夏の時期になると紫外線が強くなり日焼けしてしまいますよね。

その様な時に翌日に立っても日焼けした箇所が痛くなってしまった場合は、病院で治療した方が良いのでしょうか。

 

それとも自宅での他に治療法があるのでしょうか。また、日焼けとアレルギーとの関係はあるのでしょうか。

 

今回はその様な日焼けの悩みをまとめてご紹介いたします。


Sponsored Link


日焼けの痛みはなぜ起こるの?

日焼けの痛みが強い時はお風呂に入る事や服や布団がこすれるだけでも不愉快になってしまいますよね。

 

日焼けの種類

日焼けには2種類の種類があります。

その種類によって痛みが起こる時間なども異なります。

 

まず、1つ目にサンバーンです。日焼けをした時から約2時間~6時間後に皮膚に赤みが伴い、個人差もありますが6~48時間後に痛みのピークを迎える状態です。

 

そして、2つ目にサンタンです。サンバーンに比べれば軽い日焼けの程度であり、日焼けしてから24~72時間後に色素沈着を引き起こします。

 

シミなどの原因にもなると言われています。

 

 

日焼けとアレルギーの関係

紫外線による湿疹や赤い腫れは紫外線アレルギーかもしれません。

 

赤くなる、発疹、腫れ、かぶれなどの皮膚症状だけではなく、頭痛、吐き気、発熱、目には充血や涙、異物感などが伴う場合は紫外線アレルギーかもしれません。

 

 

日焼けのピーク

日焼けのピークは日焼けをしてから48時間前後と言われています。

日焼けをしてから2,3日は肌の炎症には気を付けたいところです。

 

しかし、48時間以上たっても痛みが取れない場合や火傷レベルに日焼けをしている場合は炎症をしずめるための医療行為が必要です。

 

 

日焼けの痛みを軽くする方法

2,3日も日焼けによる痛みが長引くとツライですよね。

最も、日焼けの痛みを緩和する方法は冷やす事であり、ぬれたタオルやコットンを日焼けした箇所に充てることが有効です。

 

また、ぬれたタオルやコットンを冷蔵庫で冷やしておいたらさらにひんやりとします。

しかし、冷えピタやシップなどは皮膚に良くないのでNGです。

 

化粧水による保湿も日焼けの痛みには有効かもしれません。

なるべく高価で肌に優しい低刺激の物を選びましょう。

 


Sponsored Link


 

日焼けによる病院の受診

 

日焼けによる病院受診の基準

皮膚科を受診することをお勧めする時は、ほとんどサンバーンが原因となっています。

サンバーンはひどく日焼けをしてしまった際に、赤くなる・痛み・ヒリヒリ感・水膨れ・かゆみ・皮むけ・腫れなどの症状が起こります。

 

 

処方される薬

皮膚科では主にステロイド系の塗り薬を処方します。

 

抗ヒスタミン剤、抗アレルギー剤、消炎鎮痛剤などが処方されます。

また塗り薬では手に負えない場合は、ステロイドを内服薬として処方される場合もあります。

 

 

日焼け治療をする期間

日焼けによる病院は皮膚科を受診します。

 

2,3日たっても炎症がおさまらず、火傷のような状態になっている場合はひどい火傷の場合はシミやそばかすを残してしまうので皮膚科での受診をお勧めします。

 

もっともシミやそばかすの予防にはメラニンが定着する72時間以内、3日以内に治療をするが良いです。

 

症状が軽い場合は市販薬でもよいですが、皮膚科の専門医により判断してもらい皮膚科の治療薬を処方してもらうことが最善です。

 

 

他の日焼けの治療方法

日焼け後にシミや光老化を予防したいのなら、美容皮膚科を受診することがおすすめです。

具体的に日焼けにより炎症を起こした後のメラニン色素に対するケアを行います。

 

日焼けによるメラニン色素のケアを怠るとシミとなり、紫外線A波と言われる紫外線もシワやたるみなどの原因となります。

 

そこで、美容皮膚科の3日以内の日焼け治療のコースがおすすめです。

 

 

まとめ

ここまで御覧になりいかがでしたでしょうか。

日焼けは案外しぶとく紫外線アレルギーであるケースやずっと痛みがひかない状態であるとこともあります。

 

素人の判断では判断しかねないケースもあるので、皮膚科や美容皮膚科の受診を考えるケースもあります。

 

これからの季節はぜひ紫外線に気をつけてお過ごしください。