お葬式に参列した際、故人を偲ぶ場所でもあり、故人との別れを惜しむ場所でもあるために、会場は悲しい空気に包まれていることの方が多いですよね。

 

そんな時、受付や親族の方々に何て声をかけたら良いのだろう。と悩んだことはありませんか?

このような場面で、お悔やみの言葉がスッと出てくると素敵ですよね。

 

また、このお悔やみの言葉にも実はマナーがあることをご存知でしょうか?

今回は、いざという時に困らない為に、お通夜やお葬式などで使えるお悔やみの言葉についてまとめてみました。


Sponsored Link


お葬式の一連の流れはどうなるの?

 

仏教の場合の一般的なお葬式のながれとしては、まず受付を済ませ式場へと入ります。

定刻になったら僧侶が入場し、お経をあげます。

 

それから喪主、遺族、親族、一般参列者の順番に焼香をします。

僧侶が退場してから喪主からの挨拶などがあり、終了という流れになります。

 

弔電が届いていれば、間に弔電の紹介が挟まれたりする場合もあります。

 


Sponsored Link


 

お葬式で受付にかける言葉はどうする?

 

会場についたら受付で香典をお渡しします。

まずその時に、最初に受付の方へ一礼をして「この度は」もしくは「この度はご愁傷様でございます」と挨拶をします。

 

他にも参考までに、「胸中お察しいたします」「心からお悔やみ申し上げます」などもあります。

挨拶のあとに、袱紗から香典を取り出し、「御霊前にお供えください」と一言添えます。

 

などと受付での挨拶は手短に済ませる方が良いでしょう。

受付で長々と挨拶をしてしまうと、他の弔問客にも迷惑になってしまいます。

 

また、なんと言葉をかけて良いかわからない時には、一礼をするだけでも失礼にはあたりません。

 

 

親族にかける言葉は?

 

親族の方も故人との別れで悲しい気持ちを抑えながら皆さんに挨拶をしています。

その親族の気持ちを察していたわる気持ちで挨拶をすることが大切です。

 

親族への挨拶の場合、亡くなった方の亡くなり方でもかける言葉が変わってきます。

まずは一般的な挨拶として、「この度は誠にご愁傷様でございます。心からお悔やみ申し上げます」といったものがあります。

 

何も言葉が出てこない場合、この言葉をかけるとどんな場合でも失礼にはあたりません。

 

次に、病気で亡くなってしまった場合にふさわしい挨拶は、「思いがけないご不幸、本当に残念です。心よりお悔やみ申し上げます」

入院をされていた場合などは、お見舞いに行けなかった時には、ひとこと行けなかったことをお詫びすると良いと思います。

 

最後に一番声をかけづらいのは、事故や病気で急死をされた場合です。

この場合は葬儀場の雰囲気もとても重苦しく、会話なんてできたものではありません。

 

親族が泣き崩れていたり、挨拶できるような状態ではない場合ももちろんあります。

そんな場合には、あえて声をかけないのも親族を思ってのマナーです。

 

線香をあげ、一礼をして葬儀場を出るようにしましょう。

このように、挨拶ひとつとっても様々なケースがありますので、その場その場できちんと周りを見て対応するようにしましょう。

 

 

まとめ

お葬式の一連の流れや、通夜や葬儀などでかけるお悔やみの言葉についてまとめてみましたがいかがでしたか?

特にお悔やみの言葉は、何て声をかけたら良いのか。こんな事を言って失礼ではないだろうか。などと色々と考えてしまいますよね。

 

親族の方々は故人との別れでとても悲しい気持ちでしょうし、そんな時に声をかけても良いのだろうかとも思います。

今回お話をした挨拶を頭の片隅に置いておいて、いざという時に困らないようにしておくのも良いと思います。

 

挨拶をすることを意識するのももちろん大切ですが、お葬式は故人との最後のお別れの場でもあります。

これまでの思い出などを思い返しながら、きちんと故人にもこれまでの感謝の気持ちなどを伝えることも大切です。

 

一番大切なことを忘れないようにしましょう。