鼻を噛んだ瞬間!耳に激痛が・・・。

なんて経験をした事がある方はいらっしゃいますか?

 

鼻と耳は繋がっていて、密接な完成にある為に鼻が詰まって

耳が痛くなったという事も少なくはないのです。

 

この耳の痛みの原因は何なのでしょうか?

今回は、鼻を噛む事で生じる耳の痛みや、鼻づまりによって耳が

詰まって痛みが生じる場合の原因や対処法についてまとめてみました。

 

耳が痛い方は是非参考になさってください。


Sponsored Link


鼻を噛むと耳が痛くなるのはなんで?

 

鼻を噛むと耳が痛いという方は、鼻の噛みすぎや

鼻の噛み方が良くない場合があります。

鼻を勢いよく強く噛む癖がある方は要注意です。

 

鼻を強く噛みすぎると、中耳に圧力がかかってしまうので

耳に鼻水が入り込んでしまう事があります。

 

そうすると、中耳炎を引き起こしてしまう事も。

その中耳炎によって耳が痛くなってしまいます。

 

鼻を噛む時には、一気に出してしまいたいかもしれませんが、

「ゆっくり優しく」を意識して噛むようにしてくださいね。

 

鼻の噛みすぎも同様に中耳炎になってしまう事がありますので十分に注意しましょう。

特に上手に鼻をかめない小さな子供は知らぬ間に中耳炎になってしまっていたという事も。

 

中耳炎が悪化してしまうと、耳の痛みに加え、

耳だれや発熱などの症状がでてしまう事があります。

 

そのような症状がみられた場合には、

早めに耳鼻咽喉科を受診する事をオススメします。

 

中耳炎はきちんと完治していないと、風邪を引く度、鼻を噛む度に何度も何度も

中耳炎になってしまう、慢性中耳炎を引き起こしてしまう可能性もあります。

きちんと耳鼻咽喉科で処置をしてもらうと良いでしょう。

 


Sponsored Link


 

鼻が詰まって耳が痛いときはどうすればいい?

 

鼻が詰まってしまうと、空気の通り道がなくなってしまいます。

その空気の通り道が塞がれてしまう事によって圧が

かかってしまい、耳に痛みが出てしまうという仕組みです。

 

耳、鼻、口は全て繋がっているので、

鼻づまりを長い間放置してしまう事で最悪の場合、

圧がかかることによって鼓膜が破れてしまう事も。

 

そうすると耳に痛みが生じるのは当然ですよね。

 

 

鼻づまりを簡単に治す方法は?

 

鼻づまりは息苦しくて、夜も寝るときによく眠れないという事も。

そんな厄介な鼻づまりをスッキリ解消できる方法があれば知りたいものですよね。

まず一つ目は、蒸しタオルやカイロなどで、鼻を温めてあげる事です。

 

蒸しタオルであれば、タオルが冷えたら取り替えるといった作業を

2、3回繰り返すと驚く程鼻の通りがよくなりますよ。

 

この時に鼻と一緒に目も温めてあげると、リラックス効果が増してさらにオススメです。

夜寝る前などに良い方法です。

 

また、その他にも脇の下に500mlのペットボトルを挟む事で

鼻づまりを解消するという方法もありますよ。

 

えっ?何故ペットボトルを?と思うかもしれませんが、脇にペットボトルを

挟むことで、脇の下が圧迫されて交感神経が刺激されるのです。

 

血管が収縮することで鼻づまりを解消する事ができるそうです。

本当かな?と思っている方は是非一度試してみてくださいね。

 

 

まとめ

鼻づまりや鼻を噛むことによって生じる耳の痛みに

ついてまとめてみましたがいかがでしたでしょうか?

 

特に鼻炎やアレルギー症状などがある方は鼻づまりに悩まされる事が多いと思います。

鼻づまりを長期間放っておくと、耳に影響がでてしまう事もありますので、早めの対処をオススメします。

 

また、鼻づまりで息苦しかったり、寝苦しい日々を過ごしているという方は、是非解消法を試してみてくださいね。

蒸しタオルを使った方法は、鼻だけでなく、目も一緒に温めてあげる事でリラックス効果も期待できます。

 

特に一日中パソコンの仕事をしている方や、スマートフォンを使用している時間が長いという方にはオススメです。

しっかりと目のケアもしてあげましょう。

 

また、鼻づまりが無くなっても耳の痛みがなくならないという方は、早めに病院へいく事をオススメします。