仕事や日々の生活で体に疲れが溜まっているという方は多いのではないでしょうか。

特に、肩こりなどの首から肩にかけての症状を訴える方はとても多いと言われています。

 

歳を重ね、五十肩や四十肩などの病気もよく耳にします。

肩の痛みの原因を理解し、しっかりと治療をしたいものです。

 

中には、毎日ストレッチを行うことで、肩の痛みが緩和されたりと改善方向に向かう場合もあります。

病院や整体院などでしっかりとケアしてもらうのも良いでしょう。

 

今回は、頭を抱えている肩も多い、肩の痛みについてまとめてみます。


Sponsored Link


肩の痛みで腕が回らない場合もあるの?

 

肩の痛みで腕が回らないという症状はあります。

特に後ろ向きに回せずに、付け根の前側が痛い場合。

 

後ろに回そうとすると、腕に電気が走るように激しく痛む場合。

これらは、「肩関節周囲炎」。いわゆる四十肩や五十肩などと呼ばれる症状の場合があります。

 

ただ、それだけに限らず、腱板損傷といって、肩と腕の骨をくっつけている腱を痛めている場合や、首からの神経痛が原因の場合もあります。

このように、肩が痛く腕が回らないといった症状の説明だけでは、原因を特定するのは医者でも難しいのです。

 

肩や首、腕の痛みが出ているにもかかわらず、病院や整体院にも行かずにそのままにしておくと、症状が悪化することは目に見えていますよね。

特に腱板損傷では完全に腱が断裂してしまうと、腕があがらなくなることはもちろんですが、手術が必要になってしまいます。

 

痛みや異変を感じたら、なるべく早く病院や整体院へ行き診察をしてもらうようにしましょう。

 


Sponsored Link


 

肩の痛みを和らげる方法は?

 

最初は肩こりから始まり、だんだんと肩が痛くなり、首が痛くなり、次には頭が・・・。

というように、肩の痛みを放っておくとどんどん悪化して最悪の場合手術が必要になる場合も考えられます。

 

そうならない為にも、日々自分でしっかりとケアしていくことが大切なのです。

自分でケアをして、なるべく早く症状を和らげ、少しずつでも改善していくようにこころがけましょう。

 

まず効果が期待できる事としては、毎日のストレッチです。

ストレッチをする習慣がないという方は、まずその習慣を付けることからはじめましょう。

 

それだけでも十分肩が軽く、快適になると思います。

また、姿勢が悪く、肩や腕、首に痛みがでる場合も考えられます。

 

特に最近は仕事で一日中机に向かっていたり、パソコンを使用したりするという方も多くいらっしゃいます。

その他に、スマホを操作している時間が長く悪い姿勢が続くと、体に負担がかかるのは当然です。

 

良い姿勢を意識する事で、痛みが改善される場合もありますので、猫背になっている方などは特に胸を張って

座ったりと少し大げさに感じるかもしれませんが、良い姿勢を心がけましょう。

 

 

おすすめのストレッチ方法は?

 

難しく、大変なストレッチは長続きしませんよね。

まずは、簡単で毎日続けることのできるストレッチからはじめましょう。

 

とても簡単なものは、ただバンザイをするだけです。

そのときに注意することは、しっかりと指先まで伸ばして、10秒ほど手を上げておきましょう。

 

元に戻るときには、ゆっくり戻すことを意識して、5秒ほど時間をかけて元の姿勢に戻ります。

これを10回程度繰り返しましょう。

 

また、眠る前には、20秒ほどかけて、つまさきから指先までをしっかりと伸ばして背伸びをします。

こうして体をリラックスさせ眠りにつくことで随分次の日も違ってきます。

 

このように簡単なストレッチを習慣づけることで体も少しずつ変化がでてくると思いますので、しっかりと自分でケアを行っていくことが大切です。

 

 

まとめ

肩の痛みを放っておくと、肩が上がらなくなり、最悪手術が必要になる場合などもあります。

自分で判断せずに痛みが続く場合には病院や整体院へ行き、診察をしてもらいましょう。

 

また、ストレッチを習慣づけたり、猫背などの姿勢が悪いといった方は良い姿勢をこころがける事で、肩の痛みが改善させるという場合もあります。

悪化させないように、しっかりと自分でケアできるようにしていきましょう。