子供は痛みや違和感をうまく伝えられないために、突然耳が痛いということもしばしばありますね。

具体的な痛み方はわからないけれども、耳が痛いと子供が言うときはどんな病気が考えられるのでしょうか。

 

耳が痛いだけでなく、熱のあるのはどんなとき?熱のないときは違う病気?夜中に耳が痛いというときは何が原因?

子供の耳の症状から考えられる原因と治療法をご紹介します。


Sponsored Link


熱が出てる場合はどんな病気が考えられる?

 

小さい子供は耳が痛くても、うまく症状を伝えられなくて何が原因で痛みがあるのか、わからないことが多いですね。

耳の痛みを訴えている以外に発熱の症状が出ている場合は、どのような病気が考えられるでしょうか。

 

子供が耳を傷めることの多くの原因は、耳の中にある中耳が炎症を起こしている「中耳炎」が挙げられます。

 

中耳炎は子供がかかることの多い病気のひとつで、

一説によると生後1年の間に約60%、満3歳までの間に約80%の子供が、

一度は中耳炎にかかったことがあると言われているほどです。

 

中耳炎が起こる原因として、風邪ぎみのときの鼻水や寝た状態で

哺乳瓶での食事が、耳とつながる耳管を通して中耳まで入って炎症を起こしてしまうのです。

 

大人になるとあまりかかることのない中耳炎ですが、子供は抵抗力が低いこともありますが、

大人に比べて喉や鼻と耳の距離が近く、耳管自体も太く水平になっているために

横になったタイミングで鼻水や飲んだものが耳に流れ込んでしまうためでもあります。

 

中耳炎のほかにも、鼓膜の外側にあたる外耳が炎症を起こす「外耳炎」も、

高熱ではありませんが発熱を伴う痛みが起こります。

 

中耳炎も外耳炎も膿が耳から出てくることがしばしばありますので、

耳の痛みや熱以外にも耳垂れがないか注意して見ることが必要です。

 


Sponsored Link


 

子供の耳が痛い時に熱がない場合は?

 

耳が痛いというときに、一緒に熱もあればすぐに病気になっているとわかるものですが、

痛みや違和感を感じているだけで発熱を伴わないときは発見も遅れがちになってしまいます。

 

熱がないときの耳の痛みは、どんな病気が原因の考えられるでしょうか。

ひとつには、やはり中耳炎である可能性です。

 

風邪を引いているときに中耳炎を一緒に発症してしまい、

風邪薬で中耳炎の強い痛みや発熱の症状も一緒に落ち着くものの、

炎症で出来た膿や傷が耳の奥に残って、熱はないが鈍い痛みが続くのです。

 

中耳炎が完治せずにそのままにしておくと、そのうち慢性中耳炎になり

治療に時間がかかるようになってしまいますので、風邪を引いたときは耳も気にしておくと良いでしょう。

 

熱がない上に痛みもズキンズキンするような強い痛みではないために、

子供が耳を頻繁にいじったり引っ張るなどの行動や、痛みではなくぐずりや

不機嫌な態度を表したり衝動的な行動を取ることが見受けられることも多くあります。

 

ほかに熱を伴わない耳の痛みがあるときは、病気ではなく傷や異物の侵入を疑って見ましょう。

子供の外耳はちょっとした耳かきや掃除などでも簡単に傷が付き、

子供が自分で耳の中を指でいじって傷をつけてしまうことも良くあります。

 

また、自分で歩いたりものが持てるようになった子供は、

遊びに熱中している間に耳におもちゃや砂・土を入れたり入り込んだりすることがしばしばあります。

 

中に異物が入っている場合は、痛みだけでなく口が開けづらい・侵入している

片方だけ聞こえが悪いといったことがありますので、

痛みだけでなく見た目から違和感があったときは耳の中をチェックしてみましょう。

 

 

夜中に耳が痛くなる原因は何?

 

夜中になってどこが痛い、何が悪いと言い出すのは子供には

ありがちなことですが、夜中になって耳が痛いというときはどのような原因があるでしょうか。

 

日中に安静にしていて症状が落ち着いていても、夜中になって

気温や精神状態などが変わることによって痛みを感じることがあるのです。

多い原因はやはり「中耳炎」ではありますが、まれに違う病気の可能性もあります。

 

よくあるものとしては、中耳炎などの耳の炎症ではなく、

風邪や鼻炎などで喉と鼻が痛んでいるときに、耳自体は炎症を

起こしていなくても喉や鼻に影響されて耳の一緒に痛むことがあります。

 

ほかにも咳やくしゃみのしすぎであごが疲れてきて、

寝る前になってあごに近い耳が痛むと勘違いすることもありますね。

 

「流行性耳下腺炎」、いわゆる「おたふく風邪」や、首のリンパ腺が腫れる

「頸部リンパ節炎」にかかったときも喉や鼻だけでなく耳も一緒に痛むことが多く、

症状がごく初期のときは耳だけの違和感を訴えるときもあります。

 

中耳炎や鼻炎などの炎症であっても、夜中に痛みが増して一時的に難聴のような

症状も出ることがあり、耳が聞こえないと驚いてしまいますが、

まずは落ち着いて耳や喉を冷やして静かなところで症状を確認してから病院で治療をしましょう。

 

 

まとめ

子供が耳と一緒に熱が出たときは、中耳炎や外耳炎が原因の大半を占めています。

耳が痛いだけで熱が出ていないときは、中耳炎以外に耳自体の傷や異物の混入が疑われます。

 

夜中に耳が痛くなるときは、気温や心持ちで変わることや、夜になって疲れを感じることがあるためです。