腰の痛みの原因が分からなくて悩んでいる・・。

そんな人は多いですよね。

 

特に「右の腰の後ろが痛い」という風に痛みが片側に集中して出たりすると、何かの病気ではないかと不安になってしまいます。

今回は右の腰が痛い場合に考えられる腰の症状や病気について調べました。


Sponsored Link


腰痛の痛み方をチェック!病気の可能性は?

身に覚えのない腰痛が起こると、何か厄介な病気なんじゃないかと不安になりますよね。

腰痛が発生した時は、次のようなポイントをチェックして下さい。

 

・体を動かすと痛むか?
・脚にも痛みやしびれがないか?
・長時間立っていると痛むか?
・寝ている時も痛むか?
・一日のいつ頃に痛むか?

 

このポイントによって、腰痛の原因がどこにあるのかを予測することができます。

腰痛の原因で一番多いのは、骨格や筋肉、神経の異常です。

 

これらが原因の場合、体を動かすなどの運動時に痛みが発生するのが大きな特徴です。

よくある筋肉痛であれば安静にしていれば治るのですが、もし脚部に痛みやしびれが出ている場合は神経に係わる病気にかかっているかもしれません。

 

このような特徴があれば、整形外科を受診しましょう。

一方、寝ている時も痛みがある場合は内臓疾患の可能性が高くなります。

 

さらに、長時間立っていると痛みが出てくる場合は、背骨の異常である可能性が高くなります。

また、一日の中で痛む時間が起床時に集中している人は、寝ている時の体勢に原因があることが多いです。

 

このような点をふまえ、具体的な原因をみていきましょう。

 


Sponsored Link


 

右の腰が痛くなるときに考えられる症状は?

右の腰が痛くなるときに考えられる症状は次の通りです。

 

腰椎椎間板ヘルニア

腰の骨(椎骨)の間にある椎間板の中身が飛び出して神経を圧迫し、腰痛が発生します。

 

出典:mominoki-kagitori.com/

 

椎間板は骨と骨の間にある軟骨組織で、衝撃を和らげるクッション材の役割を果たしています。

腰の椎間板の中にあるゼリー状の「髄核」が老化や激しいスポーツなどの負担で後ろへ飛び出してしまうと、脊髄や神経を圧迫して痛みやしびれなどの症状が出ます。

 

この場合、髄核が飛び出す方向によって痛みが片側に集中します。

腰から脚にかけて痛み・しびれが出る場合や、腰を後ろに反った時に痛みが強くなる場合、椎間板ヘルニアになっているかもしれません。

 

痛みの対処法としては、スポーツや腰を使う仕事を中断し、安静にすることです。

初期のヘルニアだと安静にしていれば治ることがあるため、病院でも治療せずに経過観察をすることがあります。

 

また、あぐら座りや長時間の立ち仕事を避けるなど、腰に負担をかけないようにすることも大切です。

もし経過観察を続けても症状が改善しない場合、手術で治療することもあります。

 

腰部脊椎管狭窄症

腰椎の中にある神経の通り道「脊柱管」が老化などにより狭くなり、神経が圧迫され、腰から脚の方にかけて痛みやしびれが出ます。

脊柱管は背骨が後ろ向きに反った状態でより狭くなるため、まっすぐ立っている時や胸を張った時に痛みが走ります。

 

逆に前かがみの姿勢では緩くなるので痛みが治まります。

このような症状に心当たりがある場合は病院を受診しましょう。

 

経過観察をする場合もありますが、重い症状であれば手術で治すこともあります。

 

腰椎分離症

出典:joa.or.jp/

 

腰椎に過度の負担がかかり続けることで一部が疲労骨折する症状です。

骨が未発達な段階にある子供に起こることが多く、骨折したまま成長してしまうと骨が完全に分離してしまいます。

 

骨折したのに気が付かないなんて・・と思う人もいるかもしれませんが、疲労骨折は徐々に進んでいくため、症状が分かりにくいのです。

体を後ろに反った時に腰痛を感じますが、しばらく安静にしていると治まるので病院に行かないまま過ごしてしまう例が多いようです。

 

ただし、骨が折れたままなのでスポーツや腰を使う仕事のたびに腰痛を発症することになり、重症化すると脚部の麻痺なども起こってしまいます。

初期で発見できれば骨をつなぐことができるので、子供が腰痛を訴えたら病院で検査を受けさせるようにしましょう。

 

