日焼けした後に肌が熱っぽく感じる事や、肌がヒリヒリと痛みを感じるのはなぜ…と思っている方も多いのではないでしょうか?

 

また洋服を脱ぎ着する時など肌に擦れただけで痛かったり、頭が痛くなる事がありますよね。

こんな時の肌の痛みや頭の痛みについてのケアについて調べて見ましょう。

 

正しい処置をしておくこで、肌に対するダメージを少しでも軽減していきましょうね。


Sponsored Link


日焼けで頭が痛くなるのはなんでなの?

直射日光に当たると、必ず「頭が痛くなる」と言われる人って案外多いと思います。

 

陽に当たると頭が痛くなる方の中には、もともとから偏頭痛持ちの方に多く見られるそうですが、頭痛持ちの人でなくても夏場の直射日光に当たると頭が痛くなる場合もあるそうです。

 

このような方は、直射日光の中に出る場合には予防する事が必要になるのですね。

 

直射に当たると起こる頭痛の原因には、実は紫外線にあるそうで太陽による紫外線には、刺激を起こし偏頭痛が起こし易い事が分かっています。

 

頭痛の原因には日射病、偏頭痛持ち、眼精疲労時や紫外線アレルギー等などが思い当たるそうです。

 

 

太陽に当たる事で頭が痛くなった時は?

 

真夏の太陽に当たると頭痛を起こすのは、日射病の初期症状が考えられるそうです。

 

強い日差しに当たり頭が痛いと感じ日射病の初期症状かも知れない場合には、出来るだけ風通しの良い涼しい場所に移動しましょう。

 

もし体温が低くなっている場合には身体を温めなくてはいけない事もあるそうですよ。

そしてどんな場合にも出来るだけ水分(スポーツドリンクなど)を沢山摂る事が良いそうです。

 

 

頭痛を起こり難くする対処法は?

頭部を陽に当てない様に、直射日光の強い日差しを出来るだけ避けるなどをしましょう。

色の濃い洋服を身に付けるのも出来るだけ避けると紫外線の吸収を防ぐので予防に効果があるそうです。

 

例えばですが、出来る限り日陰を選んで歩くとか、日傘をさして歩くのもおすすめですし、眼精疲労を感じられる場合には茶系のサングラスをかけるのも良いそうですよ!

 

注意点として、サングラスを選ぶ場合には青い色や黒い色の濃いサングラスは頭痛を誘発する事もあるそうなのでおすすめ出来ないそうです。

 


Sponsored Link


 

日焼けで肌が痛くなる理由は?

 

日焼けして肌が赤くなったり痛くなる事は、皆さんも経験はあるとは思います。

なぜ日焼けすると肌が痛くなるのでしょう?

 

肌が赤くなるのは、太陽の強い日差し(紫外線)にあたる事で皮膚の内側に炎症が起こり傷つけられてしまった時に肌に痛みを感じ、赤くなるとされています。

 

きちんと手当をする事で肌は元の元気な肌に修復する機能を持っているので焦らずに対処して下さい。

 

 

日焼けをした時に服を着ると痛い理由

日焼けした時の肌の状態は、肌が火傷をした時と同じ状態になっているのです。

少しでも衣服などが患部にふれたり、擦れるだけでも痛みを感じてしまいます。

 

 

服を着る時に擦れを軽減する方法は?

日焼けした肌には、細目に保湿する事で早く元気で健康な元の肌に治す事が出来るのです。

 

出来るだけ肌に刺激を与えないようにするなど、刺激の少なく柔らかい素材の衣類を身にまとう様にする事で、肌への刺激は若干は少なくなると思われます。

 

要するに、すこしでも早く日焼けした肌の修復する事が大切です。

患部の手当てには、患部を保湿する事と食事にも気をつけて身体の中からも予防する事も出来るのです。

 

ビタミンCを沢山摂る事や、外出前にビタミンCを取る事で紫外線のダメージから肌を守る事が出来るそうです。

ハト麦茶が日焼けした肌に良い事も分かっていますので水分補給として、たくさん飲んで下さい。

 

ハト麦茶を炊飯前にお米の中一緒に混ぜて炊くのも良いそうですし、シリアルの中に入れて一緒に食べるのもおすすめだそうです。

 

 

まとめ

日焼けした肌は「シミ、そばかす」の基にもなるそうですから、楽しかった夏の思い出なんて言って居られないのが日焼です。

 

日焼けをしないように事前にUV対策(外側だけではなく内側からも)に心掛けて、日焼けしてしまった場合には早目に適切な処置をする事を忘れないで下さいね。