夏は特に汗をたくさんかくので、体臭にお悩みの方は多いと思います。

中でも一日中蒸れている靴。

 

雑菌がどんどん繁殖し、キツい足の臭いは特に

悩みのタネという方は多いのではないでしょうか。

 

お風呂でしっかり洗っているはずなのに、何故臭いがなくならないの?

足の臭いを取るためにはどうすればいいの?と悩みますよね。

 

足の臭いを予防する商品も、クリームタイプやスプレータイプなど様々です。

中でもオススメの石鹸などがあれば気になりますよね。

 

今回は臭いの対策はもちろんですが、その他にも臭いの

原因や足の臭いの治し方についてまとめてみました。


Sponsored Link


足はなんで臭いがするの?

足の臭いの原因はなんなの?!と悩んでいらっしゃる方も多いでしょう。

まずは、臭いの原因をつきとめましょう。

 

足の裏にはエクリン腺というものが集中しており、足の裏は特にたくさん汗を各部分なのです。

この足の汗が臭い!と思っているかたもいらっしゃるかもしれませんが、実は足の汗は無臭なのです。

 

しかし足の裏の雑菌、バクテリアが好む垢が足の裏にはたくさんあります。

足の裏の皮膚は厚く、皮膚が剥がれ落ちやすいのです。

 

それが垢となり、雑菌などのエサとなるために繁殖してしますのです。

そして、そこに汗が混ざることで独特のあの嫌な臭いを発してしまうというわけです。

 

その他にも臭いの原因の一つとしてストレスがあげられます。

精神性発汗といい、緊張やストレスなどで手のひら、足の裏に汗をたくさんかいてしまうことがあります。

 

これらが原因で臭いが気になることもあると言われています。

 


Sponsored Link


 

足の臭いの治し方はある?

 

まずはちゃんとした洗い方を身につけましょう。

ボディソープでごしごし洗って洗い流しておしまい。

 

という方も多いと思いますが、それでは汚れはしっかりと落とすことはできません。

まずは、湯船に浸かるか、足湯をしてしっかりと皮膚を柔らかくしましょう。

 

皮膚をやわらかくすることで汚れもおちやすくなります。

3分以上お湯につけることをオススメします。

 

皮膚が柔らかくなったら洗っていきましょう。

石鹸やボディソープなどをしっかりと泡立てます。

 

泡立てたら、手で指の間や爪の間をしっかりと念入りに洗っていきましょう。

そして足の裏やかかとも洗い、泡を流したらタオルで拭き水分を拭き取ります。

 

水分がなくなり、しっかりと乾燥するまでスリッパなどを履かないようにすると尚良いでしょう。

また靴をしっかりと消臭、除菌することも大切です。

 

足の裏の汗はもちろん靴にもしみこんでいます。

一日履いた靴は除菌スプレーをするなどしてしっかりと清潔を保ちましょう。

 

代えの靴がある場合には一日履いた靴は休ませて、

湿気がとれるまではかないようにする方がよいでしょう。

同じ靴をはき続けると、臭いの原因になる場合もありますので注意しましょう。

 

 

オススメの石鹸は?

足の臭い対策にオススメの石鹸を選ぶポイントは消臭や殺菌成分があるかどうかということです。

 

天然成分であれば尚良いです。

オススメの石鹸は「渋柿石鹸」です。

 

渋柿には柿タンニンという成分が含まれており、防腐、防虫、消臭、殺菌効果があると言われています。

天然成分でできているので、家族みんなで安心して使うこともできますね。

 

この渋柿石鹸は薬用なので、臭いの原因菌をしっかりと殺菌してくれ、高い効果が期待されています。

実際使用した方からも高い評価が多く、長年愛用している方も多いようです。

 

 

まとめ

足の臭いについてまとめてみましたがいかがでしたか?

是非臭いが気になるという方は実践をしてみてください。

 

足の裏は特に汗をかきやすい場所でもありますので、しっかりと清潔を保つことが大切です。

夏場だけでなく、冬場も実はたくさんの汗をかいています。

 

お風呂でしっかりと汚れを落として、臭いの対策をしておくことをオススメします。