関節炎

腰関節の神経が炎症を起こす症状です。

腰の部位によって「椎間関節炎」「仙腸関節炎」などに分類されます。

 

神経のトラブルなので、椎間板ヘルニアや脊椎管狭窄と同じく腰から脚にかけて痛みやしびれが発生するのが特徴です。

腰の靭帯を損傷することで起こる「ぎっくり腰」と併発することがよくあります。

 

対処法は、まず安静にすること。炎症を悪化させないようにします。

患部を温めたりマッサージをしたりするのは逆効果になります。

 

炎症が治まったらストレッチなどで徐々に動きを取り戻していきます。

 

筋肉痛・筋膜炎

運動などで腰を痛め、脚部のしびれなどがない場合は筋肉痛や筋膜炎の可能性が高いです。

こういった痛みの場合、安静にしていれば3~4日で症状が治まります。

 

激しく痛むときは患部を冷やす方が良いのですが、痛みが引いてきたら腰を温めたりマッサージをしたりして血行を良くし、ストレッチをするとより早く痛みがとれていきます。

 

ただ、骨や神経の症状と間違えることもあるので、症状が長引く場合は病院に行くようにしましょう。

 

内臓疾患によるもの

腰の痛みで怖いのが、内臓の病気によるものです。腰が痛くなる主な病気として、

 

・盲腸
・腎臓病
・肝臓病
・腸の疾患
・子宮内膜症などの女性の病気
・胆石

 

などがありますが、あげればもっと沢山あります。

 

特徴としては安静時にも痛みが発生しやすいこと、倦怠感や体のむくみ、発熱などといった症状が伴うことが多いことなどです。

このような内臓疾患によって腰痛になった時には、症状がかなり進行していることが少なくありません。

 

症状が疑われる時には早めに病院で検査を受けましょう。

また、このような病気を早期に発見できるよう、定期的に人間ドッグでチェックしておくことも大切です。

 

 

朝方の痛みは寝返りストレッチで解消!

 

腰痛が朝起きた時にひどくなるという人は、寝ている間の体勢が原因かもしれません。

就寝時にずっと仰向けで寝ていると、内臓が腰側に押し付けられてうっ血し、腰痛となって現れることがあります。

 

また、内臓の重みで腰の筋肉や神経が圧迫され、痛みが発生することもあります。

仰向けというのは、実は体にとって一番楽な体勢ではありません。

重力のかかり方が変わることで体の器官には負担がかかります。

 

通常は、寝ている間に何回か寝返りをうって力のかかるポイントを変えていくのですが、体が硬いとそれがうまくできずにずっと同じ体勢で寝続けることになってしまいます。

 

このような原因で腰痛が起きている場合は、就寝前の体をひねるストレッチ体操が効果的です。

腰痛になりやすい人は腰回りの筋肉が慢性的に硬くなっている場合が多いので、今痛くない人もぜひ試してみて下さい。

 

<腰をねじるストレッチ>

肩と膝ができるだけ床につくように意識しながら行いましょう。

 

・仰向けになり、片側の膝を立てて内側に倒す。
・倒した膝を逆側の手で床におさえる。
・倒した側の手をまっすぐ頭の上に伸ばす。その状態で深呼吸を6回する。

 

<ひざ抱えストレッチ>

・仰向けになり、両手を組んで両ひざを抱える。
(両足の太ももが胸につくように)
・その状態で両手以外の力を抜いて6回深呼吸をする。

 

このようなストレッチを行い、腰痛を防止しましょう。

ただし、無理に行うとかえって腰痛の原因になってしまいますので、足腰に違和感が出たらすぐに中止してくださいね。

 

 

まとめ

右の腰が痛い原因と対処法についてまとめましたが、いかがでしたか?

この部分が痛くなる原因には骨や筋肉疲労など様々なものがありますので、それぞれの痛みの特徴を参考に適切な対処をして下さい。

 

ただ、腰痛になりやすい人は一度症状が治まっても腰痛を繰り返しやすくなっています。

このようなトラブルを防ぐ秘訣は、体の柔軟性を高めること。今回紹介したストレッチをぜひ試してみて下さいね。

 

また、腰痛が内臓疾患によって発生することもありますので、症状が疑われる場合は早めに病院で検査を受けて下さいね。