「イタタ・・!」

突然、右脇腹や左脇腹につるような痛みが起こるとびっくりしてしまいますね。

 

また、はっきりとした痛みではないものの、脇腹に違和感や鈍痛が起こることもあります。

このような痛みは何が原因で起こるのでしょう?

 

その時だけで症状が治まる場合もありますが、原因によっては慢性化してしまうことも。

原因を突き止めて適切に対処しましょう。

 

脇腹のつるような痛みや鈍痛の原因について調べました。


Sponsored Link


脇腹の痛みの原因は、筋肉にあった?

脇腹の痛みの原因は、筋肉のトラブルによるものかもしれません。

 

出典:deepmuscle.info/

 

脇腹の筋肉は「腹斜筋」と「腹横筋」からなっています。

これらの筋肉は3重構造になっていて、体幹を支えたり、上半身をねじる際に働いたりします。

 

この脇腹の筋肉が傷むと、つるような痛みが発生します。

具体的な症状としては、

 

・筋肉痛
・筋膜炎
・肉離れ
・こむら返り

 

などがあります。

 

筋肉痛・筋膜炎・肉離れ

野球やゴルフなどの選手は上半身をひねる動きを繰り返すので、この部分の筋肉が炎症や肉離れを起こすことが多いです。

 

こむら返り

腹斜筋や腹横筋の「こむら返り」は、体をひねる動きをしなくても起こります。

 

マラソン選手が脇腹を押さえて苦しそうに走っていることがしばしばありますが、あれは脇腹の筋肉がこむら返りを起こしていると考えられます。

 

長時間の運動によって腹斜筋や腹横筋に疲労物質がたまると、突然筋肉が硬直する現象が起こります。

 

マラソンでなくとも、長時間のデスクワークや同じ姿勢での作業を続けていると、体を支える脇腹の筋肉に疲労物質が蓄積し、ある時急につったように痛み出すことがあります。

 

このようなこむら返りの対処法は、硬直している筋肉を伸ばすことです。

 

出典:4.tokai.or.jp/

 

腕を上げて、息を吐きながら上半身を後ろにゆっくり反らします。その状態で痛む方と逆の向きに体を曲げていきます。

こうすれば硬直した筋肉が伸び、こむら返りは早く治まっていきます。

 


Sponsored Link


 

背骨が原因で痛むこともあるの?

脇腹の痛みの原因が、背中の骨(脊椎)の神経にある場合もあります。

 

出典:health.merrymall.net/

 

肋間神経は脊椎から分岐し、肋骨に沿って体の中心へ走っています。

脊椎に異常があり、脊椎の神経を圧迫していると、末端の神経にしびれや痛みなどの症状が出ることがあります。

 

このような場合は脊椎の治療をしなければなりません。

具体的な症状としては、ヘルニアや骨粗しょう症、脊椎管狭窄症などがあります。

 

 

脇腹のつるような痛み、帯状疱疹の可能性は?

 

神経節に潜んだウイルスによって起こる皮膚の疾患、帯状疱疹。脇腹は帯状疱疹が起こりやすい部分です。

放置していると1か月以上も激しい痛みが続くため、初期症状を見逃すことなく早めに治療してしまいたい病気です。

 

脇腹がつるように痛む時、帯状疱疹かどうかを見分けるポイントは次の通りです。

 

発疹

帯状疱疹の場合はウイルスが神経に沿って活動するため、体の片側に帯状の赤い発疹が現れます。

 

チクチクするような痛み(初期)

脇腹がつる前に、チクチクするような痛みが出ていた場合は帯状疱疹である可能性があります。

以上のような症状がみられた場合は、早めに皮膚科を受診するようにしましょう。

 

 

脇腹の鈍痛は、内臓疾患のサインかも!

 

脇腹に痛みがある時に怖いのは内臓の病気です。

内臓には痛みを感じる神経がありません。

 

その代わりに周囲の神経や筋肉が反射的に緊張したり、痛みの信号を出したりすることがあります。

これを「内臓反射」といいます。

 

内臓反射が起こると筋肉が硬直し、引きつるような痛みや違和感、鈍痛が起こります。

しばしば「鈍痛なら内臓に病気がある?」と思われがちですが、内臓が原因で筋肉がつることもあるので注意して下さい。

 

<右脇腹の痛みで考えられる病気>

・胆のう炎、胆管炎などの胆のうの病気
・肝炎、肝臓がんなどの肝臓の病気
・十二指腸潰瘍などの十二指腸の病気

 

<左脇腹の痛みで考えられる病気>

・胃炎や胃潰瘍などの胃の病気
・脾機能亢進症などの脾臓の病気
・急性膵炎などの膵臓の病気

 

<左右どちらにも痛みが出る病気>

・大腸がんなどの大腸の病気
・急性腎炎や腎臓がんなどの腎臓の病気
・子宮筋腫など女性の病気

 

また、慢性的な便秘によって脇腹痛が起きることもあります。

このような内臓が原因で起こる脇腹の痛みは、体を動かしていなくても痛む、下痢や発熱、倦怠感など。

 

症状が伴う場合があるといった特徴があるので、このような特徴も参考にして下さい。

痛み以外の症状がない場合でも、痛みがいつまで経っても治らず原因が分からなければ一度病院で内臓を診てもらった方がいいでしょう。

 

その際は、様々な科がある総合病院へ行く事をおすすめします。

 

 

脇腹の筋肉のトラブルは繰り返しやすい!?解消法は?

脇腹の痛みが筋肉の炎症やこむら返りだったとしても、安心することはできません。

脇腹の筋肉のトラブルは一度発症すると長引く傾向があり、何度も繰り返す場合が多いのです。

 

脇腹の筋肉の状態を正常に保ち、このようなトラブルを防止しましょう。

 

・栄養不足によるカルシウム・マグネシウム・ビタミンB1の不足
・水分不足
・冷え性

 

このような要因によって筋肉は硬くなり、こむら返りなどのトラブルを起こしやすくなります。

水分補給やバランスのよい食事でこのような要因を元から断つことが重要です。

 

また、体の左右どちらかにいつも負荷がかかっているのもよくありません。

運動や仕事でいつも左を向く動きをしている場合、作業後には右側に体をひねるようにするなどして、左右均等に負荷をかけるようにしましょう。

 

 

まとめ

左右の脇腹のつるような痛みや鈍痛の原因についてまとめましたが、いかがでしたか?

脇腹の痛みは筋肉の異常、脊椎損傷、ウイルス感染、内臓疾患など様々な部分が原因で起こります。

 

特にウイルスによる帯状疱疹や内臓疾患は、早めに対処して重篤化を防ぐようにしましょう。

また、筋肉の異常による脇腹の痛みはクセになりやすく厄介なものです。

 

筋肉の状態を正常に保つことが解消の鍵ですので、今回紹介した方法を参考にしてみて下さいね。