脇腹が痛い・・そんな時、皆さんはどんな対処をしますか?

寝ていても痛みがあると、ひょっとして病気ではないかと不安になってしまいますよね。

 

そんな時は痛む部分や痛み方をチェックしてみましょう。原因を知る手がかりになります。

今回は右脇腹上部と左脇腹の後ろ部分が痛む場合に考えられる原因について調べました。

 

また、痛みの対処法についても紹介します。


Sponsored Link


脇腹の痛みはなぜ起こるの?

 

腹痛といえば胃や腸に原因があると考えてしまいがちですが、「食あたりかな?」と思っていた腹痛にはしばしば意外な原因が見つかるものです。

 

腹部には上半身を支える筋肉や骨、消化器などの内臓が集中しており様々なきっかけで痛みが発生しやすい部分です。

骨や筋肉、皮膚などに原因がある痛みの場合、体を動かす時に痛む、痛む箇所が手で指し示しやすいという特徴があります。

 

このような場合は整形外科や皮膚科を受診するとよいでしょう。

内臓疾患による痛みは内臓周辺の神経が反応して起こるため、痛む箇所が分かりにくい安静時も痛むことが多いという特徴があります。

 

このような場合は内科を受診する必要があります。

脇腹に痛みが生じた際は、まずこのような特徴を参考に原因を探ってみましょう。

 


Sponsored Link


 

骨や筋肉、皮膚などが原因で起こる脇腹痛にはどんなものがあるの?

 

肋骨の疲労骨折

肋骨に負担がかかり続けて疲労骨折が起こることがあります。

野球やゴルフの選手は上体に常に負担がかかるので、このようなトラブルに見舞われることが多いです。

 

スポーツ以外の原因で意外に多いのが、咳による骨折。

気管支炎や肺炎などにかかり、数日にわたって激しい咳をしていると、衝撃に骨が耐えられなくなって骨折してしまうことがあります。

 

このような疲労骨折は患部を固定して安静にしていれば2~3週間で骨が再生しますが、まずは骨の異常に気付くことが解決の近道になります。

 

筋肉痛

腹部の筋肉が疲労や緊張でこわばってしまい、痛みが発生します。

よくある左脇腹の痛みで多いのが、食後の運動時に起こる痛みです。

 

この現象の原因ははっきり分かっていませんが、胃に負担がかかっている時に周辺の筋肉を動かすことでストレスがかかり、筋肉痛が起きているのではないかと考えられています。

 

それ以外にも、体を反るような運動をした後に感じる脇腹の痛みは筋肉痛である可能性が高くなります。

 

<痛みの対処法>

・無理に体を動かさず、ゆっくりと上半身を後ろに反らす
・深呼吸をする

 

帯状疱疹

チクチクするような痛みがあり、皮膚に赤い発疹がみられる場合は帯状疱疹の可能性が高くなります。

帯状疱疹は免疫力の低下によって神経に潜んでいたウイルスが活動し、発疹や水ぶくれを引き起こす症状です。

 

皮膚の症状は3週間~1か月続きますが、その間患部には刺すような強い痛みが発生します。

帯状疱疹は初期の数日間の内に治療することが重要です。初期症状の特徴としては、

 

・体の片側に帯状の発疹が出る

・チクチクするような痛み

 

があります。このような特徴がみられたら、すぐに皮膚科を受診するようにしましょう。

 

 

内臓疾患が原因で起こる脇腹痛にはどんなものがあるの?

 

内臓疾患が原因で起こる脇腹痛には様々なものがあります。

 

内臓疾患が引き起こす右脇腹上部の痛み

右上腹部に位置する内臓には肝臓や胆のう、十二指腸や腎臓などがあります。

これらの内臓が病気になると、機能低下によって脇腹に痛みが出ることがあります。

具体的な病気としては、次のようなものがあります。

 

・胆石症、胆のう炎
・肝炎、肝臓がん
・十二指腸潰瘍
・腎炎、腎臓がん

 

内臓疾患が引き起こす左脇腹の後ろの痛み

左腹部には胃や膵臓、脾臓、腎臓などがあります。

これらの内臓疾患が左脇腹や背中側の痛みを引き起こすことがあります。

具体的な病気としては、次のようなものがあります。

 

・胃炎、胃潰瘍、胃がん
・急性膵炎、膵臓がん
・腎盂炎、腎臓がん

 

内臓疾患が疑われる場合は病院で適切な治療を受けましょう。

 

内臓疾患を見分けるポイント

このような内臓疾患による脇腹の痛みは、骨や筋肉の痛みのように痛む場所が特定しにくいのが特徴です。

また、痛み以外にも吐き気や発熱などの様々な症状が伴う場合が多いです。

 

特に臓器に炎症が起きていると下痢症状が出ることがありますので、このような症状が出たら病院での診察時に医師に伝えるようにしましょう。

 

 

その他に考えられる脇腹痛の原因は?

生理痛・婦人科疾患

生理痛によって脇腹や腰側に痛みが出ることがあります。

月経前など、周期的に脇腹痛が発生する場合は生理痛を疑ってみる必要があります。

 

また子宮筋腫ができていることによって他の内臓が圧迫され、痛みが発生する場合もあります。

原因不明の脇腹痛がある場合、女性は子宮疾患の可能性もありますので、婦人科や内科など様々な専門科がある総合病院を受診することをおすすめします。

 

便秘

便秘によって起きる脇腹痛もよくある症状のひとつです。

便秘による痛みは便そのものよりもガスによるものの方が強くなります。

 

大腸は体の右下部から腹部を一周して左下の肛門へ続いていますが、便秘になった場合、出口付近の左側から順にガスが溜まっていきます。

特に左側のカーブ部分では大量に溜まったガスが腸内を強く圧迫するので、左脇腹にしめつけられるような痛みが発生します。

 

このような痛みはガス抜きをすると解消できます。

<ガス抜き体操>

1. あおむけに寝て、両ひざを抱えます。
2. 息を吐きながら両腕でひざを胸に引き寄せ、上体を起こします。このとき、太ももを下腹に押しつけ、お尻を持ち上げ呼吸を5回します。これで自然にガスが抜けます。
3. 体を元に戻し、息を吸って、また繰り返します。

注意)頸椎に問題のある時は、頭を上げずに行って下さい。

文章・図 出典:seirogan.co.jp/

 

 

まとめ

右脇腹上部や左脇腹の後ろが痛くなる原因と対処法についてまとめましたが、いかがでしたか?

脇腹痛には様々な原因がありますが、痛みの特徴を知ることで対処方法が見えてきます。

 

今回とりあげた様々な原因とその特徴を参考にして下さい。

また、便秘によって起こる痛みはガスを上手く出すことでスッキリ解消できますので、今回紹介した体操を試してみて下さいね。