに依頼します。

しかし、安いだけで選ぶことはおすすめしません。

 

取り付け1500円などの価格を見る事もありますがその様な場合は配管パイプに高額に3000円から4000円の費用が途中からかかってくる悪質なケースがあるので気を付ける必要があります。

 

またセット価格が安いわけではなくセット価格では損をしているケースもあるので要注意です。

 

取り付けまでにかかる期間

時期的に需要の多い時期であったら、時間がかかるものであれば2~3週間かかるといわれています。

 

赤ちゃんがいて取り付けを早くしたい場合は需要の多い時期をずらしたり、家電量販店の場合は在庫がある場合には2日後に取り付けをすることが出来る場合もあるようです。

 

できるかぎり低価格で取り付けを行いたい場合は取り付けまでにかかる期間も検討しなければいけないようです。

 

 

まとめ

できる限りエアコンは低価格で取り付けたいですよね。

 

その様な場合はエアコンのみを購入し取り付けについては業者に依頼して見積もりを考えて最も安い方法を考える必要があります。

 

しかし、安さにとらわれセット価格やお手頃な価格を選んでしまった場合、オプションで高くなってくる場合もあるので気を付けてエアコン設置についての値段を検討していただきたいです。

 

取り付けも時間がかかる場合があるので早めに相談し繁忙期をずらすことがポイントです。

 

エアコンの取り付けも家計に大きなダメージを与える事もあるので慎重に納得のいく価格で取り付けを行っていただきたいです。