メニエール病という病気をご存知でしょうか?

この記事を見ているという事は、メニエール病に悩んでいたりその疑いがあるという方でしょう。

 

耳が痛い、めまいがするなどの症状に悩んでいて、

このメニエール病を治す方法はあるのでしょうか?

 

今回は、そのメニエール病についてまとめてみました。

是非参考になさってください。


Sponsored Link


メニエール病とは何なの?

 

メニエール病とは、内耳の病気です。
一般的には、どちらか片方の耳に症状が出る事が多いのですが、まれに両方の耳に症状がでたという場合も。

 

主な症状は、耳鳴りや難聴に、回転性のぐるぐるとしためまい、頭痛が伴います。
この中でも、回転性のめまいが、メニエール病の代表的な症状とも言えます。

 

突然、何の前触れもなく立っていられないほどの激しいぐるぐるとしためまいに襲われて、
横になっても症状が治まらない事も。

 

それに伴い、吐き気や冷や汗といった症状がでる事もあります。

 

このメニエール病が発症する原因は、内耳の中のリンパ液が過剰になると、「内リンパ水腫」になってしまいます。
よってメニエール病が起こるとされています。

 

しかし、この内リンパ水腫が起こる原因は未だに解明されていません。

ですが、少なからずストレスが原因しているのではないかとも言われています。

 


Sponsored Link


 

早期発見の仕方や特徴はある?

 

初期症状のうちに治療を始めると、改善されやすいとも言われているメニエール病ですが、
なかなか初期段階のうちにメニエール病を疑う方は少ないのです。

 

少しフラっとめまいがするだけかな?疲れているのかな?と見過ごしてしまいがち。
症状が出る頻度も個人差が大きく、なかなか初期症状のうちに気づくのは難しいのです。

 

なので、気づいた時には、かなり症状が進行しており、

手が付けられないということも少なくはないのです。

 

そうならない為にも、まずは自分の体を大事にし、

ちょっとした症状でも気にかけるようにしましょう。

 

特にメニエール病の主な症状である、回転性のめまいです。
回転性というところが重要になってきます。ふらつく程度ではなく、

目の前がぐるぐるして、立っていられないような場合には、まずメニエール病を疑いましょう。

 

また、耳鳴りや頭痛などが続くと言った方は

早めに病院へ行き、きちんと診断をしてもらいましょう。

 

 

耳が痛いのを治す方法は?

 

メニエール病で、耳鳴りやめまいの他に、耳の奥にひどい痛みがでる事もあります。
実はこの痛みの原因ははっきりと解明されていないのです。

 

様々な考えがありますが、ストレスなどで神経が刺激され、

痛みが生じているのではないかという説があります。

 

このメニエール病はなかなか完治は難しい病気とも言われています。
原因なども解明されていませんが、ストレスが関係しているという事が言われております。

メニエール病に悩まされている方は、まず自分の日常生活を振り返ってみましょう。
できるだけストレスを感じないように、リフレッシュを常に心がけてみると良いでしょう。

 

ストレスをためないようにというのは、簡単にできることではありませんが、
ストレスを感じることで、症状は更に悪化してしまいます。

 

自分にあったリフレッシュ方法をまずは見つけ、実践してみる事から初めてみましょう。

 

 

まとめ

メニエール病についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?

 

恐ろしいのは、何の前触れもなく突然症状が現れるという点です。
このメニエール病に悩まされている方は、

いつ症状がでるかわからないといった不安な日々を過ごしていると思います。

 

初期段階で治療に取りかかることができれば、完治することもあると言われています。

 

ですが、少しのめまいや耳鳴りでは、なかなかメニエール病を疑う方は少なく、
疲れているんだろう。と思い過ごしてしまう方がほとんどなのです。

 

ご自身の生活を見直してみて、少しでも当てはまる!と

思った場合には、早めに病院へ行き、診察をしてもらう事をオススメします。