眼科の病気以外で、視力低下しやすい病気に糖尿病と脳腫瘍が挙げられます。

一見、目と関係なさそうな病気ですが、視力とどうかかわってくるのでしょうか。

 

肥満や血液、内臓の病気のはずの糖尿病がなぜ、視力が

低下するのはなぜ?糖尿病を治療をすれば視力は戻る?

 

脳腫瘍が原因で視力低下したらどうなる?どうして脳腫瘍で

視力が下がってしまう?視力低下した視力はメガネを掛ける?

症状のひとつである視力低下について調べました。


Sponsored Link


糖尿病で視力が低下するのは何故?

 

糖尿病を発症していると、症状の程度もありますが約40%の患者さんに

「糖尿病網膜症」という視力異常が現れているといわれいます。

 

糖尿病網膜症とは、糖尿病の主な症状のひとつであるインスリン異常による高血糖が原因で、

網膜にある血管が詰まったり変形をしてものが見えづらくなる症状を起こします。

 

網膜はカメラで言うところのフィルムの機能に当たり、目自体はものを見ているのですが、

映像をキャッチできない状態になり、視界に小さな虫が飛んでいるように点が見える

「飛蚊症」や、もやや紗がかかったような症状が出てくるといわれています。

 

また、網膜の中でも特に重要な「黄斑」の周りで異常が現れると、飛蚊症やもやがかかると

共に急激な視力低下を起こすことがあり、早急に治療を開始しないと最終的には網膜はく離が起きて失明にいたります。

 

糖尿病網膜症は糖尿病を発症してから数年から十数年ほどで発症し、初期はまず

自覚症状がなく飛蚊症や視力低下を感じたときには糖尿病網膜症がかなり進行しているのです。

 

また、まれに糖尿病の治療を始めたとたんに視力が下がったように

感じる人もおり、糖尿病網膜症ではない場合もあります。

 

網膜に異常がないのに視力が下がることは不思議に思えますが、これは治療を始めたことによって

血糖値が急に下がり、目や視神経が一時的に遠視に近い症状を起こしているためです。

 

高すぎる血糖値であっても体はその高さに慣れていたために、

急にそのバランスが崩れて調節できなくなってしまうのですね。

 

もともと近視の人ならあまり気にならないかもしれませんが、遠視や老眼の人は

しばらく違和感があるようで、適切な治療を続けていれば2~3週間ほどで

落ち着いてきて、違和感が解消されたりもともとの視力回復したりします。

 


Sponsored Link


 

脳腫瘍で視力が低下した場合は?

脳腫瘍で視力が低下した場合は、糖尿病で網膜や黄斑が異常を起こしたように、

に異常がでる「白内障」と、脳腫瘍が視神経や視神経が送ってきた映像を処理する部分を圧迫している場合が挙げられます。

 

白内障になっている場合は、通常は透明の水晶体が白や黄色に濁って視界を

さえぎっている状態で、脳腫瘍が直接白内障を発症させているわけではありません。

 

よく白内障と脳腫瘍を一緒に発症される人もいますが、あくまで年齢的に両方発症してしまったり、

白内障や緑内障は脳腫瘍と似た症状が現れるために眼科で白内障検査の結果脳腫瘍が見つかったりするためです。

 

では、脳に出来た腫瘍が視神経や視界を処理する部分を圧迫しているとどうなるのでしょうか。

視力や視界に異常が出る脳腫瘍の多くは脳下垂体に出来る腫瘍で、視神経を直接圧迫することによって視力低下や視界異常を起こします。

 

出典:tokudai-ganrenkei.jp/

 

腫瘍が小さく視神経を圧迫して視力が低下しているだけならば、

取り除くことによって視力回復する可能性が大いにあります。

 

ですが、圧迫している期間が長かったり、腫瘍が視神経や周辺器官を

取り込んで大きくなっていた場合は治療によって視神経が傷つき、極度の視力低下が起こるでしょう。

眼球そのものの不良ではないので、腫瘍の状態によって回復をするか悪化するか大きく変わります。

 

 

メガネは掛けた方がいいの?

 

糖尿病や脳腫瘍で視力低下や視界の異常があったとき、

治療の一環としてメガネを掛けたほうがいいのでしょうか。

 

糖尿病網膜症を発症した場合、眼球そのものが悪くなっていますので

治療をしても視力回復をするわけではなく、低下した分の視力を

メガネなどで矯正しなければどんどんと視力は下がってしまいます。

 

治療したことのよる血糖値の低下で起こる一時的な視力低下や視界不良に関しては、

すぐにメガネを作ってしまうと、眼球や視神経がメガネを使っている視力で良いと

判断してしまうために回復しなくなってしまう可能性がありますので、

治療開始から数ヶ月経ってからにするように薦められます。

 

脳腫瘍が視神経を圧迫している場合も、圧迫がなくなって視力が回復するときは

数ヶ月で視力が落ち着きますので、メガネを掛けないほうが良いパターンもあります。

 

視神経や周囲の器官を巻き込んだ脳腫瘍や圧迫が長かったときは腫瘍の治療で

視力回復することはないので、腫瘍とは別に眼科でのメガネなどを使った視力矯正を行います。

 

糖尿病だからメガネを掛けなくてはいけない、脳腫瘍だからメガネを掛けなくてもいい、

という分け方は出来ず、個人個人の病状によってメガネを掛けるか掛けないか変わるのです。

 

 

まとめ

糖尿病で視力低下するのは、糖尿病の症状のひとつのインスリン異常が原因で網膜が影響されるために起こります。

脳腫瘍で視力低下した場合は、脳腫瘍を取り除けば視力回復するときもあれば、治療により視力低下するときもあります。

 

糖尿病や脳腫瘍で視力低下しても、個人の病気の原因や状態によってメガネを掛けたほうがいいときと掛けないほうがいいときがあります。