耳の病気と言うとまずはどんな病気が思い浮かびますか?

小さいお子さんの場合は、ほとんどの方が中耳炎や外耳炎などを連想すると思います。

 

大人の場合ではどうでしょう。

最近、よく耳にするのが、有名人が発症してしまいニュースになった突発性難聴やでしょうか?

 

耳にズキンとした痛みやピリピリした痛みの症状がある時は、まずは耳の病気を疑うでしょう。

確かに、耳に痛みの症状の出る病気は、先ほどあげたものの他にも、たくさんあります。

 

ですが、耳の周囲には身体のいろんな部位が密集しています。

そのために、耳が痛いと感じた場合でも耳の病気ではなく他の病気の可能性があります。

今回は、耳の痛みと頭痛がする時の病気を調べてみました。


Sponsored Link


耳の奥がたまに痛くなる原因は?

 

耳の痛みは、一時的に感じてすぐに痛みが消えるということが多いと思います。

耳の奥が痛いと感じる時は、別の場所の痛みを耳の痛みと感じてしまっている場合も多くあります

まず、耳の奥が痛いと感じる時の原因で多いのが、

「耳掃除のやり過ぎ、耳垢のためすぎ」「肩こり」「虫歯」などです。

 

まずは耳掃除です。

耳掃除をこまめにしている方でも、耳の中は自分では確認できません。

そのために、知らないうちに耳垢を奥に押し込んでしまったり、取り残したものがあったりします。

 

そんな耳垢が鼓膜を刺激して痛みが発生してしまいます。

耳の奥に入り込んでしまった耳垢は自分では取れません。耳鼻科で掃除してもらいましょう。

 

次に虫歯です。

耳の後ろをさわってみてください。すぐそばに奥歯があることが分かると思います。

 

虫歯が悪化して痛みが出た場合、虫歯の歯ではなく、

反対側の歯が痛いと感じたり、耳が痛いと感じることがあるようです。

この場合は、虫歯の治療をすればすぐに痛みは治まります。

 

そして肩こりです。

こちらも肩から首の筋をたどると、耳のすぐそばを通っているのが分かると思います。

 

肩こりの影響で首まで緊張してしまうと、その緊張が耳付近にまで広がります。

そのために耳が痛いと感じてしまうことがあるようです。

 


Sponsored Link


 

頭痛がする場合は?

 

耳の痛みと、頭痛の両方がある場合に考えれるのが、

「後頭神経痛」「三叉神経痛」などの神経痛と

「急性中耳炎」「急性限局外耳道炎」などの耳に関する病気があります。

 

今、あげたものの他にも「突発性難聴」や「流行性耳下腺炎(おたふく風邪)」

「インフルエンザ」など、ここでは書ききれないほどさまざまの病気が考えられます。

 

痛みの感じ方も、人それぞれ本当にさまざまで、原因も症状もたくさんあります。

ここで問題なのが、痛みの症状が一時的ですぐに治まってしまうことです。

 

痛みが継続している、生活に支障が出る、頭痛の他に発熱したとなれば、病院を受診するでしょう。

ですが、一時的に痛みが治まってしまうと、病院に行かないまま放置されることがあります。

 

その結果、初期で治療していればすぐに完治するものが、完治が難しくなったり、

完治までに何年もかかってしまう病気に進行してしまうことがあります。

 

その代表が、突発性難聴です。他にも滲出性中耳炎などがあります。

ですので、まずは痛みが一時的なもので治まっても、

くり返すなどの症状があった場合は、耳鼻科を受診しましょう。

 

 

耳が痛い時に気をつけることは?

 

何度か書きましたが、耳の周辺にはいろいろな身体の部位が密集しています。

そして、リンパ節がすぐそばにあるために、耳の病気でなくても耳が痛いと感じることも多いです。

 

ですので、まずは痛みの他の症状を確認しましょう。

耳に原因がある場合、耳垂れ、鼻水、聞こえにくいなどの症状があります。

 

また耳の奥には蝸牛といって、身体のバランス感覚を保つ役割をする器官があります。

そのために、めまいやふらつきなどの症状が出る場合もあります。

 

痛みがすぐに治まったりする場合も痛みが継続する時間も一緒に確認しましょう。

一瞬ですぐに治まるのか、数分継続するのかは、大きな違いです。

きちんと確認しましょう。

 

 

まとめ

耳が痛いと時に、耳が原因ではないと言われるとどの科を受診していいのか迷ってしまうかもしれません。

ですが、まずは耳鼻科を受診しましょう。

 

そして、耳以外に原因がある場合は、適切な科を受診するように指導してくださいます。

耳鼻科は風邪なども対処してくださいます。かかりつけの耳鼻科があると安心できます。