飛行機に乗り、離陸する時や着陸の時に耳が痛い!

経験をした事がある方は多いのではないでしょうか?

 

その痛みが嫌で、飛行機に乗りたくないという方も多いですよね。

この耳の痛みは何が原因で起こっているのでしょうか?

 

その原因を知れば、痛みに対する予防策を打つことが出来ます。

今回は飛行機にまつわる耳の痛みについてまとめてみました。


Sponsored Link


飛行機の離陸や着陸時に耳が痛くなる原因!

 

この耳の痛みの原因は、気圧の変化です。

離陸をして上昇する際、下降し着陸する際に急に気圧が変わる事が主な原因です。

 

耳の鼓膜の外と内側のバランスが崩れてしまう事で耳にあの激痛が走ってしまうのですね。

急に気圧変化してしまう為に、耳の気圧の調整が追いつかずに耳が痛くなってしまいます。

 


Sponsored Link


 

乗っているだけでも耳が痛い場合はどうする?

 

中には離陸時や着陸時だけでなく、飛行機に

乗っている間ずっと耳に激痛がはしっている方も。

 

そんな方は耳抜きを試してみましょう。

耳抜きの方法は、まず指で鼻をつまみ空気が漏れないようにします。

 

そして少しずつ鼻に息を送っていきます。

すると、耳がポコっと音がして耳の痛みがなくなります。

 

この耳抜きをする事で気圧のバランスを取る事ができます。

上手に耳抜きができない方は、離陸時からこまめに耳抜きを何度もする事をオススメします。

 

気圧の差が大きくなってしまうと、上手に耳抜きができない場合があります。

少しずつ耳抜きをしておく事と良いでしょう。

 

また、どうしても耳抜きができない方にオススメなのは、何か飲み物を飲むことです。

飲み物がなければ唾を飲み込む動作でも良いです。

 

その動作をする事で、耳抜きと同じ効果を得られます。

自分で耳抜きを上手にできない小さなお子さんなどにもオススメですよ。

 

また、赤ちゃんが飛行機にのる際には、おっぱいを飲ませると

自然に耳抜きができますのでオススメです。

 

 

予防策はあるの?

 

簡単な予防策としては、離陸時や着陸前などの気圧の変化が大きくなる時に飴を舐める事です。

中でも、柑橘系や梅干し味の酸っぱい飴がオススメです。

 

唾液が多く分泌されて、その唾液を自然と飲み込む事で耳抜きと同様の効果を得られます。

また、耳の痛み対策用の耳栓もありますので、それらの耳栓を使用する事も一つの手です。

 

ただ、誰にでも効果があるというわけではありませんので

耳栓の他にも、いくつか対処法を準備しておく必要があります。

 

その他は、先ほどもお話をしましたが、水やジュースなどの飲み物を用意しておく事ですね。

耳抜きが上手にできない方は、飴や飲み物を常備しているという方が多いです。

 

 

まとめ

飛行機の離陸時や着陸時の耳の痛みについてまとめてみました。

参考になりましたでしょうか?

 

あの耳の激痛は、急激な気圧の変化によるものです。

その気圧の変化に対応する為に、こまめに耳抜きを行う必要があります。

自分で耳抜きができる方は、離陸をし始めて少しずつ耳抜きを行うようにしましょう。

 

また、上手く耳抜きができない方や、自分で耳抜きができない小さなお子さんは、

飴を舐めたり、水やジュースなど何か飲み物を飲む事で耳抜きと同じ効果を得られます。

 

気圧の差が大きくなってしまってからでは、なかなか耳抜きが上手くできずに、

飛行機にのっている間ずっと耳の激痛に耐えなくてはなりません。

 

そうならない為にも、しっかりと事前に予防をしておきましょう。

また、風邪気味の方や体調が悪い時にはいつも耳抜きができる方でも、なかなか上手くできない時があります。

 

そんな時には要注意です。飴や飲み物を用意しておくと安心ですね。

また、赤ちゃんを連れている方は、おっぱいやミルクを飲ませてあげると良いでしょう。

 

赤ちゃんが泣き出してしまうと、周りの方にも気を遣いますし、お母さんも大変です。

席に座り、離陸の準備ができた頃から飲ませ初めておくと良いでしょう。