なんだか耳がいつもと違って、何か変…。
詰まった感じで痛いような気がする…。

 

このような耳の違和感を感じた事がある方は耳垢が乾燥している可能性も。

 

今回は、耳掃除についての疑問点をまとめています。
おすすめグッズなどもお話していきますので、是非参考にしてみてください。


Sponsored Link


耳垢を取る時に耳が痛くて取りにくい時は?

 

耳垢を取ろうとした時に、耳が痛い!と感じる方は、

大きな耳垢が乾燥して固まってしまっている可能性があります。

 

実は、耳垢は全員同じではなく、一人ひとり状態が違うという事をご存知でしょうか?

大きく分けると2種類あります。

 

湿性耳垢と乾燥耳垢とよばれるもので、液状の耳垢と乾燥している耳垢です。

乾燥している耳垢の中では、粉末のようにパラパラしているものもあれば、

薄く張り付いていたり、塊でコロコロしているものなど、状態は様々です。

 

その中で、耳垢を取る時に痛みが出やすいのは、

乾燥していてコロコロ塊になっているパターンの方です。

 

この耳垢は、綿棒や耳かきで触れると、コツンと音がするほど固まっている事も。
そうすると、少し触れただけでも耳に痛みが走ってしまう事があります。

 

また、そのような塊が耳の奥で固まっていて、

放置をしてしまうと耳垢全塞といった病気になってしまう可能性も。

 

この耳垢全塞は、耳の奥に固まった大きな耳垢が耳栓状態になり、耳が詰まったような感じがしてしまうのです。

これは残念ながら自分で取ることはできませんので、耳鼻科へ行き綺麗に取ってもらうようにしましょう。

 


Sponsored Link


 

おすすめのグッズはある?

耳かきグッズにも今は様々な種類がありますが、中でもオススメのグッズをご紹介します。

 

ポケットイヤークリーナー デオクロス

出典:amazon.co.jp/

 

自分で耳かきが上手にできないという方には、オススメの商品です。

ヘッドが振動し、耳垢を落としてくれ、吸引もしてくれるので、

落ちた耳垢が奥に溜まることなる綺麗に掃除をすることができるという優れもの。

 

また、耳の奥まで入れすぎないように、きちんとストッパーもついているので安心です。

取れた耳垢は、簡単に掃除をすることができるので、何度も使えて便利です。

 

 

耳が詰まった感じで痛い時は?

 

先ほどの耳垢栓塞の可能性もありますが、その他にも様々な病気の可能性があります。

 

耳が詰まった感じがする上に、耳鳴りがしたり、耳の痛みがある場合には、
耳管狭窄症という病気かもしれません。

 

風邪を引いてしまった時や中耳炎になった時に、

耳管が狭くなり空気が閉じ込められる事が原因で起こります。

 

耳の聞こえが悪くなったり、悪化すると浸出液という液体が耳にたまってしまいます。
そうすることで、滲出性中耳炎をおこしてしまう事もありますので注意が必要です。

 

また、突発性難聴の症状としても、耳が詰まった感じで痛むといったものがあげられます。
名前の通り、突然耳が聞こえなくなってしまう病気のことです。

 

ひどい時には、吐き気や激しいめまいを伴う場合も。
突発性難聴はストレスなどが原因とも言われていますが、今のところまだ解明されていません。

 

発症してしまうととても厄介で、治療にとりかかるのが遅れてしまうと完治するのが

難しくなってしまうますので、怪しい症状があった場合は早めに病院へ行くようにしましょう。

 

 

まとめ

耳掃除や耳のトラブルなどについてまとめてみましたがいかがでしたか?

 

耳掃除のしすぎは良くありませんが、しなさすぎも良くありません。
大体1週間~2週間に一度程度が良いとされています。

 

耳掃除をするときには、優しくする事、奥まで掃除をしない事が大切です。
耳は汚れを押し出す作用がありますので、耳の穴から1.5cm位を目安に掃除をするようにしましょう。

 

奥まで綿棒を入れてしまうと、せっかく出てきている耳垢を奥に押し込んでしまう事もあります。
そうすると、どんどん奥に耳垢が溜まってしまい、耳垢全塞になってしまう恐れもあるので注意しましょう。