夜になって寝ようと思って横になると、なんだか足が痛い…なんてことはありませんか?

足を動かしていない、横になった時や寝てる時に限って

足が痛いと感じるのはどんな原因が潜んでいるのでしょう。

 

また、朝になってベッドから起きると足が痛むのも、

良くない病気が隠れているかも知れません。

 

横になった時、寝てる時、起きた時と時間帯や行動によって

変わる足の痛みについてまとめました。


Sponsored Link


横になると足が痛い時は?

 

一日の終わり、眠るためにベッドに入ってしばらくしたら足に違和感や

痛みが出るとき、どのような病気の症状と考えられるでしょうか。

 

足を休めているのに痛みがある場合に考えられるのは、立ち仕事などで静脈に

負担がかかって下半身に症状が出る「下肢静脈瘤」が挙げられます。

 

下肢静脈瘤は立ち仕事や陸上競技などで足を酷使する人によく現れる病気のひとつで、

膝下からふくらはぎにミミズ腫れやクモの巣状に血管が浮き出ることが特徴的な症状です。

 

長時間の立ち仕事や足を強く使うことで、静脈の内側にある血液の逆流を防止する

弁が弱くなったり壊れてしまい血管が太く蛇行してしまうのです。

 

静脈瘤は日中動いているときは比較的に痛みや違和感は出てこないのですが、

足を止めて休んでいると急な血流の変化で痛みやしびれを感じるようになるのです。

 

または、足に血管が一切浮き出ていないのに数週間もの長い間、足のだるさや重さから

痛みが出た場合は下肢静脈瘤ではなく「むずむず足症候群(通称RLS)」の可能性もあります。

 

むずむず足症候群は脳の神経細胞の異常が原因の場合と、鉄分不足が原因の場合があります。

鉄分不足が原因の場合は若い女性に起こりやすく、サプリメントや

栄養バランスの取れた食事で多くの症状が改善します。

 

脳の神経細胞の異常が原因の場合は、脳内物質と自律神経のバランスが

崩れて手足のしびれや痛み、刺激に対して敏感になります。

 

特に交感神経のバランスが崩れることによって、

体が寝入る体勢に入った頃に症状を強く感じてしまうのです。

 


Sponsored Link


 

寝てる時の足の痛みは何故起こるの?

 

横になったときではなく、寝ているときに痛みを感じて目が覚めてしまうような

痛みがあるような場合は、どんな病気が挙げられるでしょうか。

 

もちろん下肢静脈瘤やむずむず足症候群でも寝ている間の痛みは

ありますが、ほかにも「痛風」や「糖尿病」も疑われますね。

 

尿酸値が高過ぎることによって関節が炎症を起こす痛風は、多くの人が足の親指の付け根に

炎症を起こし、痛みが出るタイミングは日中から就寝中までいつでも起こりうるのです。

 

突然の痛みに驚いていても、数日経つと痛みが治まり1週間もすれば違和感や腫れ・しびれも

落ち着いてしまう痛風は、時に別の病気や怪我と勘違いをして放っておいてしまうことが多いので、

強い痛みを感じたらすぐに落ち着いたとしても早急に検査をおすすめします。

 

糖尿病は、血糖値が高過ぎることによって

血管や周囲の神経が傷付き痛みが現れます。

 

神経自体が傷ついているので痛みはいつでも起こりうるのですが、

寝ているときに手足の先が冷えて痛みが起きることがあるのです。

 

また、病気ではなく寝ているときの姿勢や

寝返り不足が原因で足が痛くなることがあります。

 

横向きやうつ伏せで寝ていると、寝返りする回数も少なく体の片方ばかり

体重がかかって血流が悪くなり、寝ている間に痛みやしびれを引き起こすのです。

 

数分から十数分程度で落ち着く痛みのときは、

姿勢や寝返りを気にしてみるといいでしょう。

 

 

起きると足が痛くなる原因は?

 

横になったり寝ているときに痛まないのに、朝起きて足が痛いとなると

原因はどんなものがあるのか疑問に思いますね。

 

朝起きて一歩目が痛いときは、まず「足底筋膜炎」が疑われます。

足底筋膜炎は足の裏全体に広がる筋肉と膜が炎症を、最初に体重がかかる

歩き始めが一番痛く、二歩目三歩目と少しづつ痛みが落ち着いてきます。

 

足を酷使したときや合わない靴を履いていたときに特に起こる炎症で、痛みやしびれが

起きるとについ冷シップやコールドスプレーでアイシングをしてしまいがちですが、

足底筋膜炎の場合は冷やすと逆効果になってしまうので、蒸しタオルや足湯での温め治療が最適です。

 

ほかにも足の親指や小指の形が変形して足が痛む「外反母趾」ないし

「内反小趾(ないはんしょうし)」も、起きてすぐ動いたときに痛みを感じてしまいます。

 

指の付け根の骨が、隣に合う人差し指や薬指に寄りかかるように変形してしまう外反母趾や

内反小趾は、多くの場合曲がっている指の付け根に体重や圧力がかかると

とても強い痛みを感じるので、足底筋膜炎と同じように一歩目がとても辛いのです。

 

足底筋膜炎も外反母趾も、正しくない姿勢や合わない靴が足に負担をかけていることが

原因の中でも多くを占めていますので、歩き方や靴のサイズや

形を見直すことによって症状が落ち着くことがよくあります。

 

 

まとめ

横になったときに足が痛むときは、下肢静脈瘤やむずむず足症候群の可能性があります。

寝ているときの痛みには、痛風や糖尿病の症状が表れていることや、

寝ているときの体勢の悪さが疑われます。

 

起きると足が痛くなる原因は足底筋膜炎や外反母趾・内反小趾があり、

歩き方や合わない靴で足が疲れているのかもしれません。