朝起きて家の中を歩いていると、足の指の付け根や足の裏側が痛いときはありませんか?

椅子に座っていたり寝ていると痛まないのに、歩いているときだけ

足の指の付け根が痛いのには、どのような原因があるのでしょうか。

 

全身の体重を支える足の裏には常に大きな負担がかかりさまざまな症状が現れます。

歩くと痛い足の指の付け根が痛いときや足の裏側の痛みが症状である病気を調べました。


Sponsored Link


歩くと足の指の付け根が痛い場合は?

 

座ったり寝ていたりと静かにしていると痛まないのに、歩いたり立っていると、

足の指の付け根が痛いときは、どのような病気が考えられるのでしょうか。

 

足の指の付け根が痛む病気としては、親指の骨が変形して痛む「外反母趾」と、

足の裏にある種子骨が炎症を起こしてしまう「種子骨炎」が多く挙げられます。

 

知名度が高い外反母趾は症状を知っている人も多いかと思いますが、

親指の付け根の骨が人差し指側に曲がってしまう病気です。

 

出典:ashinoonayami.com/

 

足の指の付け根だけでなく、時には土踏まずにも痛みが出る外反母趾は、

主に歩き方や立ち方が不自然であったり無理な力がかかると起こるようです。

 

よく高いハイヒールや足の幅に合わない靴を履いて発症することが多いので、

女性がなりやすい病気に思われがちですが、サイズが合わなかったり

硬すぎる革靴を履くことによって、子供や男性も十分に起こりうる病気です。

 

また、靴だけでなく運動不足によって足の裏の筋力が下がったり、

元々足の骨の形が外反母趾などになりやすい関節の形の場合もあります。

 

足の形が変形していないのに親指の付け根やその周囲に痛みがあるときに

疑われる種子骨炎は、親指の付け根にある骨が炎症を起こす病気です。

 

出典:shinoonayami.com/

 

 

種子骨炎も外反母趾と同じく歩き方や立ち方が悪いと起こりやすい病気で、

特に種子骨は足の裏の中でももっとも表面に近いところにある骨なだけに

歩いたときやジャンプをしたときの衝撃が一番に伝わる場所なのです。

 

バレーボールやバスケットボール、陸上競技を頻繁に

楽しんでいる人に多い病気とも言われています。

 


Sponsored Link


 

歩くと裏側が痛い場合は?

歩くと足の指の付け根だけでなく足の裏側が痛くなってしまうときは、

外反母趾や種子骨炎以外にはどのような病気が挙げられるのでしょうか。

 

足の裏側が痛くなると聞いて挙げられる病気は、足の裏の筋肉と膜が炎症を起こす

「足底筋膜炎」か、足の骨と筋肉のバランスが崩れてしまっている「偏平足」があります。

 

足底筋膜炎(または足底腱膜炎)はその名の通りに足の裏にある

足低筋膜が炎症を起こして硬くなってしまっている病気です。

 

出典:sangen-do.com/

 

足底筋膜症は炎症とは言いますが、筋肉だけの炎症と違い筋肉を包む膜も炎症を起こして

硬くなっているために、普通の炎症の治療である冷却がかえって症状を悪化させてしまうのです。

 

冷やしても足の裏の痛みが取れないときは、

反対に温シップや足湯などで温めてみると変わるかもしれません。

また、足底筋膜症に似ている症状が出るもので偏平足の可能性もあります。

 

偏平足はかかと・親指の付け根・薬指と小指の付け根の3点のバランスが崩れて、

土踏まずのところにある筋や筋肉が下がってしまう病気です。

 

足底筋膜炎も偏平足も、元々の足の形が多少影響はするものの、多くの原因は大きさや

高さの合っていない靴や無理な運動、間違った歩き方にあるとされており、

反対に靴や歩き方を変えると症状が変わるといいます。

 

 

親指の付け根が痛いのは大丈夫なの?

 

歩いていなくとも足の指、特に親指の付け根が痛いときはどのような病気があるのでしょう。

外反母趾や種子骨炎も同じように親指の付け根が痛みますが、足を休めていると痛みは落ち着きます。

 

どんなときでも痛みがあるときは、「痛風」か「糖尿病」の症状が挙げられます。

痛風は足の関節が痛む病気と有名で、特に足の親指に発症することが多く、

一説によれば80%もの患者さんが足の親指に痛みがある、またはあったと言います。

 

血液中の成分のひとつ、尿酸値が高すぎると発症する痛風の症状が、

なぜ足の親指に起こりやすいのかはいまだ不明ですが、

親指の付け根が痛いときは痛風がまず疑われるでしょう。

 

もうひとつ多いのが、糖尿病の合併症として起こる糖尿病性神経障害に可能性もあります。

糖尿病は痛風と同じように、血液の中にある成分の血糖値が高すぎることによっておこる症状で、

血糖値が高い状態が続いていると血管や神経が痛んでしまうのが糖尿病性神経障害の原因です。

 

糖尿病で起こる足の痛みは、主に症状がある程度進んでから現れ、初期症状は

無痛で足や足の裏の違和感だけということが多いため、なかなか気付きにくい病気です。

 

痛風も糖尿病も、専門の病院で治療を受けなくては悪化するばかりの病気です。

突然の足の親指の付け根に痛みを感じたら、すぐに病院で診察を受けましょう。

 

 

まとめ

歩くと足の指の付け根が痛むときは、外反母趾や種子骨炎が疑われます。

歩いたときに指の付け根だけでなく、足の裏側が痛いのであれば、足底筋膜炎や偏平足かもしれません。

 

反対に歩かなくても足の指の付け根が痛いときは、痛風や糖尿病の可能性が出てきます。