頭痛と一言で言っても、さまざまな原因や症状があります。

病気や二日酔いなどの原因がはっきり分かるものもありますが、

頭痛の約80%は原因が分からないとも言われています。

 

その原因が分からないと言われている頭痛は、大きく分けて「片(偏)頭痛」

「群発頭痛」「緊張型頭痛」の3つのタイプがあると言われています。

 

私も時々、片頭痛の症状が出て辛い思いをしていますが、初めて経験した時は、

脈打つように痛むために、脳の悪い病気ではないか?ととても不安に思ってしまいました。

 

あまりの痛みに病院を受診しましたが、何らかの原因で頭の中の血管が広がり、

神経を圧迫して痛みが出ているのだと、教えてもらいました。

 

その他にも、頭痛が起きる原因はさまざまあり、肉体的ストレス、

精神的ストレスも頭痛を引き起こす原因だと言われています。

 

そんな頭痛に悩んでいる方の中には、夕方や夜になると

痛みがひどくなるという症状に悩んでいる方がいるそうです。

今回は、夜になると頭痛が起こる場合について調べてみることにしました。


Sponsored Link


夜になると頭痛が起こるのは?

 

夕方や夜になると頭痛が起こる場合、一番、考えられるのが「緊張型頭痛」です。

頭全体が締められるような痛みが30分~7日間起こるのが、まず症状としてあげられます。

 

他には、肩や首が痛むという方やめまい、ふらつき、倦怠感などを感じる方もいるようです。

大人だけでなく、子ども、高齢者、年齢に関係なく起こります。

 

毎日頭痛を感じる慢性緊張型頭痛と、時々頭痛を感じる反復性緊張型頭痛の2つのタイプがあります。

原因となるのが、心理的ストレスと肉体的ストレスだと言われています。

 

ストレスにより全身が緊張してしまうことで、全身の血流が落ちてしまい、

頭を締め付けられるような痛みが発生してしまいます。

 


Sponsored Link


 

首から痛むのはどうして?

 

先ほども書きましたが、緊張型頭痛の原因はストレスです。

ストレスというと心理的なものを連想する場合が多いですが、肉体的なストレスもあります。

 

長時間にわたり、同じ体勢をしている、パソコン作業、

うつむいたままの作業、車の運転などで起こります。

同じ作業をずっと続けていると、首コリや肩コリなどが起こります。

 

そのために筋肉内の血流が落ちてしまい、首や肩の痛みと頭痛を誘発してしまうのです。

夕方や夜になって、頭痛が起こる場合、仕事で長時間一日中

同じ作業していると、肩や首に疲れが蓄積していることが原因です。

 

また心理的ストレスも筋肉を緊張させてしまいます。

ですので、まずは筋肉の緊張をほぐしてあげることで、

痛みを和らげたり症状を抑えることができます。

 

仕事でずっと同じ作業を続けている場合は、適度に肩や首を

ほぐしてあげるストレッチなどを取り入れましょう。

 

 

血管が拡張すると頭痛が起こるのは?

 

血管が拡張して頭痛が起きている場合に考えられるのが、片(偏)頭痛です。

ズキンズキンを脈打つような痛みが起こり、時には起き上がれないほどの痛みに襲われます。

 

血管が拡張してしまう原因は、ストレスや飲酒などさまざまなものがあります。

脳の血管が拡張してしまうと、三叉神経を圧迫してしまいます。

 

この三叉神経が圧迫されると、痛みの原因となる神経ペプチドが放出されます。

神経ペプチドが放出されると、血管の周りに炎症が起き、さらに血管が

拡張してしまい、ますます三叉神経を圧迫してしまうという悪循環が起こります。

 

頭痛が長くなると、さらに痛みを誘発してしまうということが起きてしまいます。

痛み止めを飲んだり、安静するなど早めに対処しましょう。

 

 

まとめ

我慢できる程度の痛みであっても、頭痛があると不快なものですね。

 

頭痛は、市販の鎮痛剤などでも対処できますが、月に何度も

薬を服用していると、薬が原因でも頭痛が起きてしまいます。

 

ですので、頭痛が連続している場合は、一度、医師に相談しましょう。