飛行機に乗った時の耳の痛みに頭を悩ませる方は多いのではないでしょうか?

気圧の変化の関係で、耳に激痛が走ってしまう事がありますが、

あの痛みをなくす事ができる薬があれば嬉しいですよね。

 

また、耳の痛みに加え、風邪を引いているという方の対処法はあるのでしょうか?

今回は、飛行機の耳の痛みの対処法についてまとめてみました。

あのキーンとする痛みにお悩みの方は是非参考になさってください。


Sponsored Link


飛行機に乗ると耳が痛くなる原因は?

 

飛行機に乗った際、離陸、着陸時に耳が痛くなる方は多いと思います。

この耳の痛みの原因は、高度が変化する事によって、耳の鼓膜の内側と外側の

気圧のバランスが崩れてしまい、耳に負荷がかかってしまう事で起こります。

 

耳が詰まっているような感じがして聞こえにくくなったり、キーンと痛みが走ったり。

酷い症状の場合は、耳鳴りやめまい、耳に激痛が走る事もあります。

 

私も一度だけ上手く耳抜きができずに、2時間近く激痛に耐えた

経験がありますが、もう二度と経験したくないと思う程の激痛でした。

 

この症状には「航空性中耳炎」という病名があり、列記とした病気なのです。

実はこの航空性中耳炎にはなりやすい人とそうでない人がいる事をご存知でしょうか?

 

また、その日の体調によっても症状が出たり出なかったりすることもあります。

航空性中耳炎になりやすい方は、感染症やアレルギー疾患を持っている人です。

 

のどや鼻にアレルギー症状や感染症を持っている方は、

耳管機能に問題がある事が多いので、症状がでやすいとされています。

 

耳はのどや鼻と繋がっているので影響してしまうのです。

また、風邪を引いていて鼻や喉に炎症がある人も要注意です。

 


Sponsored Link


 

風邪を引いている場合はどうなる?

 

上記でも少しだけお話しましたが、風邪を引いていて鼻や喉に

炎症がある方は、耳の痛みの症状が出やすい状況です。

 

何より鼻水が詰まっている状態では耳抜きが上手にできなかったり、

唾や飴をなめても効果がない事が多いです。

 

よって、風邪気味の方は航空性中耳炎になりやすい状態と言えます。

飛行機に乗るその日まで鼻づまりなどの風邪の症状が良くならない方は、

市販の薬を服用してみるのも良いでしょう。

 

鼻づまりを改善するタイプの薬を薬剤師の方に教えてもらうと良いかもしれません。

鼻の通りがよくなると、耳抜きがしやすくなりますよ。

 

 

飛行機内に持ち込める薬はある?

 

アレルギー症状など、航空性中耳炎に繋がる症状のある方は、

事前に耳鼻科などを受診して治療をしてもらったり、

薬を処方してもらっておくと安心です。

 

搭乗日までに完治ができなくとも、飛行機にのる事があると伝えれば、

医師も症状を和らげる薬を処方してくれる事があります。

事前にしっかりと医師に相談する事をオススメします。

 

また、自分が航空性中耳炎になりやすいという自覚がある方は、

搭乗の前日から抗ヒスタミン剤を服用してみるのも良いかもしれません。

 

しっかりと医師に相談し、自分に合った薬を処方してもらうようにしましょう。

そうする事で耳の痛みの予防になります。

 

 

まとめ

航空性中耳炎になってしまうと、酷い時にはかなりの激痛に加え、耳鳴りやめまいがする事も。

あの痛みは経験した方しかわからないかもしれませんが、本当に大変です。

 

旅行などで飛行機に乗っている方は、航空性中耳炎に

なってしまうと楽しい旅行も台無しになってしまいます。

 

直前に風邪を引いてしまったり、自分にアレルギー症状などがあり、

航空性中耳炎になりやすいという自覚のある方は、

事前に耳鼻咽喉科を受診する事をオススメします。

 

耳鼻咽喉科の医師に、航空性中耳炎になりやすい

体質だという事などをしっかりと伝えるようにしましょう。

炎症を抑える薬や、予防法などを教えてくれる病院もあります。

 

また、風邪を引いてしまって心配な方は、

市販の鼻づまりを改善する薬を用意しておくと良いでしょう。

 

鼻づまりの症状があると、どうしても耳抜きが上手くできずに航空性中耳炎になりやすいです。

飛行機の旅をより良いものにする為にも、事前の準備をしっかりとしておく事をオススメします。