耳の中がズキンズキンと痛い。
何か病気なのかな?と不安に思っている方も少なくないのではないでしょうか?

 

その症状をいつか治るだろうとそのままにしておくと、

難聴や頭痛など別の症状を引き起こしてしまう可能性もありますので、要注意です。

 

この耳の痛みの原因は何なのでしょうか?
ストレスが原因の場合も考えられるのでしょうか?

 

今回は耳の中がズキズキと痛む時の原因、そして対処法などをまとめてみました。


Sponsored Link


耳の中がズキンズキンと痛い場合は?

 

耳の中が痛む場合、まず考えられる原因は中耳炎です。
中耳炎の主な原因はウィルスや細菌です。

 

中耳に炎症を起こして、膿がたまってしまうことで、痛みを感じます。
中耳炎は子供の病気というイメージがあるかもしれませんが、子供だけでなく
もちろん大人が中耳炎になる可能性も十分にあります。

 

きちんと治療をせずに完治していないと、何度も何度も中耳炎を引き起こしてしまい、
慢性中耳炎になってしまうことがありますので要注意です。

 

中耳炎は悪化すると難聴を引き起こす事もあります。
早い段階できちんと治療をしておくことをオススメします。

 

また、イヤホンやヘッドホンを使用して音楽などを聞く事が多い方は、
このイヤホンやヘッドホンが原因で耳の中に痛みが走ることがあります。

 

実はイヤホンやヘッドホンは耳にかなりの負担をかけていることをご存知でしょうか?
更に、サイズが合わないものを使用していると、耳を傷つけてしまう恐れもあります。
そうすると、そこから炎症が起き、外耳炎になってしまう場合もあります。

 


Sponsored Link


 

ストレスが関係しているの?

 

ストレスや精神病が原因で耳の中に痛みが走ることももちろんあります。
考えられるのは、緊張型頭痛と後頭神経痛です。

 

緊張型頭痛は、慢性頭痛の中で最も多いと言われています。
原因としては過度な緊張や無理な姿勢、ストレスがあげられます。

 

この病気の主な症状は、頭全体が締め付けられるように痛み、

肩こりやめまい、全身のだるさ、酷い場合には耳の痛みを伴います。

 

また、後頭神経痛とは名前の通り、主に後頭部から頭頂部にかけて痛みが走ります。
また、ひどくなると目の奥や耳にまで痛みが走ります。

 

 

対処法や改善策はある?

 

先ほどもお話したようにストレスや無理な姿勢による体への負担が大きいことが原因の事が多いです。
もちろん、姿勢が悪い方、猫背の方などもなりやすい傾向にあります。

まずはご自身のライフスタイルを見直して見ましょう。

 

夜更かしをしていたり、仕事をしている時間が長い。特にデスクワークの方は要注意です。
また、運動不足の方も注意が必要です。

 

これらの生活を見直して、健康的な生活に戻すように心がけることで少しずつ改善されていきます。

 

突然ジョギングをしたり、何か運動を追加することはなかなか難しいと思いますので、
仕事の合間にストレッチをしてみたり、いつも車や電車に乗っている所を少し歩いてみたり。

 

エレベーターやエスカレーターを使わずに階段を使ってみたりと、

少しずつ変えて行ってみてもよいでしょう。

 

 

まとめ

耳の中の痛みについてまとめてみました。いかがでしたでしょうか?

ウィルスや細菌などが原因の病気もあれば、

ストレスや生活習慣が原因となって、耳に痛みが走る場合もあります。

 

中耳炎などは、だんだんと症状が軽くなっていく場合もありますが、

治療が行き届いておらず、中耳炎を繰り返し、

慢性化してしまう可能性もありますので注意をしましょう。

 

また、ストレスや生活習慣が原因の場合は、

その原因を完全に取り除くことが一番の対処法となります。

 

突然ストレスを取り払うことは難しいので、少しずつご自身の生活を見直していくと良いでしょう。

また、姿勢が悪い方は日々の意識がとても大切です。

 

常に自分の姿勢を意識し、背筋を伸ばしてみたり、デスクワークを

しながらでも背伸びやストレッチを取り入れてみてはいかがでしょうか。

日々意識をすることが、痛みをなくす近道となります。