左右脇腹が痛いという経験はないでしょうか。

女性の場合吐き気も伴うことが場合によりはあり不安になりますよね。

 

そこで、今回は左脇腹の痛みの原因や右脇腹の痛みで吐き気を伴う原因、女性の場合は何かの病気が影響しているのかについてご紹介いたします。


Sponsored Link


左脇腹の痛みの原因はなんなの?

 

左脇腹の痛みの原因には内臓や筋肉の異常をきたすこともあります。

 

筋肉痛

最も多いと言われているのが、筋肉の疲れを表す筋肉痛です。

普段使うことのない筋肉は運動などで動かした後日にチクチクとした痛みが起こります。

しばらく安静にすることで改善されます。

 

胃潰瘍、十二指腸潰瘍

これらの病気の場合も、左みぞおち部分に痛みが起こります。

胃潰瘍はストレスやピロリ菌などによって起こり、食事中や食後に痛みが起こります。

十二指腸潰瘍は、胃潰瘍と同様にピロリ菌が原因で起こり空腹時に痛みが起こります。

 

肋間神経痛

肋骨にあるこの神経が痛み事で左わき腹付近に強い痛みを伴うことがあります。

ストレスや睡眠不足、神経の冷え、ウイルス感染、疲労などにより起こります。

身体を曲げた際やくしゃみや咳などで身体を動かした際に肋骨が動くことにより痛みが発生します。

 

急性膵炎

お腹の左側にある膵臓が炎症を引き起こすことで起こります。

原因は飲酒によりアルコールを過剰摂取することにより引き起こされると言われています。

 

膵臓がん

特徴としてみぞちや背中に痛みが起こり、はっきりとした痛みがないことが症状としてあげられます。

発見も遅くかかりやすい50歳以上のの方には気を付けていただきたいです。

 

尿路結石

尿通り道に胆石が出来る事で痛みが起こります。

脇腹や背中、腰、下腹部に強い痛みが現れます。

 

30~60歳の男性に多い病気であり、血尿や吐き気なども起こります。

原因としては睡眠不足やストレス、栄養バランスの偏り、細菌感染などが考えられます。

 

婦人科系の病気

女性の場合は、子宮や卵巣の病気が引き金となり、左脇腹から少し下の箇所に痛みを伴うことがあります。

月経の異常や違和感を感じた場合には疑われます。

 


Sponsored Link


 

右脇腹の痛みで吐き気を伴う場合は?

 

右脇腹の痛みと共に吐き気を伴う場合は要注意です。

 

腸閉塞

腸閉塞などの恐ろしい病気が潜んでいる可能性があります。

腸閉塞とは、摂取した食べ物をうまく腸で排出されにくくなることより右脇腹や背中に痛みを伴い、吐き気や便秘などを引き起こします。

 

腎梗塞

その他、腎梗塞が考えられます。

腎動脈に血栓や寒栓が起こり腎臓の機能が起こらなくなる病気です。

腹痛や脇腹痛、吐き気を伴います。

 

 

女性の場合は何かが影響してるの?

 

女性の場合脇腹が痛むと女性器系の病気が疑われます。

特に、子宮や卵巣に関する病気を引き起こしている事が考えられます。

右脇腹が痛む場合は、以下の病気が考えられています。

 

子宮筋腫

子宮筋腫は子宮平滑筋に良性の腫瘍が起こる事で腰や右脇腹に痛みを感じます。

腰や右脇腹に痛みを伴います。

知りが長引いていたり残尿感や便秘などの症状も伴う場合は疑ってください。

 

子宮内膜症

子宮内膜症は月経のたびに出血を起こし炎症を引き起こす病気です。

脇腹や下腹部の痛みが起こります。

 

妊娠していない女性に多く見られ、腹膜で起きた場合は腫れがひどくなりた部分との癒着を引き起こし脇腹や下腹部の痛みとして引き起こされます。

卵巣内で起これば、卵巣内膜症嚢胞という病気であり月経に関わらず痛みを引き起こします。

 

 

まとめ

ここまで御覧になりいかがでしたでしょうか。

左脇腹の痛みには筋肉や内臓に関する異常が考えられます。

 

その他、右脇腹の痛みと共に伴う吐き気は恐ろしい病気が潜んでいる可能性があります。

さらに、右脇腹には女性の子宮や卵巣に関わる病気が潜んでいる可能性もあるので異常を感じたら是非需品をしていただきたいです。