引越しや買い替えでエアコンを取り外すときは、だいたいの人は引越しパックや

買い替えの工事と一緒にお任せしているのではないでしょうか。

 

引越し費用や取り付け代に含まれていることが多く、

際のエアコンの取り外しのみの値段はなかなか知る機会がありません。

 

エアコンの本体の取り外しのみの料金と、エアコンの配管穴を埋めたり

室外機の棚などを全部取り外したときの料金はどのくらい違うのでしょうか。

 

今回はエアコンの取り外しのみの料金や、工賃の平均的な値段について調べていきたいと思います。


Sponsored Link


エアコンの取り外しのみの料金はいくら?

エアコンの機械だけを取り外す一番ベーシックな工事は、本体である室内機・室外機と二つをつなぐ

配管を取り外すことと、配管が通っていた壁の穴をパテと呼ばれる粘土のような充填剤で埋めることの二つセットになっています。

 

作業自体はどのメーカーのエアコンも似たようなものなので、

業者や地方によって価格の差はありますが工事のみの平均は6000~12000円といったところでしょうか。

 

ただしこの料金はエアコンの室内機も室外機も1階においてある場合の平均なので注意してください。

 

室内機の位置はだいたい室内の壁についているので関係ないですが、室外機が2階以上のベランダや外壁、

屋上、屋根に設置されているときは高所作業が追加されますので平均6000円前後の追加料金がかかる場合があります。

 

個人住宅では少ないですが、雑居ビルのように室外機を外壁高くに据え付けていた場合には

クレーン車や高所作業車を使う大掛かりなものはさらに追加料金がかかります。

 

ほかにも、作業をする業者が遠くにある場合は出張費がかかったりと工事自体の基本料金を

上回ることもありますので、最初に基本的な工事の内容と費用、見積もりを聞いて検討しておくとよいでしょう。

 

見積もり金額が少し高い場合は、故意に多く取っている場合と万が一の保険がかかっている場合があります。

 

多く取っている場合はどうしようも出来ませんが、保険がかかっている場合は工事中の事故の保障が出来る可能性があります。

 

よくある例としてエアコンの室内機取り外しの際に壁や置いてあるものを傷付けたり

汚したりなどが対象になる場合がありますので、保険と内容を確認を取ってみましょう。

 

業者に依頼した時の料金について詳しく知りたい方はこちらから

エアコンの取り外しのみの料金は?平均的な値段はいくら?

 


Sponsored Link


 

エアコン取り外しから処分まで全部を任せた時の値段は?

 

エアコンの取り外しだけでなく、エアコンの処分や配管穴にカバーをつけたりなど

エアコンの取り外しに関わる一切合財を任せた場合はどのくらいの料金がかかるのでしょうか。

 

取り外しと回収処分がセットになっている料金の業者が多いと思いますが、こちらは業者によって

取り外しのみよりも料金差が大きく、激安をうたい3000円程度のところから20000円を超えるところ、はたまた全部無料で請け負うところまであります。

 

さらには安いから良い、高いから良くないなどと金額だけで一概に言えない事情もあります。

 

料金が無料だったり安い業者の中にも、回収したエアコンを修理しリサイクル品として海外に販売したり

中身のパーツを取り外して別の修理に使う「パーツ取り」という一部をリサイクルをして収入を得ている業者と、法律にのっとった処分をせずに不法投棄をするような業者もいます。

 

料金が高い業者も同じで、工事に慣れている熟練の職人が手早く綺麗に工事をしたり複数人で

十分に安全を確保して丁寧に工事をしてくれる業者と、工事に見合わない料金を故意に取っている業者がいるのです。

 

ちゃんとした業者なら回収したエアコンを家電リサイクル法にのっとった処分をするか、自社で修理するかを教えてくれます。

 

家電リサイクル法で定められた個人の負担金額は殆どのものは972円ですので、

もし処分の送料や運送費を入れないで5000円かかる、10000円かかると言われたら一回落ち着いて検討してみた方がいいかもしれませんね。

 

 

自力で取り外す方法はあるの?

今まで取り外しをする業者の金額を見てきましたが、実は取り外すだけなら出来なくはないのです。

 

室外機が2階以上にある場合は業者に任せたほうが安全ですが、

1階でお庭の地面においてあって工具をお持ちの場合は自分で取り外す人もいます。

 

今回は取り外すときに使用する工具と大まかな取り外しの手順をご紹介します。

使う工具はモンキーレンチ、ニッパー、ドライバー(プラス・マイナスどちらも)、六角レンチ、カッターを使います。

 

 

まずは室外機の特定のバルブをモンキーレンチで外してポンプダウンという作業をします。

配管や室内機に残っている冷媒ガスを室外機に閉じ込めて外に出さないようにする作業です。

 

ポンプダウンが出来たら本格的に取り外し作業に入ります。

 

コンセントや配線を抜いてから室内機と室外機をつないでいる配管を

ニッパー・カッター・モンキーレンチを使って室外機側から取り外し、室内機を取り外します。

 

配管やコンセントを外した室内機は比較的簡単に取れますが、

裏に金属の取り付け板が壁にねじで取り付けてありますのでドライバーでひとつひとつ取り外します。

 

室内機と配管が取れたら室外機はそのままで移動できますので、取り外し自体は完了です。

 

このままですと壁に配管の穴が開いたままになりますので、ホームセンターなどで

販売している壁の穴埋め用パテやカバーキャップを使って穴を埋めましょう。

 

以上の手順を見て出来そうだと思われましたら、取扱説明書や詳しく説明しているサイトや本を見て安全を第一に作業をしてください。

 

自力で取り外す方法について詳しく知りたい方はこちらから

エアコンの取り外し方は準備から!やり方はどうすればいい?

 

 

まとめ

エアコンの取り外しは業者や地域によりますが、だいたい6000~12000円程度が平均です。

室外機の場所によっては高所作業になり6000円前後の追加があるために注意が必要です。

 

エアコンの回収うや処分を一緒に任せる場合はさらに料金が変わり、どんな業者なのか確認してからがよいでしょう。

 

個人でエアコンの取り外しは出来ますので、取扱説明書や詳しく説明しているサイトや本を参考にして安全を確保して作業してください。