突然やってくる訃報。通夜や告別式などの葬儀に持って行くお金っていくら包めばいいの?

近しい人がいなければなかなか人に聞くのも難しいですよね。

 

そんな突然の事でも恥ずかしい思いをしないで済むように、きちんと知識として頭にいれておきましょう。

葬儀のマナーの一つ。お金の包み方や、お金を入れる袋についてまとめてみました。


Sponsored Link


御霊前と御仏前では何が違うの?

 

御霊前と御仏前。その他にも、表書きには様々な種類があります。

いつ何を使うのか、なども一緒に覚えておくと良いと思います。

 

仏教の教えでは、人は亡くなってから49日の間は、霊と考えられていると言われています。

その49日間は、仏になるための準備期間とされています。

 

仏教では49日までの法要は、御霊前を用いるのが一般的とされています。

よって、49日以降の法事法要では、御仏前を用いるという事になります。

 


Sponsored Link


 

お金を包む袋はどうすればいい?

 

お金を包む袋は、不祝儀袋と呼ばれ祝儀袋と正反対のものになります。

葬儀や法事などのお悔やみ、弔事の際に使用されるものです。

 

白黒、白銀、双銀の水引がついたものが一般的です。

また、関西の一部など地域によっては真っ白の水引や、黄色の水引がついた不祝儀袋を使用するところもあるようです。

 

不祝儀袋を選ぶ際にも注意が必要です。

中に入れる金額に合わせ、袋を選ぶようにしましょう。

 

中に香典を数千円しかいれないのに、立派な不祝儀袋にいれるのはとても違和感があります。

反対に高額のお包みをする場合には、きちんとした不祝儀袋を選ぶことが大切です。

 

包むお金の相場ですが、自分と故人の関係や自分の年齢などによって金額が変わってきます。

ここではいくつか相場をご紹介します。

 

亡くなったのが祖父母の場合

20代は10000円。30代であれば、10000円~30000円。40代以上は30000円~50000円が相場となります。

 

亡くなったのが両親の場合

20代は30000円~100000円。30代は50000円~100000円。40代以上は100000円~となっています。

 

亡くなったのが職場関係の場合の相場も少しお話をします。

職場関係は、中には上司の家族が亡くなった場合にも参列をする事があると思います。

そんな場合、いくら包めば良いのかわからない。という事もありますよね。

 

亡くなったのが上司の家族の場合

20代の方は3000円~5000円。30代は3000~10000円。40代以上は5000円~10000円となります。

上司が亡くなった場合は、20代は5000円。30代は5000円~10000円。40代以上は10000円~となっています。

 

 

お葬式のお金の包み方は?

 

香典のお金の包み方ですが、お札には向きがあることをご存知でしょうか。

人物が描かれている方が表面になります。

 

必ずお札の向きは揃えて、顔のある方が見えないように裏面が見えるようにします。

そして新札は使わないようにします。

 

何故かというと、不幸ごとを見越して用意していたのではないかという事から、

新札は使ってはいけないと言われています。

 

万が一、財布の中に新札しかない。という場合にはいったん折って、折り目を付けるなどして包むようにしましょう。

お札を中袋に揃えて入れ、それから不祝儀袋に包むようにしましょう。

 

 

まとめ

冠婚葬祭などのマナーはやはりしっておかないと、いざという時に恥ずかしい思いをしてしまいますので、きちんと頭にいれておきたいものです。

とはいえ、なかなか頻繁に起こることではありませんので、どうしても忘れてしまうという事もあると思います。

 

今は市販の不祝儀袋などにも、包み方や、香典の相場などを書いているものも多いです。

それらを参考にしながら、きちんとマナーを守って参列するようにしましょう。

 

失礼にあたる事があると、故人との最後のお別れの場で遺族の方にも嫌な思いをさせてしまいかねません。

社会人として恥ずかしくないように、大人のマナーを身につけておきましょう。