発熱、高熱でズキンと耳が痛くなる経験をしたことはありますか?

小さいお子さんの場合、発熱、高熱とともに痛みを訴えた場合は、

流行性耳下腺炎(おたふく風邪)、中耳炎などの病気を考える方が多いと思います。

 

働くママであれば、お子さんがおたふく風邪であれば保育園に

登園出来なくなってしまうので、気になる症状の一つですね。

 

ですが、大人になっても発熱、高熱などの症状と耳の痛みの症状が出る場合もあります。

耳の中が痛いのであれば、耳の中で何らかの炎症が起きていることを考える方が多いと思います。

 

ですが、たいしたことないと考えて放置してしまうと、突発性難聴や

滲出性中耳炎など治療期間が長期となる病気であれば、

日常生活に影響が出ることも考えられます。

 

知恵袋や発言小町などの掲示板を見てみると、高熱と耳の痛み、

また聞こえが悪くなったという方の相談をみることができます。

 

そんな相談を見てみると、少し不安にもなります。

今回は発熱、高熱の症状がある時に、

どんな原因が考えられるのか、耳が痛くなる病気などを調べてみました。


Sponsored Link


高熱で耳が痛くなることはあるの?

 

発熱、高熱で耳が痛くなった経験をした方は多いと言われています。

 

耳が痛くなる原因は、耳の病気の場合もありますが、

耳の近くで炎症が起こっている場合も考えられます。

 

では、発熱、高熱の症状と耳の痛みの症状が出る病気を見て行きましょう。

 

急性中耳炎

子どもの病気だという印象がありますが、大人でも急性中耳炎を発症します。

 

耳、鼻、喉は繋がっているために、風邪などの細菌が

耳に入り込むと中耳炎を引き起こしてしまいます。

 

発熱、耳の痛みの症状の他に、咳や鼻水などの症状もある場合もあります。

 

流行性耳下腺炎(おたふく風邪)

こちらも子どもの病気だと思う方が多いですが、最近は大人のおたふく風邪が問題になっています。

大人になり、おたふく風邪を発症してしまった場合、症状が重くなるケースがほとんどのようです。

 

内科、耳鼻咽喉科を早めに受診しましょう。

 

扁桃腺炎、咽頭炎、喉頭炎

喉や、耳に近い場所で炎症が起き、

その痛みが耳にまで広がってしまっている可能性があります。

 

扁桃腺炎の場合、つばを飲み込むのも辛くなる人もいます。

耳鼻咽喉科で適切な処置を受けましょう。

 


Sponsored Link


 

高熱が治まれば耳の痛みが治まるの?

 

高熱と耳の痛みの症状がある場合、耳の痛みがいつまで続くのかは病気によって違ってきます。

急性中耳炎であれば、熱が出ていても数時間で痛みが治まる場合もあります。

 

そしておたふく風邪であれば、熱が下がった後も痛みの症状が続いたりする場合もあります。

中には痛みが治まって数日してから、また痛み出す場合もあります。

 

先ほども書きましたが、大人になってからおたふく風邪に

感染した場合、症状が重くなるケースがほとんどです。

また、髄膜炎、難聴などの合併症を引き起こしてしまうこともあります。

 

熱が下がったからと油断して、無理をして仕事に

行ったりして、症状を悪化させないように心掛けましょう。

 

おたふく風邪でなくても、発熱と耳の痛みの症状がある場合、

熱が下がっても耳鳴りの症状が出る場合もあります。

気になる症状がある場合は、耳鼻咽喉科を受診して医師の指示を仰いでください。

 

 

どうして耳が痛くなるの?

 

発熱で耳が痛くなる原因はいろいろ考えられます。

耳鼻咽喉科の言葉通り、耳、鼻、喉は奥で繋がっています。

 

風邪を引いた時に発熱などの症状が無くても、耳が痛くなったりするケースもあります。

また強く鼻をかんだりした時に、耳が痛くなった経験をした方もいるのではないでしょうか。

 

他にも、耳のすぐそばにはリンパ節があるために、何らかの病気で

リンパ節が腫れてしまい、その影響で耳の痛みの症状が出る場合もあります。

 

耳が痛くなる原因、病気がたくさんあります。

風邪などであれば、市販薬で様子をみる方もいると思います。

ですが、耳の痛みがある場合は、念のために耳鼻咽喉科の受診をおすすめします。

 

 

まとめ

発熱と耳の痛みがある場合、単純な風邪からおたふく風邪までいろいろな病気の場合が考えられます。

耳の炎症が悪化すると、難聴、耳鳴りなどの症状に長く悩まされることもあります。

 

そんなことになってしまわないためには、早めに耳鼻咽喉科を受診が大切です。