エアコンを購入していざ取り付け!となった場合に、皆さんはどうしていますか?

やはり自分で取り受け作業をするのはかなり大変なので購入した家電量販店にお願いをして

 

業者に取り付け工事をしてもらう。という方も多いのではないでしょうか。

無料で取り付け工事や古いエアコンの回収をしてくれる場合もありますが、

 

中には配管が通っていなくてオプション工事が必要になり、結局料金が発生してしまう場合も。

今は、エアコンの取り付けをしてくれる業者も数え切れないほど存在しますし、

 

その中から信頼できる業者を探すのも安易ではありません。

中には不要な工事をされ、高い料金を支払ったというケースもあります。

 

意外と自分でもできてしまうエアコンの取り付け。

どんな手順なのか、また注意点などをまとめてみました。


Sponsored Link


エアコンの取り付け手順は?

まず、必要な道具をそろえます。

 

配管セット

ホームセンターやネットショッピングでセットで売っています。

 

壁用スリーブ

反対側の蓋も一緒に購入しましょう。

 

配管カバー

最寄りのホームセンター等でのご購入をおすすめ致します。

 

必要な工具

トルクレンチ、モンキー、パイプカッター、フレアツール、冷凍機油、ドライバー、六角レンチ、ホールソー など

※パイプカッターとフレアツールは、購入よりレンタルがおすすめです。

 

取り付け位置を確認する

コンセントがあるか、電圧は適正かなどを確認して位置を決めていきます。

 

背板を取り付ける

室内機本体を取り付けるための背板を取り付ける。

 

配管を設置する

冷媒用の配管などの配管類を仮設置。

 

 室内機をとりつける

設置した背板に、室内機をとりつける。背板にしっかりとかかっている事を確認する。

しっかりかかっていないと落下の危険があります。

 

 室外機を設置する

ホースを室内機・室外機に接続する

 

 真空引き

配管内の空気を追い出す。機密性をチェックしてからガスを解放する。

 

 試運転

簡単に書きましたが以上の手順で取り付けをしていきます。

 

エアコンの取り付け方について詳しく知りたい方はこちらから

エアコンの取り付けは自分でできる?ガス漏れの時はどうすればいい?

エアコンを取り付ける時の注意点は?おすすめのやり方はある?

 


Sponsored Link


 

室外機などは何処に設置するのがいいの?

 

まず、設置する場所が水平であることを確認します。

後々に室外機の重さで傾いてしまうことなども多いです。

 

ブロックなどで調整すると良いでしょう。

また、室外機の周りに通気スペースがあること、直射日光が当たらないこと、

 

雨ざらしにならない事なども重要ポイントになってきます。

室内機と室外機が近いことも絶対条件です。

 

以外とこの室外機の設置場所が重要で、この設置場所だけでエアコンの性能が大きく左右されますし、騒音の原因になったりもします。

 

 

取り付け高さなどはどう決めたらいいの?

室内機の取り付け時に注意したいポイントは、

天井と室内機の間に最低5cm以上のスペースがあること(機種によっては10cm必要な物もあります)。

 

このスペースは背板に室内機をかける時に必要になります。

 

また、メンテナンスなどの為に左右も壁から5cm以上の余裕が必要になります。(こちらも機種によっては10cm以上必要な場合もあります。)

 

もう一つ気をつけたいポイントは、配管穴の位置です。

室内機よりも配管穴が高くなってしまうと、室内機からの水漏れが起こる場合があります。

 

このような点に注意しながら取り付けの高さを検討しましょう。

 

取り付けについて詳しく知りたい方はこちらから

エアコンの取り付け手順は?取り付け高さなど失敗しない方法は?

 

まとめ

エアコンの取り付けをご自分でする際には、しっかりと必要な道具をそろえてから行いましょう。

専門的な道具も必要になりますので、購入するよりかは、レンタルでそろえた方が良いと思います。

 

室外機の設置位置はしっかりと確認しましょう。

設置位置の影響で、エアコンの性能がおちてしまったり、騒音の原因にもつながりますので注意が必要です。

 

室内機の取り付け高さも必ず確認しましょう。

スペースが足りない場合などは、メンテナンス時に不便ですし、故障などの原因にもなります。