誰もが頭痛を経験したことがあるでしょう。

風邪やインフルエンザなどの病気が原因のこともあれば、

熱中症の症状の一つとして頭痛を訴える人もいます。

 

一言で頭痛と言っても、時には脳梗塞や、くも膜下出血などの症状の命に関わる病気の場合もあります。

ですが、ほとんどの頭痛は病気が原因ではなく、原因の分からないものだと言われています。

 

身近にも片(偏)頭痛や、緊張型頭痛に悩んでいる人はいるのではないでしょうか?

私も片(偏)頭痛に悩んでいますが、寝込むほどの頭痛とまではいきませんが、

痛み症状がある間は仕事に集中出来なかったり、不快な思いをしています。

 

そんな多くの人が悩んでいる頭痛ですが、頭全体が痛い、

後頭部が痛いなどの痛みを感じる場所や感じ方はさまざまです。

 

今回は、前頭部に痛みを感じる場合、左側が痛い場合について調べてみました。


Sponsored Link


前頭部の痛みの原因はなんなの?

 

前頭部にだけ痛みを感じる場合も、その多くは機能性頭痛と言われるものです。

機能性頭痛は大きく分けて、片(偏)頭痛、緊張型頭痛、群発性頭痛の3つがありますが、

前頭部にだけ痛みを感じている場合は、片(偏)頭痛、緊張型頭痛の2つが考えられます。

 

片(偏)頭痛は、何らかの原因で脳の血管が拡張してしまい、三叉神経を刺激することで痛みが起こります。

片頭痛の人の中には「気圧変調性頭痛」と言って、雨の日や前日に痛みを感じる人も多くいます。

 

どちらも、痛みが起こるメカニズムは同じで、ズキンスキンと脈の拍動に合わせて強い痛みが襲います。

特にコメカミのあたり、前頭部で痛みを感じることが多いようです。

 

次に考えられるのは、緊張型頭痛です。

緊張型頭痛は、肩や首の筋肉の緊張が原因で起こります。

 

頭を締め付けられるような痛みが特徴で、ハチマキで絞められたようなどと表現する人もいます。

肩や首の緊張が起こる原因は、長時間、同じ作業している、

うつむいている、車の運転ななどの身体的なストレスと、心理ストレスです。

 

身体的なストレスの場合は、こまめにストレッチをしたり、

身体を温めるなどして筋肉の緊張をほぐしてあげましょう。

 

心理的ストレスの場合、そのストレスの原因を解決してしまうのが一番ですが、

人間関係であったり、仕事上の悩みであったり簡単に解決できないものが多いですね。

 

ですので、ゆっくりお風呂につかる、軽い運動をするなど、

ご自身に合った方法でストレスの発散をしましょう。

 


Sponsored Link


 

左の頭が痛い時は?

 

左側だけ痛む場合、考えるのは先にあげた、片(偏)頭痛、緊張型頭痛の2つと群発頭痛です。

片(偏)頭痛、緊張型頭痛の場合、先ほど紹介した痛みが左側だけで起こっている場合もあります。

 

そして、もう一つが群発頭痛です。

20代から40代の男性に多く、左右どちらかの目の奥の

血管が拡張して炎症が起きてしまっているのが原因です。

 

毎日、同じような時間になると痛みだすのも特徴の一つで、かなり激しい痛みのようです。

あまりの痛さに目を壁に打ち付けたというエピソードが掲示板で紹介されていました。

 

目の奥の血管が拡張する原因などは、分かってはいません。

また、群発頭痛は一度治っても、また半年から数年後に発症してしまうことが多いそうです。

一度、発症したことのある人は注意しましょう。

 

 

自宅で出来る対処法?

 

片頭痛、群発頭痛が考えられる場合、どちらも血管の拡張で

痛みが発生しているので、温めることが厳禁です。

 

さらに痛みを強くしてしまう結果となります。

入浴も避けて、温めのシャワーなどでサッと済ませましょう。

 

どちらも、頭痛の症状が出てからでは頭痛薬が効かないことも多いです。

ですので、なるべく安静にして痛みが治まるのを待ちましょう。

 

緊張型頭痛の場合は、筋肉の緊張が原因です。

他の2つの機能性頭痛とは違って温めることが有効です。

 

お風呂にゆっくりと浸かる、ストレッチ、軽い運動を

するなどして筋肉の緊張をほぐしてあげましょう。

 

 

まとめ

頭痛って原因の分からないものがほとんどだと言います。

ですが、原因が分からないことほど不安にもなりますね。

 

何度もくり返すことも多いので、普段と痛み方が違う、痛みが長引いている、などの場合は、

もしかすると他の病気の場合もありますので、一度、病院を受診しましょう。