耳の下がズキズキと痛い、酷い時には頭痛がしたり

吐き気を伴う経験をした事がある方はいらっしゃいますか?

 

耳は頭に近く、とてもデリケートな部分でもありますので

耳の炎症や症状が原因で、頭に痛みがでたりする事もあるのです。

 

これらの痛みの原因はどのような病気なのでしょうか?

今回は耳の痛みや頭痛、吐き気の原因と

治し方や対策方法などをまとめてみました。


Sponsored Link


頭痛で耳の下が痛い場合は?

 

耳の下が痛む原因はいくつか考えられますが、

まずはリンパが炎症を起こしている可能性があります。

 

耳の後ろ側にはリンパ腺があり、そのリンパ腺に

ウィルスや細菌が侵入してしまうと炎症が起きてしまいます。

 

耳の下に痛みがでたり、赤く腫れたりといった症状が見られます。

特に風邪気味の時に風邪の菌がリンパ腺に入ってしまう事が多いです。

 

次に考えられる原因は、虫歯です。

え?虫歯で耳や頭が痛くなるの?と疑問に思うかもしれますが虫歯が重症化してしまうと、

先ほどお話しをしたリンパに炎症が出てしまう事もあります。

 

虫歯菌がリンパに侵入してしまう事が原因です。

虫歯も酷くなると耳の痛みや頭痛の原因につながりますので注意しましょう。

 

虫歯が原因で他の部分に痛みがでてしまっている場合には、歯医者でしっかりと

治療してもらう事で、耳や頭の痛みは改善されていく事がほとんどです。

 


Sponsored Link


 

吐き気を伴う事もある?

 

耳の痛みに加え、頭痛や吐き気を伴う事がある場合には、メニエール病の可能性が高いです。

メニエール病とは、回転性のぐるぐるとしためまいが特徴的で、難聴や頭痛、吐き気などの症状を伴います。

 

このメニエール病はとても厄介で、初期症状のうちに対処ができておけば

改善されていくと言われていますが、なかなか初期症状のうちにメニエール病を疑う人は少なく、

悪化し特徴的な回転性のめまいがでてから病院を受診する方が多いのです。

 

しかし、その時には既に症状は悪化している状態ですので、なかなか完治する事が難しいのです。

なかなか治りにくい事に加え、このメニエール病の恐ろしい所は、

何の前触れもなく突然症状が現れてしまうという事です。

 

症状が出る事を予知できないので、いつ症状がでるのかと

不安な日々をおくることになってしまいます。

 

メニエール病の初期症状としては、耳の聞こえにくさに加え、

痛みがあったり、頭痛や吐き気を伴う場合もあります。

 

もしかして?と思う事があったら、早めに耳鼻咽喉科を受診する事をオススメします。

 

 

耳が痛いのを治す方法はある?

 

耳が痛くて眠れない。痛みが治まらない・・・。

と言った場合には対処法がいくつかあります。

 

まずは、耳が赤く腫れ上がって熱を持っている場合には、

氷や保冷剤をタオルなどの布に包み冷やしてあげましょう。

 

熱を取ってあげる事で痛みが和らぎます。

特に小さな子供が、耳が痛くて眠れない時などには効果的です。

 

また原因によって痛みの対処法が変わってきます。

痛みが何日も続き、痛みがひかない場合には早めに

耳鼻咽喉科などを受診する事をオススメします。

 

時間が経ち、症状が悪化してしまうと頭痛や吐き気など

別の症状が出てしまう事がありますので要注意です。

 

 

まとめ

耳の痛みに伴う頭痛や吐き気についてまとめてみましたがいかがでしたでしょうか?

 

耳の炎症や虫歯が原因で、耳に痛みがでたり、

ひどい時には頭痛や吐き気を伴ってしまう事もあります。

 

耳は頭に近くとてもデリケートな部分でもあります。

症状が悪化する前にきちんと耳鼻咽喉科へ行き診察をしてもらう事をオススメします。

 

中耳炎など耳の炎症は一般的に2~3日で痛みは治まる事がほとんどですが、

痛みが治まらず、悪化している場合には要注意です。早めに病院へいきましょう。

 

どんな病気も初期症状のうちに対処する事が大切です。

悪化してしまうと様々な合併症を引き起こしてしまう可能性がありますので十分に注意しましょう。