うっかり日焼けをしてしまった! なんだか、かゆみも出て来た!

そんな時は、早くかゆみを抑える方法を知りたいですよね。

 

ネットでは「オロナインやクリームがかゆみに効果がある」と聞きましたが、実際はどうなのでしょう?

さらに、保湿クリームのおすすめも書いていこうと思います。


Sponsored Link


日焼けのかゆみを抑える方法はあるの?

日焼けの仕組みをおさらいしましょうね。

日光に当たると日焼けしますね。それは、紫外線が悪さをするからです。

 

紫外線には波長の長さで三種類あり、UVA、UVB、UVCとあります。

 

このうち、UVCはオゾン層で完全に吸収されてしまいますので、日焼けに関わるのは UVAとUVCというわけです。

 

UVBこそ、真っ赤な肌、ヒリヒリ、水ぶくれの原因です。そして、肌の表面だけでなく、内部にもダメージを与えると言われています。

 

つまり、皮膚癌やシミの原因というわけです。

UVAはUVBに比べてましですが、雲や窓ガラスもすり抜けて来ますので、曇りの日にも対策が必要です。

 

そして、肌の奥のメラノサイトに働きかけてメラニン色素を作り出し、肌を黒くします。

いうなれば、肌にサングラスをかけようとしている状態だと思ってください。
紫外線を肌の内部に入れないようにしているのですね。

 

今回問題なのは、肌が真っ赤になったり、かゆくなったり、かゆみが出る現象なのですが、これは太陽の熱が皮膚の細胞を乾かすことからも影響があります。

 

皮がむけたりするのは、この乾燥からです。乾燥によって細胞が死にます。つまり、軽いやけどと同じというのは、そういうことでなんです。

 

乾燥した肌が問題だということですが、乾燥すれば当然肌の表面のバリア機能が低下します。すると、肌が敏感になり、かゆみが起きるわけです。

 

かけばかくほど「かゆく」なるので、とにかく「かかないこと」

そして、乾燥を抑えるために、保湿ケアが大事です。アロエクリームなどが良いと昔から言われていますよね。

 

なお、かゆいときの対処法として、冷やしてあげると良いでしょうね。

冷たいタオルや氷水を袋に入れ、その上からタオルを巻いて、そっと当てるように冷やしてあげましょう。

 

お風呂は熱いお湯に入ることになるので、かゆみが増します。控えたほうがいいでしょうね。

 

さっと入るなら、シャワーの水圧を落として、ぬるま湯で。タオルで拭くときは、こすらないように気をつけてくださいね。

 

 

かゆみを抑えるおすすめの保湿クリームは?

 

まず、有名なオロナインh軟膏はどうでしょうか。

 

オロナインの噂はよく聞きますが、じつは殺菌剤なので化膿の症状には効きますが、やけど自体には効果がないようです。

 

つまり、日焼けには効かないということです。

さらに、かゆみ止めではないのでかゆみにも効きません。

 

では、代わりに何を塗ったら良いのでしょう?

ちょっと前に、話題になったココナッツオイルはどうでしょう?

 

ココナッツオイルは抗炎症作用があると言われており、炎症を持った状態の日焼けには効くかもしれません。保湿にもなります。

 

アロエもまた抗炎症作業があり、日焼け後の炎症を鎮める効果があるかもしれません。市販のアロエジェルやアロエ化粧水が良いでしょう。乾燥を防げます。

 

さらに、白色ワセリン。これは第3類医薬品のものがあるので、日本薬局の表示がある白色ワセリンをお使いください。

 

製品として安心だと思いますし、刺激が弱いので、肌が弱っているときに良いでしょうね。

 


Sponsored Link


 

おすすめのオロナインはある?

 

日焼けにオロナインは効果がないとのことですが、オロナイン軟膏自体はとても優秀です。

オロナインといえばオロナインh軟膏ですよね。大塚製薬さんのお薬です。

 

カロリーメイトやポカリスエットで有名ですよね。

 

殺菌剤が入っているので、吹き出物に効果があるかもしれません。もちろん日焼け後に化膿した場合、この場合はオロナインも使えますよ。

 

サイズもいくつかあるようです。

オロナイン液というものもあるようですが、おなじみのものはやっぱり軟膏タイプですね。

 

 

まとめ

いかがでしたか? かゆみには適切に対応してあげてくださいね。

 

いつまでもかゆみが続いたり、かきむしって化膿してしまったり、ぶつぶつが消えない…というときは、きちんと病院に行くことをおすすめします。

 

跡になってもいけませんし、安心です。

はやめはやめに、かゆみが治まることをお祈りしています。