耳がズキンズキンと痛い…。
突然の耳の痛みは何か病気ではないのか?と心配になりますよね。

 

耳が痛いというと、真っ先に中耳炎を思い浮かべる方も多いかもしれませんが、
その耳の痛みは実は別の病気かもしれません。

 

痛む場所や痛み方で様々な病気の可能性があります。

今回はその耳の根元、手前の痛みの原因と、耳の周辺が

ズキズキ痛い時の原因について、それらの対処法をまとめてみました。

 

是非参考になさってください。


Sponsored Link


耳の根元が痛い時の原因と対処法は?

 

耳の根元が痛むには主に3つの原因が考えられます。
まず1つ目は、リンパが炎症を起こしているという事です。

 

耳の後ろにはリンパ線があります。そのリンパが炎症を起こしてしまうと
耳の根元に痛みが走ったり、腫れたりすることがあります。

 

炎症の原因として考えられるのは、ウィルスや細菌が入ってしまう事です。
特に風邪気味などの時には注意が必要です。

 

2つ目は粉瘤(ふんりゅう)です。
耳にコリコリとしたしこりがある場合には、粉瘤の可能性があります。

 

粉瘤は簡単に言えば垢が溜まった物です。
良性腫瘍ですので、放置をしていても問題はありませんが、大きくなってきたり、

炎症を起こして化膿したりする場合には、手術で取り除く事をオススメします。

 

最後は虫歯です。
重度の虫歯になると、炎症が酷くなり、リンパ節炎症になってしまうことがあります。
そうすると、耳の根元にズキンズキンと痛みを感じる場合もあります。

 

そうなる前に歯医者できちんと虫歯の治療をしてもらいましょう。

 


Sponsored Link


 

耳の手前が痛い時の原因と対処法は?

 

耳の手前に痛みが走る場合には、外耳道炎の疑いがあります。

外耳道炎になる原因は、耳かきの際に外耳道を傷つけてしまったという場合がほとんどです。

 

頻繁に耳かきをする方や、奥まで耳かきや綿棒を入れてよく掃除をするという方は注意しましょう。

耳かきは毎日する必要はないと言われており、一週間に一度程度でも十分な程です。

 

お風呂上がりなどは、耳に水が入って気持ちが悪いかもしれませんが、

頻繁な耳かきは控えるようにしましょう。

 

一般的に、痛みはひいていきますが、痛みが治まらず

酷くなるような場合には早めに耳鼻咽喉科を受診するようにしましょう。

 

 

耳の周辺が痛い時の原因と対処法は?

 

耳の上や後ろ側、酷い時には後頭部がズキズキ、チクチク痛むという場合もあります。
その際に考えられる原因の一つに、後頭神経痛があげられます。

 

後頭神経痛とは、主にストレスが原因で起こる症状です。
筋肉の緊張が後頭神経を刺激し、引き起こされます。

 

同じ体勢で作業をする時間が長い方や、猫背の方は要注意です。
また、もともと肩こりがあるという方は、悪化して後頭神経痛に繋がることもあります。

 

対処法としては、規則正しい生活を送り、ストレスを緩和することが一番です。
また、同じ姿勢での作業時間が長いという方は、作業の合間にストレッチをしてみたり、
できるだけ、体への負担を減らすように心がけましょう。

 

 

まとめ

耳の痛みの悩みについてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。
耳は頭に近い部分なので、突然痛みがあるととても心配になりますよね。

 

まずは自分の耳の痛む場所や、どのような痛みなのかをチェックすることが大切です。
徐々に痛みが引いていくものもありますが、どんどんと痛みが増したり、

炎症がひどくなる場合には、自己判断をせずに早めに病院へ行くようにしましょう

 

また、後頭神経痛などはストレスなどの日常生活に原因がある場合もあります。
その対処法は、毎日の生活を改善することが一番です。

 

急には難しいかもしれませんが、少しずつ自分の生活を見直して行くようにすると良いでしょう。
ストレスの原因を突き止めて、できるだけストレスを感じないようにしたり、何か気分転換をして、気分をリフレッシュさせましょう。

 

また、肩こりなどが原因の場合もありますので、姿勢を意識することも痛みから解放される一つの方法と言えるでしょう。