エアコンの処分を考えている方の中には、費用を節約するために自分で取り外しをできないかと思う人もいるでしょう。

 

エアコンの取り外しは自分でできますが、誰にも簡単にできるものではありません。

室外機や室内機を運べる力も必要となりますので、一人での作業はおススメしません。

 

古くなったバルブは錆びて開けにくくなっていることもあります。DIYの経験や電気に知識がある方と一緒であればより安心です。

 

また取り外した配管の処分方法や、ガスの取り扱いなどの知識も必要です。

事前の準備をしっかり確認した上で、事故などが起きないように十分にしてください。

 

こちらは、取り外しの様子が分かる動画です。参考にしてくださいね。

 

取り外しの判断は自己責任です。危険を感じたり、難しいと感じた場合は無理をせず、作業を中止して業者に依頼してください。


Sponsored Link


エアコンを取り外す時に準備するものは?

エアコンを取り外す時に必要な工具です。

どれもホームセンターで手に入ると思います。

 

出典:aircon-shobun.com/

 

これらがあれば作業可能ですが、作業の効率化を図るために、この他にペンチ、マイナスドライバー、モンキースパナをもう1本用意するのがベストです。

 

この他に、脚立、滑り止めのついた軍手、ビニールテープ、ガムテープも用意します。

室内機を取り外すときに床のなどを傷つけないように大き目のブルーシートも必要です。

 

それから、エアコンの配管が通っていた穴をふさぐエアコンキャップは残してありますか?

なければ、こちらもホームセンターに置いてありますので、一緒に購入しましょう。

 

エアコンの取り付けについて詳しく知りたい方はこちらから

エアコンを取り付ける時のガス抜き方法は?エア抜きもするべき?

エアコンの取り付けは自分でできる?ガス漏れの時はどうすればいい?

 

 

エアコンの取り外し方はどうするの?

最初にエアコンと室外機と室内機の状況を確認します。

 

その後、運び出す経路が確保できるか確認してください。取り外した後で運び出せないと意味がない為ですね。

 

確認ができましたら作業に入ります。流れをざっと説明します。

 

1 室外機のカバーを外します。

2 バルブのキャップを外します。

3 エアコンの強制運転をします。

4 送り側のバルブを閉めます。

5 受け側のバルブを閉めます。

6 エアコンの運転を停止します。

7 エアコンのコンセントを抜いて遮断を確認します。

8 バルブのキャップを元に戻します。

9 電源コードを取り外します。

10 室外機、室内機の撤去

 

以上が作業の工程となります。作業に入る前に各部の確認などもしておくことも大切です。

詳しくは上記に置いてある動画を参考にするといいですね。

 

そして各作業については、より詳しいサイトなどでしっかり調べてから、自分で作業を行うかを判断してください。

 

エアコンの取り外しについて詳しく知りたい方はこちらから

エアコン取り外しの際の注意点は?跡が気になる場合にはどうすればいい?

 


Sponsored Link


 

業者に取り外しを頼むと金額はいくらかかる?

 

では、業者に取り外しを依頼すると費用がどれぐらいかかるのでしょうか?

 

取り外し業者はいくつもあって、3000円程度の金額が大きく書いてあったりして思わず飛びついてしまいそうになりますよね。

 

でもそこで決めてしまうのは、ちょっと待ってください。

工事の工程に何が含まれているのか、よく確認することが大切です。

 

取り外しだけの料金のみの記載で、引き取り費用などの料金が含まれていないことがあります。

 

また室外機を上に吊っている場合や、屋根の上に室外機を設置していたりする場合も追加料金などが必要となります。

 

ですが、平日の作業であったりすると、割引が実施されている業者などもありますので、しっかりと見積もりをしてもらうことが大切です。

 

業者を選ぶ際の目安として、エアコンの取り外しの相場が8000円程度から。

エアコンの処分費用としては、3000円~5000円程度が相場です。

 

ただ地域などによって相場も変わってくると思います。面倒でも複数の業者に見積もりを依頼して、納得できる業者を選んでくださいね。

 

エアコンの取り外しを業者に依頼した時の料金が知りたい方はこちらから

エアコンの取り外しのみの料金は?平均的な値段はいくら?

 

まとめ

エアコンの取り外しの費用を節約することは決して悪いことではありません。

しかし、もし失敗してしまうとケガや事故につながってしまうかもしれません。

 

少しでも不安に思う場合は、無理をせずに業者に依頼することも大切だと思います。

 

取り外しを自分で行う場合は、自己判断の上、くれぐれも事故やケガの無いように気をつけて作業してくださいね。