久しぶりにエアコンを付けたときのイヤなニオイ・・・。

カビやタバコなど原因は様々ですが、すぐにでもなんとかしたいものですよね。

 

1番は業者に標準のメンテナンスや掃除、フィルター交換をしてもらうのが、

手軽で安心なのですが、なんと言っても費用が高付いてしまいますね。

 

実際、フィルターの掃除を怠っているということがニオイの原因の場合が多いのです。

ご家庭で掃除をすることもできるので、今回はそのフィルター掃除のコツなどをご紹介します。

 

合わせてこちらの記事も読まれています。

エアコンのフィルターを掃除しよう!ベタベタ汚れには重曹がいい?

エアコンフィルターの洗い方は?取り付け方を忘れた場合は?


Sponsored Link


家でできるフィルター掃除

まず、フィルターの掃除ですが、基本的に「月1回」の頻度で掃除をするのがベストです。

家中の空気を循環させているので、ホコリはかなりたまっています。

 

綺麗に見えても家の中はホコリがたくさんあるのです。

 

エアコンを開け、フィルターの目にそって、掃除機のブラシでホコリを吸い取る。

 

フィルターの表面から掃除機でホコリを吸い取りましょう。そうすることで、ホコリの目詰まりを防げます。

 

また、先に掃除機でホコリを吸い取っておけば、フィルターを外すときに

ホコリが落ちないので、この時点でしっかりとホコリは吸い取っておきましょう。

 

ここで、フィルターを外したときについでに、エアコン内部にホコリがあった場合は一緒に吸い取っておきましょう。

そのままにして、綺麗にしたフィルターを設置するとそのホコリがまた付着してしまいます。

 

フィルターの付け方がわからなくなってしまった方はこちらから

エアコンフィルターの付け方は?外付けタイプのおすすめは?

エアコンフィルターの洗い方は?取り付け方を忘れた場合は?

 

シャワーで水洗いする。

今度は、裏面からシャワーをあててホコリを洗い流しましょう。

洗うときに、使い古しの歯ブラシなどの細かいブラシを使うと効率的です。

 

洗い終わったら、日陰で干す。

タオルでしっかりと水気を拭き取り、日陰でしっかりと乾かします。

これで掃除は終了です。難しそうに感じますが、実際にやってみるとあっという間に終わります。

 

フィルターにリセッシュやファブリーズは効果的なの?

衣類などの消臭材で有名なリセッシュやファブリーズ。

洗ってもニオイが取れない場合の裏ワザとして活用してみてはいかがでしょうか。

 

日陰でフィルターを干したのちに、シュッシュと吹きかけてしっかりと乾かしてから

フィルターをエアコンに取り付けましょう。

 

乾いていないうちに取り付けてしまうと故障の原因になりますのでご注意を。

 

ファブリーズとリセッシュのオススメはあるの?

消臭スプレーは、アロマ系のニオイのあるものなど様々な種類がありますが、

エアコンのフィルターにする場合、無臭で消臭力の強いものがオススメです。

 

中には、タバコ臭撃退!など表記のあるものもありますので、タバコのニオイが

気になっているという方にはこのタイプの方が良いかもしれません。

 

選ぶポイントとしては、スプレーの香りが残るものよりも、

しっかりと消臭してくれるものを選んだ方がよさそうです。

 

防カビタイプの消臭スプレーの種類もオススメです。

 

 

 

まとめ

・ニオイ対策の1番の方法はフィルターを綺麗にすること。月に1回を目安に掃除をしましょう。

 

・フィルターのホコリを取るときのポイントは、掃除機は表面から吸い取り、

シャワーで流すときには、裏面からシャワーを当てると効率的。ホコリの目詰まりを防ぎます。

 

・エアコンを開けたり、フィルターを取り外したりするときには、

取扱説明書を読んで、手順に従って外しましょう。故障の原因にもなりかねません。

 

・フィルターを取り付ける時には必ずしっかりと乾かしてからつける。

 

消臭スプレーをするときは必ず本体から外してスプレーしてください。

 

本体につけたままスプレーすると、故障の原因になるのと、本体に汚れを付着させやすくしてしまいます。

かなり頑固な汚れになってしまうそうなので注意が必要です。