夏場や真冬のエアコンが必須な生活を送っている毎日において、温度調節や電源、

風の向きや強度を調節してくれるリモコンがもしも壊れてしまったらすごく困りますよね。

 

エアコンが使えなければ体調を崩す事もありすぐ修理する事をおすすめします。

 

今回はそのように突然エアコンのリモコンが壊れた場合の修理方法と自力で直す方法、

修理について用いるなどの方法についてもご紹介します。


Sponsored Link


エアコンのリモコンを修理するには?

リモコンのボタンを押してもエアコンに反応がない時、

液晶画面自体が無反応の場合はリモコン故障の可能性が高いです。

 

具体的に試すことのできる方法としてリモコンが信号を出しているのかは、

携帯のカメラ機能やデジタルカメラで送信部を見ると、正常に動いていれば送信部の光を見ることができます。

 

リモコンが故障した時の対処法

リモコンを修理したい時に、すぐできる4つの対処法があります。

 

1.メーカーに依頼して修理する方法。

2.メーカー純正の壊れにくいリモコンを購入する方法。

3.様々なエアコンに対応するリモコンを購入する方法。

4.自力で直す方法。

 

1つ目のメーカーに依頼する場合は、壊れたリモコンをこちらから発送することにより対応してくれる場合もあります。

 

在庫があれば新しいものを調達するのも良いでしょう。

 

エアコンの修理内容

 

エアコンの修理内容として考えられるのは、4つの修理方法があります。

 

1.本体への通信が不可能な場合。

2.液晶表示のトラブル。

3.電池の接触が良くない。

4.スイッチの反応が良くない。

 

プロの手で直せばよいのか、自力直せるのかの2つに分類するとしたら、

1つ目、2つ目、4つ目はプロの力で直す必要があり、3つ目は自力で直せるかもしれません。

 


Sponsored Link


 

エアコンのリモコンは自力で修理することができるのか

 

電池交換

上記に書いたようにまずは、電池の接触が故障内容と考え、電池交換をしましょう。

なるべく新品の物をおすすめします。

 

メーカーによりアルカリ性乾電池など特定の電池が設定されている事もあります。

 

電池交換のポイントとして、リモコン中の電気の流れの改善をする為に電池を抜き、1分ほど放置することが大切です。

これはリモコン内部に溜まった電気を逃がしてあげる為に行う方法です。

 

自力でリモコン修復を考えている方はこちらから

エアコンのリモコンが使えない?直し方はあるの?

 

エアコンを置いている環境

また、エアコンの置いてあるお部屋の問題もあります。

 

リモコンの受診部の間にカーテンや壁などの障害物がないか、リモコン受信部に強い光が

当たっていないか、お部屋に電子式瞬時点灯方式の蛍光灯がないかなどの確認もしてほしいです。

 

少しでも該当する物がある場合は、リモコンの受信部との間の障害物を取り除き、

強い光はカーテンで遮り照明機器や薄型テレビの画面から離すなどの処置が必要です。

 

 

本体の直接操作はどう行えばよいのか

リモコン以外にもエアコンの本体に自動運転と応急運転というボタンがあります。

温度などは調節することができませんが押してみると応急処置となるでしょう。

 

メーカーなどによっても異なりますが、大体は本体の外にあったり、ルーバーを開けた中にあったりします。

これが動けばリモコンだけの問題であることもすぐにわかりますよね。

 

リモコンを使用しない操作方法について知りたい方はこちらから

エアコンのリモコンをなくした時は?運転切り替えはどうしたらいい?

 

まとめ

ここまで御覧になりいかがでしたでしょうか。

夏場のエアコンのリモコンが壊れれば困りますよね。

 

ここではすぐにエアコンのリモコンが本当に壊れているのか、リモコンの故障内容、

そしてリモコンの修理方法、自力で直す方法などをご紹介しました。

 

リモコンが本当に壊れている場合は、1つ1つ原因を探っていきましょう。

 

電池交換、エアコンの周囲の環境調節、エアコンを直接操作するなどの行動は起こせるのでぜひ試してみてください。

 

リモコンが本格的に壊れており電池切れでない場合は、リモコンの修理や新しいリモコンの購入などもご検討ください。