急激な視力低下。

日本人は特に目が悪い人が多く、メガネやコンタクトレンズを使用しなければ日常生活に支障を来してしまう方も多くいらっしゃいます。

 

特に子供は、大人に比べて脳も目も柔軟性があるために、視力が低下するスピードもとても早いです。

子供には近視が多いとされています。

 

大人になってからでも、目を使いすぎると急激に視力が低下してしまう事も考えられます。

最近はパソコンやスマートフォン、タブレットなどを使わない日はないほどですし、1日の半分以上の時間使用しているという方も多いです。

 

その他にも、気づかないうちに目の奥の網膜から出血をしているという場合も考えられます。

視力が低下したと思った時には早めに眼科へ行き、診察や治療をしてもらいましょう。

 

今回は、大人の急激な視力低下に考えられる原因やストレスなどをまとめてみました。


Sponsored Link


急激な視力低下は何故起こるの?

 

視力低下の原因は様々です。

特に注意したいのは、急激に視力が下がったというポイントです。

 

目の使いすぎで急激に視力が下がることもありますが、急激に視力が下がった時には何か目の病気の可能性もあります。

先ほどお話しましたが、網膜から出血して急激に視力が下がる事もあります。

 

この網膜からの出血は自覚症状がほとんどなく、視力が急に下がり驚いて眼科へ行くと網膜から出血していたという事も少なくありません。

 

網膜の出血は急激な視力低下の他にも、物がゆがんで見えたり、暗く見えたり、見たい部分が見えなかったりするといった症状もあります。

 

そして、この網膜からの出血の原因とされるのは大きくわけて2つあり、糖尿病網膜症、加齢性黄斑変性症といった2つの原因が考えられます。

 

糖尿病網膜症とは、糖尿病の3大合併症の一つと言われています。

また、日本の失明原因として、緑内障に続き2番目に多いとされています。

 

このような恐ろしい病気も隠れていますので、急激な視力低下は病気のサインの可能性もあります。

早めに眼科を受診しましょう。

 


Sponsored Link


 

ストレスが原因なの?

 

ストレスが目に来ると、急激に視力が低下してしまう場合もあります。

 

子供の場合は、受験勉強で目を使いすぎて視力が低下してしまう事もありますが、受験勉強がストレスになっており、視力が急激に低下することもあります。

 

脳が強いストレスを感じると自律神経が乱れ、視力にも影響がでる可能性もあります。

この場合の視力低下は一時的なものが多く、ストレスを解消すると視力が戻る場合もあります。

 

音楽を聴いたりマッサージをしたり、ストレスをなくす事を考えましょう。

 

 

大人の場合、ストレスを回避する方法はある?

 

仕事や対人関係、大人になるとストレスと隣り合わせの生活が続く事も多いです。

そんな事が原因で視力が低下してしまった方はどのようにしてストレスを解消すると良いのでしょうか。

 

趣味がある方は、趣味でストレス発散をしているという方も多いと思いますが、特にこれといった趣味がない方におすすめのストレス発散方法をいくつかお話します。

 

ひとつめはカラオケへ行き、おもいっきり歌う。

一人カラオケは特にオススメです。最近は一人カラオケをしているという方はとても多いです。

 

一人で思いっきり歌うことでストレス発散になりますよ。

その他にも、旅行や登山にいく事もオススメです。

 

いつもと違った雰囲気にする事でもやもやした気持ちもすっかり忘れてリフレッシュする事ができます。

特に、登山などに初めて行ってから登山が趣味になったという方も多いです。

 

この他にも、スポーツ観戦へ行って雰囲気を味わったり、大声を出して応援することでストレス発散をすることもできます。

 

 

まとめ

急激な視力の低下には病気やストレスなど原因は様々です。

 

病気の場合は眼科で治療をしてもらう事が第一ですが、ストレスが原因の場合には、ストレスを取り除いてあげる事で視力が戻る場合もあります。

 

マッサージをしたり、音楽を聴いてストレスを発散するのも良いですし、趣味や旅行などへ行くことでストレスを発散し、ストレスをため込まないように気をつけましょう。