風邪の症状には、咳や鼻水、発熱、時には下痢や嘔吐を伴ったりさまざまなものがありますね。

そんな風邪の症状の中には、耳の後ろがズキンと痛い時もあります。

 

実は私自身、風邪をひいてしまうと耳に痛みを感じたり、

少し耳が詰まったような感じがする時があります。

耳の痛みが酷いと、耳鳴りまで感じてしまったりすることもあります。

 

耳鼻咽喉科とあるように、耳、鼻、喉は奥で繋がっているために風邪を

ひいてしまうと耳に影響が出てしまうことがあると言われています。

 

特に小さいお子さんの場合、風邪の後に急性中耳炎を発症してしまうことも多いようです。

このことからも分かるように、風邪を引いてしまうと耳に影響が出てしまうことがあります。

 

今回は、風邪をひいたときの耳の痛みについて調べてみることにしました。

私の経験も少し書きますので、参考にしてください。


Sponsored Link


耳の後ろがズキンと痛む時は?

 

急性中耳炎は、子どもの病気だという印象が強いですが大人でも発症します。

急性中耳炎の症状として痛みがあげられます。夜中に子どもが

耳に痛みを訴えて困った経験があるパパやママもいるでしょう。

 

ですが、急性中耳炎には痛みを感じないケースもあります。

その結果、中耳炎が治りきる前にまた次の中耳炎を

発症してしまうという悪循環になってしまう場合があります。

 

この状態に気が付かないまま放置されると、滲出性中耳炎となってしまったり、

大人になっても中耳炎をくり返すようになってしまいます。

 

私の場合も、子どもの頃の中耳炎が原因で、大人になった今でも

風邪をひいた後に急性中耳炎を発症してしまうことがあります。

 


Sponsored Link


 

風邪をひくと耳が痛くなるの?

 

最初に少し書きましたが、耳、鼻、喉は奥で繋がっています。

鼻を強くかんだ時に、耳に痛みが出たりした経験はありませんか?

 

風邪をひいて耳に痛みが出ることがある場合、鼻水の症状が出ていることが多いようです。

小さな子どもが急性中耳炎を発症しやすい原因として、この鼻水があげられます。

 

大人であれば、鼻水の症状がある場合、こまめに鼻をかむなど

対処しますが、子どもの場合は自分でうまく鼻水を処理できません。

 

多くは鼻水をすすってしまいます。そのために鼻水に含まれた細菌が

中耳に入りやすい状態になってしまい、急性中耳炎を発症してしまうのです。

 

大人でも鼻水の症状が出ている場合は、急性中耳炎になってしまう可能性があります。

大人が急性中耳炎になってしまうと治るまでに時間がかかってしまいます。

 

ですが、急性中耳炎の痛みは翌日には治まってしまい、

つい、処方された薬を飲みきらない人も多いそうです。

 

その結果、内耳炎や突発性難聴などの治療に時間が

かかってしまうもの病気に原因となってしまいます。

ですので、処方された薬はしっかりと飲みきりましょう。

 

 

痛みを抑える方法は?

 

急性中耳炎で痛みが出た場合、ズキズキ、ズキンズキンとした強い痛みが発生します。

 

人によって痛みの感じ方は違いがあると思いますが、

私の場合は耳鳴りを伴う強い痛みのために痛みに耐えることで精いっぱいになってしまいます。

 

大人の私でこれだけ痛いのですから、子どもには中耳炎の痛みは相当な痛みだと思います。

大人でも子どもでも、痛みが強い場合は耳の後ろを冷やしてあげると少し痛みが楽になる可能性があります。

 

ただし、アイスノンなどで急激に冷やすと痛みが強くなってしまうこともあります。

私のおすすめは、ビニール袋に水を入れて冷やすことです。

 

まずは水だけで冷やします。5分ほどしたら氷を足してタオルで包んで冷やします。

袋に入れると耳全体を包むように柔らかく冷やすことが出来ます。

 

それでもどうしても痛みが強くて眠れない時は、解熱剤を利用してみる方法もあります。

38度以上の熱がある時に飲むように指示されますが、中耳炎の痛み止めも同じものが処方されます。

 

私も痛みに備えて市販の解熱剤を常備していますし、風邪をひいた時は念のために処方をお願いしています。

小さいお子さんの場合は、熱も無いのに解熱剤の使用を躊躇する場合もあるでしょう。

 

ですが、大人でも眠れないほどの強い痛みです。

何時間も痛みで泣いているようであれば使用を考えてあげてください。

 

 

まとめ

今回は私の経験も含めて書いてみました。

子どもの頃の中耳炎が大人になっても影響してしまうことがあります。

 

風邪で鼻水や咳の症状であれば、大人でも子どもでも、一度、耳鼻科の受診を考えてみてくださいね。