人は年齢を重ねていくと、体のあらゆる所が痛くなったり、

動かなくなったりと違和感を感じることが多くなってきます。

 

背中が曲がってしまったり、関節が痛くなったり、外反母趾といって足が変形してしまったり。

また、痛風や糖尿病など、生活習慣から様々な病気の症状が出てしまう事も少なくはありません。

 

そんな中でも、特にお年寄りで気をつけて早めに気づきたいのは、足のむくみです。

実はこの足のむくみはあらゆる病気のサインかもしれません。

今回は、老人の足のむくみについてまとめてみました。


Sponsored Link


足のむくみの原因は何なの?

 

一般的に足のむくんでいるという状態は、体の中の血液や水分が

上手く循環せずに、水分が溜まってしまっている状態の事をいいます。

 

長時間立ちっぱなしや、長時間のデスクワークなどで、靴がキツクなった!

という経験をしたことがあるかたはいらっしゃいませんか?

 

その原因もむくみなのです。

その他にも、足の筋肉は本来、収縮することで、ポンプ機能を果たし、血液を循環させています。

 

ですが、運動不足によって筋力が低下してしまうと、そのポンプ機能が上手く働いてくれませんので、

上手く循環されずに、足に水分が溜まり、むくんでしまうこともあります。

 

足のポンプ機能が上手く働かないということは、足先の血管まで血液が流れにくいということでもあります。

よって、冷え性などの血行不良をおこしてしまう可能性もあるのです。

 

その他にも、塩分や水分のとりすぎもむくみの原因になってしまう事がありますので注意しましょう。

またお年寄りの場合は、年齢が若い方に比べると、運動量ももちろん減ってしまいます。

 

どうしても運動不足になりがちで、からだのポンプ機能が上手く働かなくなってしまう事も少なくありません。

足腰が弱くなると、どうしても車いすでの生活になってしまいがちで、

若い方よりも圧倒的にむくみやすくなってしまうのです。

 


Sponsored Link


 

老人の場合に考えられる病気はある?

 

運動不足でむくんでしまうこともありますが、

老人の足のむくみには、病気のサインとなるものもあります。

 

まず、腎臓の病気が疑われます。

老廃物など、必要のない水分が上手く排泄出来ずに、体内に溜まってしまうという病気です。

 

初期症状として足のふくらはぎのむくみがあります。

さらに悪化すると、足だけで無く、顔がむくむこともあります。

 

そして重症化してくると、むくみだけではなく、

体内で尿を作れなくなってしまうので、排泄の回数が減ってきます。

 

そのままにしておいてしまうと、尿毒症という危険な状態に陥ってしまうこともあります。

その他にも恐ろしい病気の可能性があります。

 

心不全のサインとしてもむくみがあげられています。

心不全とは心臓が上手く機能しなくなる恐ろしい病気です。

 

心臓が血液をきちんと送り出せなくなってしまう病気です。

下半身にむくみがでたり、体のだるさなどが心不全の主なサインと言われています。

 

 

足のむくみ解消法は?

 

むくみの解消法は運動をすることが良いとされていますが、

お年寄りの方に運動をしましょう!というのはなかなか難しいと思います。

 

スロートレーニングのヨガがオススメです。

ヨガであれば無理なく自分のペースで下半身の運動をすることができます。

 

血液をしっかりと流してあげるには、筋肉を柔らかくすることが大切です。

硬い筋肉だと老廃物が溜まりやすくなってしまうのです。

 

ヨガが難しければ、しっかりとマッサージしてあげるようにしましょう。

血液を流してあげることが一番大切です。

 

 

まとめ

足のむくみについてまとめてみましたがいかがでしたでしょうか?

 

特にお年寄りの足のむくみには、恐ろしい病気のサインが隠されていることもありますので、

身の回りにお年寄りがいるという方は、しっかりと観察しておいてあげるようにしましょう。

 

年齢を重ねると、少し動くのも億劫になってしまいがちです。

一緒に散歩に行こう!などと声かけをしてあげたり、少しでも運動ができるように促してあげることも大切でしょう。