出典:up.gc-img.net/

 

カラコンと言えば、安物を使えば視力が低下するというイメージもありますよね。

さらに、ものもらいで視力が悪くなるのかという事も気になりますよね。

 

そこで、今回はカラコンで視力が低下する原因やものもらいで視力が低下する事があるのか、

ものもらいは自然治癒するのかということについてご紹介したいと思います。


Sponsored Link


カラコンで視力が低下する原因は?

 

カラコンを使用する事で一般的なコンタクトレンズでもいえる事ですが、視力の低下を速めることになる事があります。

そこで、気になるカラコンの視力低下の原因をご紹介いたします。

 

目のピント

人間の目はカメラのレンズのように遠くあるもの、近くにある物を分けて見ます。

目の筋肉の動きにより見たいものにピントを合わせて見ることができています。

 

しかし、テレビやスマホなど目の前にある近いものばかり見ることでピントを合わす力が減ってきます。

目の筋肉をつけるためにも、コンタクトレンズ無しで遠くを見る事も必要なのかもしれません。

 

レンズの曇り

人間の目にある黒目の部分が傷ついてしまったり、目の病により曇ってしまうことで目の視力が落ちると言われています。

 

黒目部分は再生することがないので小さな傷を増やさずレンズを曇らせることがないようにすることが大切です。

特に安価なカラコンを使用する場合に黒目を傷つけてしまうことが考えられています。

 

目の細胞

目の細胞は加齢とともに減り続けています。

さらに、酸素が不足することでどんどん細胞は減少してしまいます。

 

そこで、カラコンなどのコンタクトレンズの装着時間が8時間以上を超えるとその様なリスクが増加します。

 


Sponsored Link


 

ものもらいの場合は自然と回復するの?

出典:senju.co.jp/

 

 

ものもらいと言えば、瞬きをする事で痛みが生じ瞼が腫れたり目やにがでてしまったりと、

目が痛い他に見た目の問題でも外出を控えたくなりますよね。

 

そこで、そのような厄介なものもらいなのですが自宅で自然治癒することができるのでしょうか。

ものもらいは瞼の淵や内側に細菌感染をすることにより引き起こされる「急性化膿性炎症」です。

 

ものもらいの自然治癒には目安として2~3日ほどの時間がかかると言われています。

さらに、軽い症状の場合であれば自然に気づかないうちに治っています。

 

いつまでたっても長引く重症化している場合は、眼科を受診する事をおすすめします。

 

 

自然治癒を速めるためにすることはあるの?

目薬

目薬の中でもものもらいに有効な抗菌成分が入った目薬を使いましょう。

ちなみにパッケージにものもらい用と書かれています。

 

コンタクトレンズは外す

コンタクトレンズを10時間以上するなど目に負担をかけている場合は、ものもらいにかかる事も多いようです。

完全に治るまではコンタクトレンズは我慢しましょう。

 

眼帯着用

眼帯を着用する事で汚れた手などで目を触ることなく菌を増殖させることなく自然治癒が早まります。

 

目の乾燥を避ける

ものもらいに乾燥は大敵であり、目薬を頻繁に指すほかに室内の

暖房など湿度を減らしてしまう物を取り除くように努力しましょう。

 

食品

目に良いと言われているビタミンAが豊富な鶏肉やレバーがおすすめです。

ビタミンAは目の粘膜をきれいに保つ効果があると言われているのでものもらいに有効です。

その他発酵食品も目の粘膜に良いと言われています。

 

 

ものもらいで視力が低下する事もある?

 

ものもらいなどのまぶたの炎症を起こす事で視力の低下を引き起こすことがあります。

しかし、それらのほとんどは一時的な物である事が多いです。

結膜炎やものもらいながある時は正確な視力を測る事ができません。

 

 

まとめ

ここまで御覧になりいかがでしたでしょうか。

カラコンを使用することでやはり一般のコンタクトレンズと同様に視力の低下を真似事もあるようです。

 

特にカラコンは眼科で処方された以外のものを使用すると目を傷つけてしまう可能性も大いにあります。

さらに、気になるものもらいですが、視力低下は一時的な物であり、

自然治癒も可能であり自然治癒を速めるための習慣などもご紹介いたしました。