雨が続くとどうしても洗濯物が乾かない!そんな時に頼りになるのが洗濯乾燥機

花粉や汚染物質で洗濯物が外に干せない時も、乾燥機があれば解決できます。

 

洗濯のちょっとしたストレスを軽減してくれるのが、乾燥機だと思います。

だけど、乾燥機を使うと乾燥が終わるまで少し時間がかかるような気がしませんか?

 

ドラム式の洗濯機の場合は、タテ型のものと比べて乾きが早いとも言われていますが、コインランドリーと比べるとどうしても乾きが遅い気がします。

 

自動設定を使う方も多いと思いますが、乾燥までどれぐらいの時間が必要なのでしょうか?

調べてみることにしました。今後のお洗濯の参考にしてくださいね。


Sponsored Link


通常どれぐらい時間をかけると乾くの?

 

乾燥機の時間は少しでも短縮したいですよね?

時間がかかるとその分電気代も余分にかかるような気がしてしまいます。

 

でもせっかく乾燥機を使うのだから、しっかり乾かしたいものです。

 

タテ型の場合でもドラム式の場合でも5㎏ほどの洗濯物を乾燥した場合、2~3時間程度の時間がかかります。

 

コインランドリーと違い、家庭用の電力はどうしても限界があるため、通常の洗濯量の場合2時間~3時間の時間が必要となります。

 

また家庭用の洗濯乾燥機の場合は、乾燥機内部に起きる蒸気を逃すための時間も必要となるため、自動設定で表示される乾燥時間は必要となります。

 

それでもちょっとした工夫で、乾燥の時間を少しでも短縮する方法はあります。

 

 

これ以外にも厚手のものと、薄手のものと分けるだけでも乾燥時間の短縮はできます。

他にもお洗濯の負担を楽にするいろんな技があるので、捜してみるといいと思います。

 

 

乾きにくい物の目安は?

通常の洗濯物で3時間ほどかかるのですから、どうしても乾きにくいものだとどれくらいかかるのか?と心配になりますよね。

 

乾きにくいものの代表と言えば、毛布が上げられると思います。

毛布って、シーズンを終えて押し入れにしまう前には、洗濯してきれいしておきたいものですよね。

 

 

もちろん毛布を乾燥できる洗濯乾燥機もあります。

その場合、季節や毛布の大きさなどによりますが、5時間~6時間の時間がかかると言われています。

 

それだけの長い時間、乾燥機にかけるのはやっぱり電気代が気になってしまいますよね。

 

ですのである程度、外に干してから仕上げに乾燥機を使う場合はコインランドリーの乾燥機を利用なども考えてみてくださいね。

 


Sponsored Link


 

コインランドリーと比較した場合は?

 

では乾燥機を利用する場合、家庭用の洗濯乾燥機とコインランドリーどちらを利用するほうが良いのでしょうか?

 

それぞれのメリットとデメリットを考えてみました。

 

家庭用洗濯機の場合

メリット
持ち運ぶ手間がない。他人が使うことがない。料金が安い、時間に制約がない。

 

デメリット
乾燥時間が非常に長い。容量が小さい。正確な電気料金が分からない。

 

コインランドリーの場合

メリット
乾燥時間が短い。大容量。費用が明瞭(10分100円など)

 

デメリット
持ち込みの手間がある。使いたい時に空いてないこともある。誰が使ったのか分からない。

 

ざっと、考えてみましたが、こんな感じでしょうか?

 

なので普段の洗濯物であれば家庭用で。毛布など厚手のものはコインランドリーを利用するなど、うまく使い分けることをおススメします。

 

 

まとめ

雨以外にも花粉や汚染物質などで晴れていても洗濯物が干せないことが増えています。

これから、家庭用の洗濯乾燥機の需要が増えてくるだろうと言われています。

 

ですが、大容量で短時間で乾かせるコインランドリーも魅力がありますね。

ご家庭のライフスタイルなども、踏まえて、乾燥機をうまく利用していくことが大切だと思います。