成長期のお子さんがいらっしゃる方は耳にした事があるかもしれませんが、

成長期伴い視力が低下する。と聞いた事はありませんか?

 

本当にそのような事があるのでしょうか?

成長期、特に高校生なんかは体も心も大きく成長しています。

 

もちろん目、眼球も大きくなっていくのです。

つまり、水晶体と網膜の間の距離が少しずつ開いていくわけです。

 

水晶体と網膜の距離が開いていくとピントを合わせようとするのも少しずつすれていくわけです。

これが成長期に伴い視力が低下するといわれている原因ではないでしょうか。

 

もちろんこれだけではなく、生活習慣なども大きく関わってきます。

成長期のお子さんは視力が下がりはじめると大人よりもスピードが早いです。

 

また、眼病などの病気の可能性もあります。

少しでも心配な場合には、眼科へ行き治療をしてもらうようにしましょう。

 

今回は成長期のお子さんの視力低下についてまとめてみました。


Sponsored Link


成長期の視力低下は何故起こるの?

 

先ほど体の成長に合わせ、眼球も大きくなることにより、視力低下が起きるとも

お話をしましたが、その他にも考えられる原因としては生活習慣と言えるでしょう。

 

特に最近は、小学生や中学生でもスマートフォンを持ってる子供も多く、高校生ではほとんどがもっていますよね。

授業でパソコンやタブレットなどを使用することもほとんどです。

 

このような液晶の画面を近くの距離で長時間見続けるという行為は、目にとってはかなりの負担といえるでしょう。

長時間同じ体勢で近くの物を見続けると、目は近くのものにしかピントを合わせられなくなっていきます。

 

急に目を遠くに向けると、ぼやけているという事もあると思います。

このようにして視力低下はどんどんと進んでいってしますのです。

 

成長期には、目もこのような影響を受けやすくなっていますので、

大人よりも視力が低下するスピードは早いと言われています。

 

また、家では、テレビを近くで見ない、ゲームなどは時間を決めて行うなどと

保護者の方がしっかりと生活習慣を見直してあげることが大切かもしれません。

 


Sponsored Link


 

高校生の気を付けるポイントは?

 

スマートフォンが普及し、高校生の視力低下はどんどんと進んでいると言われています。

 

寝る前などに、布団に入り、暗い場所で、スマートフォンで

メールやゲームをしていたりなどの生活習慣が問題視されています。

 

スマートフォンなどのディスプレイからは、ブルーライトという光が発されています。

この光は他の光よりもエネルギーが強く、角膜や水晶体を通過してしまいます。

 

網膜まで到達して、目に悪影響を与えてしまいます。

このブルーライトは光がにじみやすく、目はピントを合わせようと

一生懸命に働きますので、目が疲れてしまうとも言われています。

 

酷いひとでは、目の疲れだけではなく、頭痛を伴うという方もいらっしゃるようです。

特に高校生はほとんどがスマートフォンをもっており、その使用頻度が問題視されています。

 

できるだけ暗い場所では使用しない。長時間使用しないなどの生活習慣を見直してみてはいかがでしょうか。

 

 

視力を回復させる方法はあるの?

 

回復させる方法はいくつかあり、まずは目の疲れをとる事からはじめましょう。

目の周りの血流を良くする事で解消できます。

 

蒸しタオルを使い、目の周りを温めてあげましょう。

血流がよくなり、緊張していた目の筋肉がほぐれます。

 

寝る前にすると一日の目の疲れがとれて次の日とてもスッキリしますよ。

その他にも、まばたきをすることで回復する方法もあります。

 

液晶などを長い時間眺めていると、無意識のうちにまばたきの回数が減っています。

強めにまばたきをして、ギュッと5秒ほど目をつぶったりする運動をしましょう。

 

この運動をすることで、目の周りの血流を良くする事が出来ます。

 

 

まとめ

成長期の視力低下は放っておくと、あっという間に視力はどんどんと下がっていってしまいます。

違和感を感じたら早めに眼科へいきましょう。

 

また生活習慣も大きく関わってきます。

自分の目を守るためにも、暗い場所ではスマートフォンは使用しない。

などと決めて、目を休めてあげるようにしましょう。