高齢者になると、どうしても若いうちと比べて足のむくみが頻繁に出来てしまいますね。

昔はもっと立っていられたのに、歩けていたのにと思われる人はとても多いことでしょう。

 

どうして高齢者は足がむくみやすい?

足だけでなく足の甲にもむくみがあるのはなぜ?

高齢者の足のむくみを取るのに良い方法は?

 

気付いたときには出来ている足のむくみについて調べてみました。


Sponsored Link


年を取ってくると足がむくみやすくなるの?

 

年齢を重ねるごとに、多少の個人差はありますが若いときよりも足が

むくみやすくなっていると思う人は少なくありませんね。

なぜ、高齢になると足のむくみが出来やすくなるのでしょうか。

 

むくみが出来る原因は、「足の筋力の低下・体の冷え・栄養のバランスの崩れ・

腎臓や甲状腺などの病気」が主なものです。

 

腎臓や甲状腺の病気のひと症状ですと病院で専門の治療をしなくてはいけませんが、

内臓の異常がないときのむくみは前三つの生活習慣が多くの原因になって起きています。

 

若いころは体力や筋力自体があったために、生活習慣が多少乱れていてもどうにか

カバー出来てたものの、高齢になって基礎的な体力や筋力が落ちてきて

乱れをカバーしきれずに症状が出てくるのです。

 

むくみは正しくは「浮腫(ふしゅ)」と言い、全身に巡っている血液やリンパ液が

老廃物や余分な水分を回収しきれずにその場に残ってしまい、

その水分で膨れ上がった状態を指します。

 

血管やリンパ腺が老廃物や余分な水分を十分に回収するためには、周囲の筋肉が活発に動いて

流れをサポートしなければいけないのですが、高齢になって足の筋肉が落ちていると

常に十分な回収が出来ずにむくみが続いてしまうのです。

 

また、高齢者になるとどうしても食べられなかったり苦手になる食べ物が増え、

栄養のバランスが崩れてしまうと体が冷えてしまい、体が冷えると筋肉の動きは鈍くなります。

老化が原因なので、むくみが増えること自体は避けられないことなのですね。

 


Sponsored Link


 

足の甲のむくみは何故起きるの?

 

むくみが出来るとき、足のふくらはぎに出ることが多いのですが、

足首の先から指の付け根までの足の甲の部分にむくみが出る通称

「クリームパン足」が出来ることがあるのはご存知でしょうか。

 

足の甲がむくむのには、足の甲の筋肉が凝っている場合と、ふくらはぎのむくみがひどくなり

足の甲にまでむくみが広がっている場合と、病気が原因の場合があります。

 

足の甲は指を動かす「固有筋」という筋肉がありますが、特に高齢者は歩くことが

減って足の指を動かさなくないますので筋肉が衰えやすいためです。

 

また、単純に筋力の低下や栄養のバランスが崩れていてるのならば生活習慣を

直すことで改善されるかと思いますが、病気の場合は症状にあった治療をしなければいけません。

 

足の甲にむくみがでるような病気の場合は、腎臓の機能が低下してしまう「ネフローゼ症候群」、

更年期障害でよく名前が挙がる「甲状腺機能低下症」、立ち仕事を長くしていた人に多い

「下肢静脈瘤」が疑われることが多いでしょう。

 

ネフローゼ症候群は腎臓の機能が低下する病気で、足から始まり最終的には全身に

むくみが出る・尿の排出が悪くなる・高血圧になる・疲れやすくなるという症状が出てきます。

 

甲状腺機能低下症は、喉にある免疫や代謝などのホルモンを司っている甲状腺の機能が

落ちてむくみやだるさ、無気力が主な症状です。

 

下肢静脈瘤は足の中でもひざから下に出来る静脈瘤で、特に立ち仕事や足を酷使する

スポーツを行っていた人がなりやすい傾向にあり、足のむくみだけでなく痛みを感じる人もいます。

 

 

高齢者の足のむくみ解消法は?

高齢者の場合、多くは運動量や筋力の低下、体の冷えが原因ですので、

適度なストレッチやマッサージを行うことによってむくみ解消が期待出来ます。

 

簡単に出来るストレッチとして、ヨガにある「鷲のポーズ」が

ふくらはぎの血流の活性化につながります。

 

出典:health-to-you.jp/

 

片方のひざを外に出すように曲げ、もう一方をひざを立てて座ります。

ひざを立てたほうの足の裏に両手を回して、掬い上げるように足を上に伸ばします。

 

手が伸びないようならば、手を入れるところをタオルで代用してもOKです。

もうひとつやりやすいストレッチで「椅子のポーズ」も手軽に出来てふくらはぎを動かせます。

 

出典:health-to-you.jp/

 

足を腰幅程度に開いてまっすぐに立ち、両手は肩の高さで正面に伸ばすか壁について体勢を作ります。

次にかかとを上げて息を吸い、ゆっくりひざを曲げながら息を吐きます。

 

曲げられたら今度は息を吸いながら最初に体勢に戻っていきます。

椅子のポーズは見た目以上にバランスを必要とするストレッチですので、

体勢を作って辛いときは中止してください。

 

また、足のリンパ腺を刺激するようなマッサージの動画をひとつご紹介しますので、参考にしてください。

 

 

動画ではお若い人がやっているためにやや強めに揉んだりしていますので、

高齢者の人が行うときは少し力を弱めるといいでしょう。

 

むくみは体に悪影響を及ぼす症状ですが、ストレッチやマッサージを無理をして

行うと怪我の元になりますので注意して行いましょう。

 

 

まとめ

年を取って足のむくみが出やすくなるのは、加齢によって筋力が低下していたり

生活習慣の乱れが体に出てくるためです。

 

足の甲のむくみは足の指を動かす固有筋が固まっていたり、

ネフローゼ症候群や甲状腺機能低下症などの多くの原因が考えられます。

 

足のむくみ解消にはヨガのストレッチや、リンパ腺を刺激するマッサージが有効です。