人の口の中にできる「臭い玉」という物を知っていますか?
臭い玉という名前の通り、口の中に出来るとものすごい異臭を放ちます。

 

臭い玉は、扁桃腺付近のくぼみにできると言われています。
主に、細菌や、白血球の死骸、食べ物のたべかすが固まったものです。

よって、口臭に悩まされているという方も多いようです。

 

この臭い玉、とにかく臭いです。
どんな臭いかと言うと、下水の臭いやドブの臭い、

残飯の腐った臭いなどと例えられています。

 

臭いの例えは様々ですが、はっきりと言えるのはものすごく臭いということです。

 

なぜこの臭い玉がそのような強烈な臭いを発するのか?
臭い玉がない人はいるのか?取り方はあるのか?

 

など今回はそのような疑問点をいくつかまとめてみました。


Sponsored Link


なぜ臭い玉は臭いを発するの?

 

臭い玉とは、白血球の死骸や、細菌、たべかすなどが集まってできたもので、
別名を膿栓(のうせん)や、扁桃栓子(へんとうせんし)などとも呼ばれています。

 

このように、白血球の死骸や細菌の死骸などの集まりなので、

それが腐っていくので酷い臭いを発しているということです。

 

そして、腐っている臭い玉には、更に細菌が

繁殖していきますので、それも臭いの原因となります。

 


Sponsored Link


 

臭い玉の取り方はどうすればいい?

 

喉の両脇の口蓋扁桃という部分と、喉の上側にある咽頭扁桃の咽窩(いんか)という部分には、
窪みがあり、その窪み部分に臭い玉ができます。

 

口を大きく開けて、鏡でチェックをしてみましょう。
喉の扁桃腺の周りに白っぽいものがあれば、それは臭い玉の可能性があります。

 

すぐに綿棒などで触ったり、取ってしまいたくなるかも

しれませんが、それだけは絶対にしてはいけません。

 

扁桃線はとてもデリケートなので、

少し触れただけでも傷つけてしまう場合もあります。

 

まずは、ガラガラうがいをしましょう。
上手くいけば、うがいをするだけで臭い玉が綺麗にとれることもあります。

 

また、うがいを習慣づけておくと、臭い玉ができるのを防ぐこともできますのでオススメです。

自分で取れない場合、どうしても気になる場合は耳鼻咽喉科へ行きとってもらうようにしましょう。

 

 

臭い玉がある人とない人の違いは?

 

実は臭い玉もできやすい人と、できにくい人がいます。
まず一つ目の違いは、唾液の量です。

 

一般的に、唾液の分泌量が多い方は、臭い玉ができにくいと言われています。
唾液には、抗菌作用があるためです。

 

唾液により、細菌や異物などが洗い流されるからと言われています。

口の中が乾燥していると臭い玉ができやすいということです。

 

また、鼻炎や副鼻腔炎になっている方は要注意です。

それが原因で臭い玉が出来ることもあります。

特に副鼻腔炎は、膿が喉にたれてくる後鼻漏から、喉に菌が増えます。

 

そうすると臭い玉ができる原因になります。

この後鼻漏は副鼻腔炎だけでなく、風邪やアレルギー性の鼻炎など

でもなる可能性がありますので、注意しましょう。

 

のように、鼻水にウイルスが含まれている場合には臭い玉の原因になることが多いです。

 

 

まとめ

臭い玉についてまとめてみましたが、いかがでしたか?
口臭に悩んでいる方は是非参考にしてみてください。

 

鼻炎や副鼻腔炎が原因で臭い玉ができてしまった場合には、根本の病気を改善しなければ
臭い玉はなくなりません。しっかりと耳鼻科へ行き診察をしてもらいましょう。

 

臭い玉が気になるからといって、自分で無理矢理取ることは絶対にやめましょう。
喉を傷つけてしまう場合もあります。

 

自分でできる対処法でオススメなのは、ガラガラうがいをすることです。
このガラガラうがいをすることで、綺麗に臭い玉がポロっと取れる場合もあります。

 

うがいは臭い玉ができるのを防ぐ効果もありますので、是非実践してみてください。

また、中には、くしゃみや咳をした時に、一緒に臭い玉が出てきた!という方もいます。

 

どうしても気になって取りたいという方は、

耳鼻咽喉科へ行き、医師に相談をするようにしましょう。