主にじめじめの梅雨時期に大活躍する家電といえば除湿機

部屋干しなどの際に除湿機があると大変便利ですよね。

 

コンプレッサー方式やデシカント(ゼオライト)方式、ハイブリッド方式など機種も様々で、

除湿能力などももちろん変わってきます。

 

除湿機を選ぶ時にはどんな所に気をつけると良いのでしょうか?

今回は除湿機の選びかたについてまとめてみました。


Sponsored Link


除湿機にはどんな種類があるの?

まず、除湿機の種類についてですが、大きく分けて3種類です。

 

コンプレッサー方式

名前のまま、コンプレッサーを搭載しているので、本体が大きく、他の2種類に比べると動作音が大きいです。

 

ですが、除湿能力が高く消費電力は少ないです。

なので、梅雨時期や夏場の除湿に向いています。

 

デシカント(ゼオライト)方式

こちらの特徴は軽量タイプが多く、持ち運びしやすいという点です。

デシカントとは乾燥剤という意味で、乾燥剤が入っていてその乾燥剤を使って除湿をするイメージです。

 

また、コンプレッサー方式は温度の低い時の除湿は苦手なのですが、このデシカント方式は温度の低い時でもしっかりと除湿をしてくれますので、年中使うという場合にはこのデシカント方式がオススメです。

 

ただ、コンプレッサー方式に比べると、消費電力が多く電気代がかかってしまいます。

 

ハイブリッド方式

コンプレッサー方式とデシカント方式の良いところをあわせ持った機種です。

1年中高い除湿能力を発揮してくれますが、他の2つのタイプに比べると本体価格が高くなります。

 

以上の3つのタイプの除湿機がありますので、主に何に使用するかという点で選び方が変わってきます。

 

 

押し入れに置いておくと良い除湿機はある?

 

家の中で意外と湿気の溜まりやすい場所。押し入れです。

ずっと閉めっぱなしにしていて、気がついたらカビが!なんてことも多いのではないでしょうか。

 

こんな場合にオススメの除湿機は、「ペルチェ式」というミニ除湿機です。

 

主に除湿機は3つのタイプにわけられるのですが、そのほかにもペルチェ式というものがあり、押し入れなど狭い場所の除湿にピッタリです。

 

コンプレッサーを持たないため、動作温も静かで何より小型です。

 

コンパクトなため他のタイプに比べるとどうしても除湿機能は劣りますが、押し入れなどの狭い場所にはちょうど良いと思います。

 

価格も通常は安くても1、2万円はする除湿機ですが、このペルチェ式は5、6000円代で購入できます。

サブの除湿機として購入されている方も多いようです。

 


Sponsored Link


 

ダニに有効な除湿機は?

梅雨時期などの高温多湿になると、ダニが好む環境になります。

寝室などで湿度が高い時には、除湿機を使って湿度をコントロールする必要があります。

 

梅雨時期に使う場合には、コンプレッサー方式の除湿機がオススメです。

布団のダニなどは、除湿機でも効果はありますが、1番はやはり天日干しにして、

 

布団用掃除機などでしっかりと死滅させることが大切です。

ダニなどはアレルギーの原因になりますので、定期的に除去が必要です。

 

 

まとめ

除湿機を選ぶ際には、使う場所や季節などを考えて選ぶ必要があります。

また、本体価格もタイプによって随分変わってきますし、消費電力なども変わってきます。

 

押し入れなどの狭い場所には、ペルチェ式というミニ除湿機もあります。

メインの除湿機としては除湿能力は低いですが、サブの除湿機としてオススメです。

 

ダニの繁殖を防ぐためにも湿度コントロールは大切です。健康被害を防ぐためにもしっかりと除湿機を使って布団などのダニを除去しましょう。

 

まもなくやってくる梅雨時期に向けて、除湿機選びの参考にしてみてください。